2010年6月20日

My Foolish Heart

ashzashwashによる断片の集積
ashzashwash
ashzashwash 2171view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-05-29 15:09:04
    やるべきことが山積みになると、真新しいノートに To Do List をずらーっと書き並べて精神の安定を図る。そして、そのノートは閉じられたまま二度と開かれることはない。そんなノートがいっぱい引き出しに入っている。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-05-29 19:41:03
    読むという行為。それは生まれる前にバラバラに散ってしまった同胞達を探しだしては連帯を求める孤独な旅路に違いない。#poetry #shi
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-05-30 08:56:24
    @tamane やはり瓦礫のなかでうちひしがれている暮らしをおくっていても全力をふりしぼらなければならない時が訪れる、その時の生のあがき、一瞬の輝きこそが美しいのかもしれませんね。その三部作はどうしても映画館で観たいものです。あの懐かしい深夜興行の名画座の暗闇のなかで。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-01 12:28:14
    アファナシエフといえば夜想曲集。堕天使のショパン。墓場から舞い戻ったゾンビのショパン。寝ながら聴くと、悪夢も辟易するような、エントロピーの終焉の世界を疑似体験できて熟睡できます。なんてね。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-01 15:34:33
    そういえば数年前、伊集院光氏のラジオ番組のなかで、氏が洗濯機を購入するという話があって、その話に、洗濯機を造りつづけて数十年というススギモト氏という架空の人物が現れ、しだいに話は狂気の産物となっていく回があったのだが、あれは坂口安吾の「風博士」に匹敵する傑作だと思うな。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-02 18:08:27
    例えば「哀愁」のビビアン・リーと「エレファントマン」のメリックが構造的に全く同じ運命を辿ることからも、美とキモさという二者には共通点があり、それは即ち市民が欲しても遂に持ち得ぬ Something である、と思ったり、思わなかったり。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-03 13:52:25
    世界変容の目眩こそが真実。そびえ立つ壁のようにみえる現実など、慌てふためいて仕立てあげられた稚拙な書割に過ぎない。覚えておくといい。ぼくたちは途方もなくどうでもいいことの現場にたまたま居あわせているだけなのさ。#shi #twpoem
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-03 14:14:19
    狼が来る、と叫んだ少年は、言ってはならない真実、逃れられない現実を口にしたものだから、村人たちから袋だたきにあったのでした。#shi #twpoem
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-03 14:50:33
    いつしか人々は、後悔と期待からなる時間の罠に嵌り、虚偽と忘却からなる現実に導かれ、断定と矛盾からなる言葉の迷宮を彷徨い、過去を捏造しつつ、未来を剽窃する術を覚えて、死者と未だ生まれぬ子供との間で、生きている身振りをしながら生きていく。#shi #twpoem
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-03 16:34:39
    @ichirin_t 思想であれ、政治であれ、難しい本を読むと、そもそも専門用語や前提条件が理解できなくて、いつも佇んでしまいます。そんなわけで詩と小説しか読まなくなりました。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-03 16:48:51
    日本の政権が投げやりで私財を太らすばかりなのは、政権を握って最初のレクチャーで、ものすごく近いうちにカタストロフが起きる極秘情報を知らされているからじゃないかと疑っていますw。RT @twirei1110 いつかは起こるアレがついに来たかと思っても前例をいいことに黙殺されたのかも
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-04 21:48:56
    政治ってのは政治家が必ず勝者となり国民が必ず敗者となるゲームのようですね。よく判りませんが。では良い週末をお過ごしください。David Bowie/Pat Metheny - This Is Not America (Promo Clip)http://bit.ly/oQ618
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-05 09:16:22
    @m3396 例えば家に帰れない事情があって、例えば公園で夜をすごすことになったりすると、最初に気づくのは恐ろしいほどの退屈さ。なにもすることがない状況における時の歩みのどうしようもない遅さです。独房の恐ろしさが少し判ったような気がします。いや。あくまで例えばの話ですが。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-05 13:47:19
    馬鹿な計算をしてみた。たとえば日本の投票率が50%だとして、だったら26%取れば勝てる。ということは、たとえ日本人の74%を敵に回しても勝てる。そりゃあ投票率下げたいはずだよね。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-05 15:43:37
    世界こそが真の牢獄じゃないか。世界のどこに出口があるというのか。牢獄のほうがよっぽどましだ。出口があるもの!牢獄に入りそこから脱獄するという冒険!この愉悦!わくわくするだろう?きっと愉しいさ。ぼくは待ち遠しくてならないのさ。早く投獄してくれよ。独房に。ぼくの褥に。 #twpoem
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-05 16:53:17
    @_Boogiepop 閣下。さすればあの夜、蛇行する路地を、したたか酩酊しながら蛇行したことで生じた、あの次元の裂け目から湧いて出た、百匹の異形の魔物達を追わねばならぬという事なのですね。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-06 06:22:15
    吃音の獣たちが路地裏に吐きすてる目眩の氾濫のさなかに、ねじくれた愛の結晶めいた準宝石のかけらを愛でるふりをしながら、その目眩をひとつぐらいかすめ取ってもわかるまい。ぜんぶかすめとってもわかるまい。ぼくの魂は淀んでいるから、底に沈めてしまえば誰にもわかるまい。 #twpoem
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-06 06:32:22
    あの頃のぼくは、今よりも悪くて、今のぼくは、あの頃よりさらに悪い。なんとかしなきゃ。これじゃ、まるっきり、ぼくみたいだ。はやく、なんとかしなきゃ。これじゃ、まるっきり、ぼくみたいになっちまう。 #twpoem
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-06 09:26:02
    @WatArunYingChan 時間の認識に隔たりがあるだけで、人も動物も寿命は同じだと思います。ハツカネズミと象の心臓が一生に打つ鼓動の数が同じであることは良く知られています。つまり100%の寿命で何%生きるかという、個体の差があるだけではないでしょうか。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-06 17:41:29
    @hinatsu_h 日本がようやくW杯に出れるレベルになった時、フランス人が日本人にメッセージをくれましたよ。「地獄へようこそ」。英国発祥だけあって、ほんとにマゾなスポーツだと思うw
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-06 18:03:16
    @hinatsu_h ここ数年、サッカーとフィギュアは、観るものを苦しめるスポーツになった。でも人間はそういうものにどうしようもなく惹かれるんだよね。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-06 18:31:44
    @hinatsu_h 悪魔と契約したくなるような、吐き気がしてくるような渇望が、一気に解放される一瞬を夢みて、つい観戦してしまうんだよね。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-07 13:36:00
    @hinatsu_h 日本サッカーは憲法に縛られているのです。防衛すれども攻撃せず。ただし敵陣で周辺事態を作り出しペナルティキックから攻撃するのは広義の防衛にあたるので可。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-07 22:13:57
    真顔で語るジョークはとてもスマートな印象を与えるが、コンテクストが外れるとジョークである事が判らなくなる。グルーチョ・マルクスが口にする皮肉なジョークは、ヴィトゲンシュタインが語れば深淵な哲学のように聞こえ、麻生太郎が語れば朝日新聞の記者に喧嘩を売ってるように聞こえるだろう。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-06-08 10:16:58
    @ruka00 おはようございます。三行詩を続けて読むと、バラードのマッシュアップというか、フレーズの連続が、映画の名場面集のような雰囲気を産みますね。三行詩だとコンテクストが掴めるからかな。俳句の連続だとそこが掴めなくて、意味がわからないままに通りすぎることがある。

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「その他」に関連するカテゴリー