カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
78
関西圏で電気が足りていると言い張る人
Shoko Egawa @amneris84
まだ関西圏は電気が足りてると言い張る人たちがいるけど、大阪などの人がそういう認識だと、北陸・中部・中国地方の方たちも、わざわざ節電に協力して、電気を融通してあげようという気にはならないだろうにゃ。
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
江川さん、この間の大阪府市と国の需給検証委員会の議論を正確に読み取って下さい。関電自らも再稼働と需給の話は切り離しています。橋下市長の態度も明快です。 RT @amneris84: 橋下市長は、政府批判ばかりではなく、このままだと夏場の電力が不足することを認めて
Shoko Egawa @amneris84
ありがとうございます。明快に伝わってこないので…1)このままだと足りないので徹底した節電&計画停電を準備 2)足りそうだから節電の必要なし3)市民の… "@iidatetsunari: 大阪府市と国の需給検証委員会の議論を正確に読み取って下さい…橋下市長の態度も明快です。
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 自発的節電努力で大丈夫ーこのいずれに近いと理解すればいいのかしら。それから、飯田さんも、古賀さんがおっしゃった関電による「停電テロ」はあると考えていらっしゃいますか?
江川氏に答える 飯田哲也氏
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える1】江川さん、遅くなりました。1)足りないから徹底的節電 2)節電必要なし 3)市民の自発的節電、どれも違います。「足りないから節電」「足りるなら節電不要」は旧パラダイム思考 RT @amneris84
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える2】「節電=ガマン」の「悪い節電」思考に見える。利便性を落とさない「良い節電」は全ての人にメリット。情報と市場を活用する「需要側管理」「節電発電所」が新パラダイム思考 RT @amneris84
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える3】「足りないから節電」「足りるなら節電不要」ではなく需給両面で安定供給を目指す。特に「需要側管理」「節電発電所」の活用が今回のパラダイム刷新。 RT @amneris84
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える4】同じく「融通」も日本特有の「長屋でのミソ・醤油の貸し借り」的な用語。閉鎖的な地域独占より広域連携の方が安定供給は当然。今回の西日本六社が協力する姿は発送電分離後の広域送電会社の先取り RT @amneris84
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える5】本来、安定供給は独占的な電力会社の責任。その独占を認めている国(経産省)にも連帯的責任。その両者が「足りない絵姿」を出したまま平然としている異常さをなぜ追求しない RT @amneris84
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える6】政治的に再稼働できそうもなく、仮に再稼働しても些細なトラブルで止まるリスクを考えると、原発無しでの安定供給の見通しを示す責任は関西電力にある RT @amneris84
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える7】電力の安定供給と原発再稼働を切り離すことは関電自ら何度も明言。15日の大阪府市エネルギー戦略会議では関電自ら「絶対に停電を避ける」と明言し、需給のギャップが少し埋まるもなお不足。次回は29日 RT @amneris84
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える8】国の需給検証委員会も夏の電力制限令は避け、節電目標とそのアクションプランにて対応できると方針決定。これも需要側管理と広域連携を重視した結果 RT @amneris84
飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari
【江川氏に答える9最後】確かに国は計画停電を準備しているが、これは全面停電を避けるための当然のリスクマネジメント。ただし枝野大臣のようにテレビで公言すると「停電脅し」になるので厳禁。 RT @amneris84
飯田氏への江川氏の反論
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 1)原発事故のはるか以前からエネルギー問題に取り組まれてきた飯田さんの先見性と、理想を掲げながら地に足をつけた活動に、心から敬意を抱いています。そういう飯田さんだからこそ、これは社会のありようと人々の意識を変える取り組みと認識しておられると思います
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 2)今のように原発の危険性に人々の関心が集まり、実際に原発が全基停止するという状況は、エネルギー革命を起こす大きなチャンスととらえておられるのも理解できますし、実際、その通りだと思います。ただ、社会の仕組みや人々の意識の変化、一定の合意形成には、
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 3)それなりの時間も必要だということを、私以上に分かっておられるのではないでしょうか。おそらく、それには敢えて目をつぶって、今の時に行けるところまで行こうと突っ走っておられるのだと推察しています。飯田さんの話は、長期的にはその通りだと思います。
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 4)しかし、「利便性を落とさないよい節電」が効果を上げるまでには、人々の意識の変化と同時に、一定の資金も必要でしょう。長期的にはその方向性を目指すにしても、この夏をどうする考える時、「節電」は人々に相当の我慢を要求するものであることを隠すのは
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 5)言葉はきついですが、欺瞞になると思います。都会の賃貸マンションや地下鉄で真夏の真っ昼間に節電すれば、かなり辛い状況になるでしょう。健康を害する人も出てくるかもしれません。行政は、そういうリスクを認め、それに備えることが大事なのではないでしょうか
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 6)それをやらずに、楽観的な見通しを語ることは、原発の安全神話の中で事故対策を怠ってきた過ちと同じではないか、と懸念します。電力不足がもたらすリスクを率直に市民に伝え、覚悟や準備を求めていく必要はありませんか?
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 7)政府が計画停電について公言するのは「脅し」と批判されましたが、これには準備が必要ですし、密かに検討・準備をしていれば、それこそ問題です。できる限り情報を早くオープンにし、市民が判断する材料を提供する、というのが今回の事故の教訓ではなかったかしら。
Shoko Egawa @amneris84
@iidatetsunari 8)お忙しいところ、時間をとって回答を下さったことに、改めて感謝します。この夏が猛暑にならず、火力発電所がトラブルを起こさないなどの幸運に恵まれ、事態が飯田さんの見通し通りになることを願ってやみません。(了)
Shoko Egawa @amneris84
上)5/2付日経電子版の西條都夫編集委員による「迫る夏の電力危機 東電と関電はここが違う 」という記事は興味深かった。東電の今夏の余裕は「先行者アドバンテージ」ゆえと。事故を起こした東電は、長期の原発不稼働を覚悟せざるをえず、〈しゃかりきになって世界中から発電設備をかき集めた〉
残りを読む(15)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする