2012年5月20日

蓮村先生、教えてください!日食を見てはいけない理由

アーユルヴェーダ医師 蓮村誠先生のツイートをまとめました。
39
蓮村 誠 @fundocq

①そろそろ金環日食が近づいてきましたね。楽しみにされている方も多いと思いますが、日食や月食はドーシャのバランスを乱すものですから、本来見ない方がよいとされています。特に女性は生理機能がデリケートですから気をつけた方がいいでしょう。 #mayurveda

2012-05-08 08:04:29
蓮村 誠 @fundocq

②今回の日食は今月21日の朝ですね。ちょうど通勤時間帯に重なりますから、どうしても外に出ている方が多いと思いますが、可能であれば、日食の時間は屋内にいて、外光を避けるために雨戸やカーテンを閉め、その間はアグニが落ちるので飲食を避けます。 #mayurveda

2012-05-08 08:07:02
蓮村 誠 @fundocq

③そして、日食が終わったら浄化のためにシャワーを浴び、体を温めてから、消化に良い食事をとるのがいいでしょう。もしそうしたことが出来ず、外に出なければならない人は、出来るだけ見ないように気をつけて頂ければと思います。 #mayurveda

2012-05-08 08:09:35
蓮村 誠 @fundocq

@nao7170 日食はテレビでも観ない方がいいです。日射しによる頭痛はピッタの乱れです。目が焼ける感じもどうようです。日傘をさす、日陰を歩く、30分以上日に当たらない、日射しを浴びた後は少し冷たいシャワーで冷やすなどをしてください。

2012-05-09 08:40:05
蓮村 誠 @fundocq

①もう一度いいます。今回の金環日食を観てはいけません。日食用のレンズを使えばいいとか、そう言うことではありません。非常に強くドーシャに悪影響を与えます。どんなに観たくても我慢してください。自分のために、そして大切な人のためにです。 #mayurveda

2012-05-19 07:14:25
蓮村 誠 @fundocq

②月が満ちたり欠けたりするだけで生理機能に影響があることから考えてもわかるように、その何万倍もエネルギーがある太陽が急激に欠けることによって人体の生理機能に影響を与えない訳がありません。特に太陽は神経系にとても関係が深いのです。 #mayurveda

2012-05-19 07:15:15
蓮村 誠 @fundocq

③大脳の中央に視床と呼ばれる大きな神経核があります。全ての知覚情報と運動情報を管理するとても重要な神経核です。太陽が太陽系の中心であるように、視床は大脳の中心にあり、太陽と視床には互いに密接な関係があります。 #mayurveda

2012-05-19 07:16:30
蓮村 誠 @fundocq

④つまり、太陽に対して何らかの影響が及べば視床にも影響が及び、知覚系ならびに運動系に異常を来たすことがありうるのです。こうしたことを軽く考えてはいけません。万全の対策をもって日食に備えるべきです。

2012-05-19 07:17:42
蓮村 誠 @fundocq

⑤日食の間は屋内にいて、カーテンや雨戸を閉め、一切の飲食をさけて、瞑想をし、日食が終わったらシャワーを浴びて浄化をするのです。ぜひ多くの方に教えてあげてください。 #mayurveda

2012-05-19 07:18:15
蓮村 誠 @fundocq

⑥わたしなら朝からの勤めをやすみ、子供は学校にいかせずに、家にいさせるな。そして、10時くらいからでかけます。

2012-05-19 09:58:31
蓮村 誠 @fundocq

@luv_moka とにかく見ません。日傘をさす、地下を歩く、建物の陰を歩く、などで出来るだけ避けてください。

2012-05-19 12:23:40
蓮村 誠 @fundocq

@lama_raia アグニが乱れるので、ほんとは何も飲食をしない方かいいです。

2012-05-19 14:41:24
蓮村 誠 @fundocq

@toromonjin 曇りでも雨でも変わらないです。出来るだけ外に出ない方がいい。ご近所にも無理のない範囲で教えてあげてください。

2012-05-19 15:03:00