10周年のSPコンテンツ!

『エロゲ業界のはいりかた』に見る『プロとアマの越えられない壁』の話

シャーベットソフトのシナリオライター&ディレクターの本条さんによる『エロゲ業界の入りかた』……というより『プロとアマの違い』のお話。まだお話続いてるので随時追加予定。
ゲーム エロゲ 原画 塗り師 シナリオ・ライター
349
本条やすたけ @yasutaketin
【エロゲ就職】最近、どうすればエロゲ業界に入れるんでしょうか?と学生さんなどから質問を受けます。そんなに難しい話じゃないと思うんですけど、と返すんですが、若い方は戸惑っておられるよう。まぁセンター試験を受けたりエントリーシートを提出するような世界とは違うのも確かです。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】業界のトレンド。業界全体の売り上げは前年比数パーセント減で、他の産業より底堅い感じはしますが、勝ち負け二極化の傾向が広がってます。別にみなとそふとさんが羨ましいって話ではないです。「いかに社員を雇わず、外注化するか」というムードです。人件費より高いものはないです。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】内勤社員として必要とされてるのは、まずD(ディレクター、いわゆる何でも屋)、そしてチーフG(チーフグラフィッカー。大事な絵の塗りをしたり外注の原画・塗りを修正する)、次にスクリプターでしょうか。チーフ背景、彩色も一人ずつくらいは雇われるかもしれない。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】ライター、音楽担当者が内勤で求められる事は少ないです。(もちろん例外はありますが)ライター・音楽は外注のフリーランスとして活動される事をまず考えた方がよろしいかと思います。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】原画家は看板なので、すでに同人・商業活動などで実績が出ている人を中心にメールでオファーする事が多いと思います。人気のある人はすごく集中していて、一年待ちとかざらです。社員原画家もいますが、少なくなってます。新入社員に原画を任せる例は稀少です。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】メーカーが社員として求めている人材は、凄腕で手が早いチーフGや、何でも屋で顔の広いD、そして即戦力の原画家です。フロントウィングさんは最近のPUSHの就職相談コーナーで、「他社でチーフGクラスの腕を持っていないとGとして雇えない」と語っておられました。率直だと思います。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】ですので、新人さんは「汚れ仕事もいとわず、ADから始める」か「外注のライター、彩色」として仕事する、という方向になると思います。ではまず、外注の彩色から話をしたいと思います。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】あ、ADとはディレクターの補助、アシスタントディレクターの略です。ディレクターはプロジェクトの統括者で、発注や音声収録など雑多かつ重要な役をこなします。スクリプトやライティングを兼任する事も多いです。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】話を外注彩色に戻ります。外注にして枚数単価で報酬を支払うと、会社としては「手が遅い人、さぼる人でも追加の金銭的負担がない」という意味でメリットがあります。絵師のスランプにつきあわなくてもすみますし、外注の人数を増やせば速度面でも人海戦術がききます。ただ問題を感じています。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】問題とは、「自宅作業をする外注さんは、クライアントの要求を理解しにくく、成長の機会に乏しい」事です。自宅作業をしたがるヒキオタ気質の方や主婦の方も多いのですが、品質面で問題があり、チーフGに負担のしわよせが行きます。「修正祭り」になり、全直しだと報酬も無駄金になります。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】実際、弊社で彩色外注を募集した場合、20人の応募があってたとして、チーフGが合格とするのは平均して1〜2名程度です。チーフGが修正するのを前提にして、です。それくらい、社内での品質基準と、外注の意識にズレがある。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】ですので、最近は僕はアニメスタジオのように、「机貸し」をして「うまい人の仕事を横目で見る」必要があるのではないか、と感じつつあります。現在試験的に、新人用の机を一つ用意して、練習生枠として通ってもらっている人がいます。報酬は出来高ですが、交通費と数万円の援助をしています。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】彩色といえど、例えばオーガストやぱれっとで使ってもらえる塗り、と考えると、ハードルはとてつもなく上がっている事はおわかりになるかと思います。アニメのセル画を裏から塗るおばちゃんの世界とは違うのです。ある程度の簡略化した発注は試行錯誤していますが…。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】チーフGが落選とする基準はシンプルで、「Phtoshopのマスク塗りができるか」と「影の落ち方の基礎を理解できてるか」です。そのあたりは弊社の「エロゲー的CG講座」を見ていただければと思います。落ちる人は、まず基礎が足りないです。 http://t.co/4guVwtgQ
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】基礎学習のおすすめは「美大入試用の予備校に一年通う」です。石膏デッサンとかヌードモデルとか。若いなら、一年くらい基礎に費やしてもいいと思います。自己投資として。PC・タブレット周りの環境や、参考書や資料を自腹で買う事もそうですが、自己投資をケチってはえらくなれないですよ。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】他の方法として現役の漫画家さんに聞いたのは、「GAINAXのアニメ原画集を全ページ模写する」とか。原画と塗りのうまさは表裏一体で、重要なのは小手先のテクニックよりも「立体の捉え方」です。原画のうまい人は塗りもうまいし、逆もまた然り、という事は多いです。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】Gは「社員→フリー」というステップを踏むのが理想だとは思います。業界での最低限の知識やトレンドを把握する意味でも。ただ現状は、塗りだけの人に机と固定給を用意できる会社は少なくなってきています。新作の企画がまとまらないうちは、仕事がない日ができてしまうという問題もあります。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】ですので次善の策として、外注の彩色の方に定期的に講習会を開き、トレンドや方向性の確認をする機会を作る、という方法を採用している会社もあります。外注彩色は各社HPなどでコンスタントに募集していますし、速度的にも技術的にも秀でている人は内勤に誘われる事もあると思います。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】よく困るのは、彩色を「いつか原画家・イラストレーターになるまでの腰掛け」と思っている人が多い事。誤解があるかと思うのですが、凄腕のチーフGは各社喉から手が出るほど欲しい人材で、高給取りもいます。誇りある当代最高の「塗り師」、そんな人もかっこいいと思われる時代が来て欲しい。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】次にシナリオライターについて、書きます。メーカーに就職してシナリオを書く、というルートも少ないながらあるとは思いますが、Dやスクリプト兼任になると思います。シナリオにだけ集中したい場合はフリーランスのライターが現実的です。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】ライターの募集も、各社HPを定期的に巡回していれば見つかると思います。Twitterなどで突発的に募集する事もあると思いますので、興味あるメーカーの公式アカウントやフリーのライターさん達のアカウントはフォローすると良いと思います。RTでまわってくるかもしれません。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】ライターは、人に見せられる自作のサンプルシナリオを用意しておきましょう。(彩色も同様ですが。)絵と違ってシナリオは読むのに時間がかかるので、募集の時期しか読んでもらえないかもしれません。どんなものが得意か、強みをはっきりしておくと仕事を振りやすいです。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】シナリオはですね…正直言うと、短いサンプルを読んだだけではよくわからない所があるんですよね。絵はひと目でプロ水準かは判別できるのですが。ですのでネットでの評価を見られたり、業界内での口コミで紹介されたりする事が多いですね。絵師以上に、コネが大事かな、という。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】よく言われる良いライターとは、「作品の企画意図を理解し」「ニーズに沿ったシナリオを」「納期を守って仕上げてくれる」人かなと思います。作家の個性をことさら主張するタイプの人は諸刃の剣で、クライアントとユーザーのニーズから外れてしまうと、誰のための作品かわからなくなります。
本条やすたけ @yasutaketin
【承前】実力で評価を得て売り上げに貢献できるレベルのライターは、丸戸さんやるーすさんなどごく数人だと思います。メーカーのPやDはいつもどうすれば売れるか考えている人たちなので、あまり困らせないで気さくに相談するのが良いライターさんだと思います。人間関係を良好に保つのもスキルです。
残りを読む(18)

コメント

小川夢生 @ogawamui 2012年5月21日
まとめを更新しました。
小川夢生 @ogawamui 2012年5月21日
重複箇所を調整しましたー。これで完了、かな?
あかみ@長らくありがとうございました @akami_orihime 2012年5月21日
アマとしてやっていくにしても、基礎の重要性とかは一緒だと信じてます。違うのは、プロはそれがないとそもそも壁を越えられないけれど、アマには理論上必要条件とはされていない、というだけで。
清水正行 @_shimizu 2012年5月21日
あまり語られていないけれど、スクリプターについても知りたいなぁ。この業界のスクリプターにはどの程度のスキルが求められるんだろうか。
keel @NORTHtheKEEL 2012年5月21日
逆にプロにだけある技能があるか、というと製作においての技能はないと思う。というかそもそも技術はあまり重要じゃない。文中にある通り、実績+書くことを増やすためのインプットは常にしたい。ただ、映画1000本とかゲーム2000本とか小説1万冊とかそういう数じゃなく、メディアにこだわらず感動を受けて行かないとそもそもシナリオを書くのがキツイ
keel @NORTHtheKEEL 2012年5月21日
肝心なのは、ツールとか借り物とかなんでも使っていいので自力で一つ作ってみること。全体を把握する力はつくし、まず「完成」というゴール地点がどういうものなのかを認知できる。「完成させる技術」と「多くの人が求めるものを書ける技術」があり、どちらにも本来必須なのは前者、プロとして長く続けるなら後者と自分は見ている
国際協調派 @kaz005 2012年5月21日
かなり条件厳しいなw 普通のクリエイティブ系の世界と変わらないというかそれより厳しそう。
R・こばやし/dion軍 @R_Kobayashi 2012年5月21日
「低コスト」「短納期」で「超絶高品質」を求められる今の時代は厳しいよねえ。
ToTo @toto_6w 2012年5月21日
16色でドット打ってた頃は教えないと出来ないから出来高バイトでも会社で机とPC与えてたけど、最近は教えないで出来る人だけ雇おうっていうんだから世知辛いねぇ(;´Д`)
小川夢生 @ogawamui 2012年5月22日
補足分を追加しました~。