2012年5月26日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第606回『国会議員はそもそも、なぜ「偉い」のか』

脳科学者・茂木健一郎さんの5月26日の連続ツイート。 本日は、二脳のニュースに接して、思ったこと!
11
茂木健一郎 @kenichiromogi

しゅりんくっ! ぷれいりーどっぐくん、おはよう!

2012-05-26 06:34:30
茂木健一郎 @kenichiromogi

ヤクルトからコーヒーへの、黄金のリレー、完成!

2012-05-26 07:01:00
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第606回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、昨日のニュースに接して、思ったこと!

2012-05-26 08:06:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(1)子どもの頃は、国会議員は「偉い」のだと素直に思っていた。議員は「先生」と言われるらしいが、「偉い」から「先生」なのだろうと思っていた。社会科見学で国会議事堂に行ったときも、「ここが先生がいるところなんだ」と緊張して赤じゅうたんを踏んでいた。

2012-05-26 08:07:37
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(2)時は流れて、(まだ政権を担当していた当時の)自民党本部に行くような用事もできた。すると、受付の女の人が、議員の姿を認めて、「なんとか先生なんとかなんとか」とアナウンスしている。すると、すーっと配車されるのである。受付は神業だと思ったし、「先生」は空気だった。

2012-05-26 08:09:17
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(3)議員会館にも用事があって行くことが増えた。すると、議員が「普通の人」だということがだんだんわかってくる。個人差があるが、特に賢いわけでもないし、人格に優れていわけでもない。すると、一体議員のどこが「先生」なのか、よくわからなくなってきた。

2012-05-26 08:10:17
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(4)そもそも、国会議員の仕事は何だろう? 立法府だから、法律を作ったり審議することが仕事のはずだ。これは大変な作業である。政策に通じているだけではだめ。膨大な実定法の条文を調べ上げ、新たに制定、改正する法律との整合性をつけなければならぬ。気の遠くなる作業である。

2012-05-26 08:11:31
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(5)それぞれの人生があるだろうに、実定法の条文などという七面倒くさいものの勉強に精励しなければならぬ。自己犠牲の精神で、国のために奉仕する。なるほど、国会議員というのはお気の毒な商売である。それじゃあ、「先生」と呼ばれても仕方がない。ところが、実態はそうではないらしい。

2012-05-26 08:12:51
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(6)観察していると、世間で議員が「先生」と呼ばれている、その根源は、口利きをしてもらったり、斡旋してもらったり、その類いのことがむしろ起源のようである。頼む方も愚民ではあるが、頼りがいのある「先生」ほど選挙で勝ってきたから、それが日本の戦後の政治文化をつくってきた。

2012-05-26 08:14:31
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(7)ぼくなぞは、議員を前にしても、自分のために何かしてもらおうなどという気は毛頭なく、立法という面倒なことに携わっておられるのだから、むしろこちらから何かをして差し上げたいと思う方だが、戦後日本では議員は頼まれごとをたくさんしてきたから、結果として「先生」になったのだろう。

2012-05-26 08:15:54
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(8)昨今のニュースに接していると、一部議員が、社会で耳目を集める案件について、事実を調査し、「要請」し、「勧告」し、対する関係者の反応に対して論評、批判を加えている。なぜ違和感を覚えるのかと考えてみたが、つまりは立法とは関係のない、圧力、口利き、斡旋に近いからだろう。

2012-05-26 08:18:03
茂木健一郎 @kenichiromogi

こな(9)原理原則に立ち返れば、議員が、民間人の行動に対して調査したり圧力をかけることは本義に反する。それが通ってしまうのは、「先生」たちが実際に過去にそういうことをしてきたから。時代が変わろうとする時に、古い文化を目にして嫌な気持ちになる。議員は、立法の本義に邁進してほしい。

2012-05-26 08:20:39
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第606回、「国会議員はそもそも、なぜ「偉い」のか」でした。    「先生と、言われるほどの、ばかでなし」

2012-05-26 08:21:37

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?