iLL「∀(Turn a)」ナカコー本人全曲解説ツイート

iLLの2010.06.23発売コラボレーションアルバム「∀(Turn a)」 についてのナカコー本人の全曲解説ツイートを纏めました。 iLL「∀(Turn a)」 2010.6.23 Release!! 続きを読む
15
@iLLTTER

コラボアルバムの仮タイトルは「VA」とか「VS」だったんですけど、数学の記号の∀を見つけたら、記号の意味もVとAの合体みたいなヴィジュアルもよかったので∀にしました。アナーキーマークの逆なのもポイント高いデス!......ガンダム見てれば∀回避できたのに....ちと残念。

2010-05-20 12:39:30
@iLLTTER

新しいアルバム∀の1曲目「Telepathy Alternative」は大先輩のふたり。山本精一さんと勝井祐二さんが参加してくれました。RECメンバーは山本さん、勝井さん、沼澤さん、ナスノさん、西さん、そして僕。内容は....つづく

2010-05-21 17:02:13
@iLLTTER

つづき...TelepathyはCISCOアナログ盤にもデモバージョンが収録されています。ノーコード、ノーリズムの曲でしたが、ライブで演奏しているうちにコードが決まってきた曲。歌がもりあがったらサビになる、ゆっくり演奏する、が基本ルールの曲です。つづく...

2010-05-21 17:40:59
@iLLTTER

つづき、勝井さんとはトニーコンラットwithファウストみたいな感じになるとイイよね。みたいな話をしました。山本さんとはREC後、縄文土器の話。二人とも重みのある濃厚なチーズケーキみたいな演奏で.....イイ音でした。つづく。

2010-05-21 18:01:53
@iLLTTER

つづき...思えば勝井さんと初めて会った時は緊張したな〜。13年ぐらい前かも。バックプリントで「殺」の文字が入ったT-シャツがスゴく印象的だった。その後、勝井さんとは「Dawn夜明け」「Deadwonderland」の2枚のアルバムを一緒に制作。つづく...

2010-05-21 19:14:59
@iLLTTER

つづき...山本さんも初めて会った時は緊張しました。難波ベアーズで一緒に演奏できたのはいい思い出。山本さんのギターはなんであんなに耳に来るんだろう?....今回のセッションも轟音で感動。ギター万歳!!! by ギロチン兄弟。楽しいRECでした。

2010-05-21 22:09:08
@iLLTTER

コラボアルバム2曲目「死ぬまでDance」はZAZENの向井くんが参加してくれた。向井くんとは初対面。お互いバンド時代は絡んだこともなければ、話したこともない。まったくもって未知の存在。とても新鮮なコラボだった。つづく...

2010-05-22 00:22:11
@iLLTTER

つづき...まず向井くんのスタジオにいき挨拶。何事も最初が肝心。「話したことないよね?」と向井くん。「そうですね」と僕。最初の会話だった。その後なにができるか話しあった。ふたりでダンスミュージックの話をした。僕からまずデータを送る話でその日は終わった つづく.....

2010-05-22 00:44:07
@iLLTTER

つづき..「Dance Dance Dance」という仮タイトルのトラックを向井くんに送った。しばらくして向井くんから歌とシンセの入ったトラックが送られてきた。「キックの音からすでにキテたので酒飲んで歌った」というステキなメールとともに...この曲はヤバイ!そう思った つづく

2010-05-22 01:14:21
@iLLTTER

つづき..データを午前中にもらいガーッと編集したら午後にはできていた。向井くんの作った歌詩に「死ぬまでDance」というフレーズがあった。僕は気に入ったのでタイトルを「死ぬまでDance」にした。お互い「死ぬまでDance」な生き方だろうと思ったから。向井くんも気に入ってくれた。

2010-05-22 01:28:24
@iLLTTER

つづき...MIXなど全てが終わって向井くんにお礼のメールをした。「こんど、プリンスの12インチ聴きながら飲もう」という返信がきた。バンド時代には接点のない二人がつながった感じが妙な気分。というかこのアルバムは不思議なアルバムだ。明日はポリシックス編から。

2010-05-22 01:52:53
@iLLTTER

コラボアルバム3曲目「Broken Toys」はPolysicsが参加してくれました。ポリともバンド時代は絡んだことはなかったです。ハヤシくんとは2度ほど挨拶した記憶があります。同じキューンにいながら会うこともなかったので、向井くん同様に新鮮なコラボでした。 つづく

2010-05-22 22:38:41
@iLLTTER

つづき...キューンの会議室でハヤシくん会い、何をするか話し合い。僕はポリシックスの英語スペルはPolysixだとずっと思っていて、Polysicsであることをその時に知り赤っ恥。とりあえず文通から、というこでメールでデータのやりとり。 つづく

2010-05-22 23:00:01
@iLLTTER

つづき...何度かファイルのやりとり。ハヤシくんが送ってきた「ピコピキー」みたいな機械的な音が壊れたオモチャみたいだったのでタイトルを「Broken Toys」に決めた。ハヤシくんがギターの音を入れた時点で曲が完成しそうだったので、すぐスタジオ作業に突入! つづく

2010-05-22 23:15:11
@iLLTTER

つづき...ポリは演奏がはやい!美味い!的確!てな感じで1日でほぼ全ての録音が終了。僕も歌ったり、DEVOっぽいシンセ弾いたりした。ハヤシくんのDEVOLOVE話も聞けた。次の日はMIX。これまた即OK。今回のアルバムの中で一番はじめに完成した。 つづく

2010-05-22 23:33:02
@iLLTTER

つづき...RECから数日後、カヨちゃん卒業の情報が届いた。すごく驚いた&不思議な気分。数ヶ月後、僕はポリシックス武道館ライブを見にいった。メンバー&お客さん&スタッフ&関係者すべて気合いが入っていた。思い出深い曲になりました。明日?はALTZ編 たぶん?

2010-05-22 23:47:02
@iLLTTER

コラボアルバム4曲目「iLL come ALTZ Remix」は「Rock Album」収録の"Scum"をALTZさんがRemixしてくれた。ALTZさんは「V4」というアルバムを聴いてからずっと気になる存在だった。つづく

2010-05-23 17:27:42
@iLLTTER

つづき...摩訶不思議な感覚!それが「V4」だった。去年大阪でALTZさんに挨拶をした。そのときアルバムに参加してほしいと思った。今年、DommuneでALTZさんに会いRemixのお礼の挨拶をした。元曲を組みかえて、再構築された”Scum"は面白い姿になりました。つづく

2010-05-23 17:38:42
@iLLTTER

つづき...Remixにかんして「こういうふうに...」とか「あんな感じで...」みたいな注文は僕はしない。好きにイジッてもらえるのが嬉しいし楽しい。なので完成形を聴いてワクワクしました。感謝! つぎはBBB編

2010-05-23 18:01:18
@iLLTTER

コラボアラバム5曲目「歌ってるんだBaby」はBase Ball Bear略してBBBさらに略して3Bさらに..........とにかくBase Ball Bearが参加してくれました。彼らも初対面。今回参加した中では最も若いバンドになります。つづく...

2010-05-23 21:39:14
@iLLTTER

つづき...まずREC初日、機材の多さにビビる。とんでもなく機材が多い!ギターの湯浅くんのエフェクトボードはとにかくデカイ&機材だらけ。テム・レイがアムロにやったパーツみたいな四角いハコがガンガンでてくる...つづく

2010-05-23 22:10:40
@iLLTTER

つづき....BBBはとことん演奏する。たぶん6〜7時間ずっと演奏しながら曲を作っていく。それを見ながら僕はコーラ飲んだり、ヨーヨーやったり、BBBのローディさんにギターの修理たのんだり...完全に僕はグータラな役。 つづく

2010-05-23 22:28:29
@iLLTTER

つづき...いろいろあったが、今回の曲は99%BBBの作詞、作曲。僕は小出くんに言われるがまま歌を入れた。その方法が一番いい形だと判断したから。関根さんは25才、山本精一さんは52才?一緒のアルバムに入ってるのはなんだかスゴイ! 明日はDJ NOBUさん編から

2010-05-23 22:44:22
@iLLTTER

コラボアルバム6曲目「Melt Girl DAZZY DJ NOBU REMIX」はDJ NOBUさんがRemixしてくれました。Melt GirlはCISCOアナログ盤にしか収録されていない曲。NOBUさんがやってくれるならこの曲しかない!てな感じでお願いしました つづく

2010-05-25 15:43:15
@iLLTTER

つづき...NOBUさんのプレイはいつも楽しい。何回か聴きに行ってるけどいつもスゴかった。最近ではドミューンでの「タンテぶっ壊れ事件」が伝説?になっている。僕も現場にいたがリキッドルームからタンテが来た時の盛りあがり方には感動した つづく

2010-05-25 15:57:24
残りを読む(27)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?