汚れちまったこの国が進むべき道

「どうすんの、これ?」去年のいま頃、私に呼びつけられて、この事故がどれだけ深刻かをじっくり聞かされた子ども(大学生)が私にいった言葉。2011年4月10日 https://twitter.com/HayakawaYukio/status/57039206668709888
HayakawaYukio 9990view 14コメント
44
ログインして広告を非表示にする
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 16:40:31
    そう考える理由は?RT @todaidon: 早川先生作成の全国焼却灰セシウムマップ。この地図を参考にして、広域がれき処理の地域を限定すべきだろう。まして沖縄や屋久島で処理する理由はないと考える。 http://t.co/ob1O9zhO
     拡大
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 16:50:33
    @HayakawaYukio ①科学的には放射性セシウム濃度がが移動瓦礫の焼却灰≦地元焼却灰である地域が妥当であること、②北九州市などの受け入れ希望自治体は、焼却実験に際して移動瓦礫のみではなく地元の一般ごみで10倍混合した焼却灰データをもって評価しているからくりへの疑念です。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 16:51:56
    1津波災害からの復興を、同じ国に住む者が手助けするのはあたりまえのことである。2津波がれきだけがとくに放射能汚染されているわけではない。3宮古と石巻の津波がれきの放射能汚染は軽微だ。4もし放射能を理由に津波がれきを拒否するなら、宮古と石巻のすべてを拒否しないとおかしい。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 16:53:01
    広域処理の必然性、廃棄物処理の危険性、これらの問題は放射能汚染と切り離して別個に議論する必要がある。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 16:53:53
    科学はそれが妥当だといいません。RT @todaidon: ①科学的には放射性セシウム濃度がが移動瓦礫の焼却灰≦地元焼却灰である地域が妥当であること、
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 16:54:52
    それは運用の話。処理しない理由とは違う。RT @todaidon: ②北九州市などの受け入れ希望自治体は、焼却実験に際して移動瓦礫のみではなく地元の一般ごみで10倍混合した焼却灰データをもって評価しているからくりへの疑念です。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 16:57:20
    いっぽう福島県の津波がれきの処理は慎重にやらなければいけない。放射能汚染が軽微にとどまらないからだ。すべてがダメではない。軽微汚染でない津波がれきが福島県内にも存在する。その量は一般に思われているだろうほどではない。少数だ。私の地図を読めばわかる。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 16:58:55
    それをいうなら、がれき焼却より食料流通の方がはるかに喫緊の課題であろう。それを放置しておきながらなにをいう。RT @jjishii: 原発=安心安全で推進してきた実情を考えると、学者・政治家・行政は大嘘付き そう考える必要あり 
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 16:59:54
    福島でコメをつくるな、農業生産するな、を1年前からいってるのは、他の誰でもない。この私だ。学長に訓告までされた。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 17:00:41
    自然が大切なのか。そこに住む人が大切なのか。どっちなんだ。がれきを食うひとはいない。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 17:02:04
    @HayakawaYukio そうですね。①の趣旨は、『人が科学的な判断を重視すれば、放射性セシウム濃度が移動瓦礫の焼却灰≦地元焼却灰である地域が妥当であるという結論に達すると(私は)思います。』ということでした。これに放射性物質をいたずらに拡散させない法律の尊重も含まれます。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 17:04:01
    それは科学でないです。RT @todaidon: 『人が科学的な判断を重視すれば、放射性セシウム濃度が移動瓦礫の焼却灰≦地元焼却灰である地域が妥当であるという結論に達すると(私は)思います。』ということでした。これに放射性物質をいたずらに拡散させない法律の尊重も含まれます。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 17:05:31
    リスク管理に科学が果たす役割はとても小さい。科学とは別個に判断したとはっきりと認識したまえ。科学の名を借りるな。判断責任をとれ。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 17:06:39
    これだけ汚染されてしまったこの国で、放射性物資を拡散させないなんてことはもうできない。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 17:07:44
    @HayakawaYukio 仰る通り、②は運用の話ですが、『食べて応援』から『混ぜて応援』という文脈が国策として明確なものであるなら、国はそのことを前もってアナウンスし、自治体は焼却灰濃度に重量をかけた総放射線量(ベクレル)をどれだけ受け入れるかを住民にアナウンスすべきです。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 17:07:59
    放射性物質の封じ込めに努力するのはとうぜんだ。福島県からきた汚物は集めて福島県に返す。しかし軽微な汚染は集めきれない。それらは、この国の中で等しく分配負担するしかやりようがない。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-29 17:09:21
    それが、放射能に汚染されてしまったこの国が進むべき道だ。放射能はわずかでもいやだのひとにとって、この国はもはや住めない場所になった。九州や沖縄に逃げても無駄だ。やがて追いつめられる。

コメント

  • やじろう @yaziro_kanagawa 2012-05-29 21:01:56
    瓦礫は嫌だ!放射能は嫌だ!というけれど、本当に嫌なら他の人同様海外とかに行くしかないんだけど、海外も海外で当然パラダイスではない
  • 山下238 @Yamashita238 2012-05-29 22:09:45
    瓦礫ったってなあ。せめて1MBq/kgくらいあったら警戒しないでもないが。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 23:08:05
    もう一点だけ補足させていただきます。早川先生が懸念されている津波被災地(宮城県、岩手県等)の瓦礫を受け入れないことによる遠隔地からの差別や断絶の惹起について、私はそれほど生じないのではないかと考えています。むしろ、国や自治体から安全だからと受け入れを始めたら、
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 23:10:23
    地元の焼却場ではこれまでセシウムが検出限界以下で、肥料やセメントなどのリサイクル製品が地域内外から高く評価されていたのに、そのメリットを失ってしまったということになれば、そこで初めて地域間対立が生じることを懸念しています。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 23:21:45
    現状で農水省の基準は肥料牛400ベクレル、家畜飼料は300ベクレル、養殖魚の飼料は100ベクレルですが、人と同様になるべくセシウム濃度が少ないものが欲しいという需要はあるでしょう。受け入れ自治体が現状のメリットがなくなっても
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 23:22:00
    広域がれき処理を行うメリットを取る決断をして、住民にメリットとデメリット、決断理由を開示するのであれば、私はその判断を尊重したいと思います。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 23:36:51
    ちなみに北九州で試験焼却された焼却灰は34 Bq/kg であり、仮に九州の他地域のように地元一般ごみが検出限界以下が通常とすると、それら9割と混焼しているため、移動瓦礫からの飛灰は340Bq/kg となります。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-29 23:46:10
    よって、『移動瓦礫からの飛灰340kg/kg ×受け入れる予定の重量』から求められる総放射線量を各自治体が受けいるかどうかということを住民に示さなくてはなりません。そこで受け入れ前の地元焼却灰のセシウム量の多寡が、地域には大きな意味を持つだろうという考えです。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-30 00:25:21
    以上、長文を失礼しました。まとめていただき、ありがとうございます。私も中原中也の詩のファンですが、自分も日本が台湾並みの国土面積(九州とほぼ同じ)であれば『混ぜて応援』せざるを得ないと思います。しかし、先生のマップのおかげて全国的には被災地が限局していることがわかりました。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-30 00:27:41
    先生が仰るように、『食物の流通になぜ反対しないのか』という御話はよくわかります。しかし、国は『食べて応援』ということを施策として国民に分かりやすく説明して進めている一方で、
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-30 00:33:27
    環境省はそのポリシーを明言しないまま、『沖縄を含めた全国での広域がれき処理』という形で流通をむしろ加速していることに危うさを感じています。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-30 20:56:58
    (↑)「どの程度をもって、いやだ」というかが、放射線汚染の濃淡によって地域別に異なるという意見です。地元の焼却灰のセシウム濃度が、震災がれきより著しく高い地域はその程度が低いでしょうし、
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-30 20:59:43
    逆に、地元の焼却灰の放射性セシウムが検出限界以下で、焼却灰から作られるエコセメントや肥料を問題なく作れていた地域にとっては、微量であっても検出されるようになるのは(商品としてのブランドを守る意味でも)嫌だという権利もあるでしょう。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-30 21:02:33
    つまり、現在のように環境省が沖縄や離島を含めて、全国一律に『混ぜて応援』する政策を雰囲気的にも強制することは、かえって遠隔地域の反発を招く懸念があるというのが私の意見です。

カテゴリーからまとめを探す

「東京」に関連するカテゴリー