編集可能

What's a 八尺様?

2ちゃんねるでも話がでてきた「八尺様」の怪談について考える。
5
@naco6r

八尺様?だれ?

2010-06-23 17:40:30
@zero2

@naco6r http://syarecowa.moo.jp/196-2/71.html こちらをどうぞ。こわくてもしらないよ!

2010-06-23 17:41:19
@zero2

久々に八尺さまなう。http://syarecowa.moo.jp/196-2/71.html こういう田舎怪談みたいの大好き。「くねくね」とか。

2010-06-23 17:42:26
@I_nowhere

面白かった。 RT @zero2: 久々に八尺さまなう。http://syarecowa.moo.jp/196-2/71.html こういう田舎怪談みたいの大好き。「くねくね」とか。

2010-06-23 17:52:26
@aminah2500

こわいぞ〜〜わくわく。実は『新耳袋』みたいな話大好き!RT @zero2: 久々に八尺さまなう。http://bit.ly/2sSIj6 こういう田舎怪談みたいの大好き。「くねくね」とか。

2010-06-23 17:52:33
@zero2

@aminah2500 @I_nowhere 面白いのあったら教えてねー。

2010-06-23 18:01:20
@alphacoco

おおおおっかねー RT @I_nowhere: 面白かった。 RT @zero2: 久々に八尺さまなう。http://syarecowa.moo.jp/196-2/71.html こういう田舎怪談みたいの大好き。「くねくね」とか。

2010-06-23 19:01:05
@naco6r

@zero2 そんなにこわくなかった!ありがとう!

2010-06-23 17:49:48
@zero2

@naco6r それならよかった!

2010-06-23 17:50:54
@zero2

(1)八尺様の興味深いところはただの恐怖対象であるだけではなく「女性神」であり「荒神」の面影も残しているところにある。また「八尺」ではなく「様」を付けるというのがいかにもタタリ神的でよい。

2010-06-23 17:52:40
@zero2

(2)順当に考えれば地母神のような「豊穣の神」のモチーフが変じたものではないだろうか、と思う。ただそれだと封じられている理由が謎なので、地蔵=守り塚を主人公が壊してしまったとかだと真実味が増すかも。

2010-06-23 17:55:56
@zero2

(3)ちなみに「八」は聖なる数字で「多い」という意味があるので「八尺=すんげぇでっけぇ」と言い換えてもよい。

2010-06-23 17:56:06
@zero2

(4)(2)の補足。日本、というか仏教? アミニズム?には奉ることで神とするような面があるので、ただ「邪悪なものを封じている」のではなく「扱いを間違えるとえらい目にあう」感じのほうが真実味が増す……と思う。

2010-06-23 18:00:36
@zero2

(5)ちなみに地蔵には道祖神と通じるところがあり、結界の役割も果たすそうな。うーん、こうしてみると八尺様考えた人はすごいな! かなり詳しい!

2010-06-23 18:03:39
@zero2

@sougetuOte アミニズムのほうでしたか。thxです。おてちん的に見て八尺様のやつは魔術・神のほうで何か感じるものはありましたか?

2010-06-23 18:05:29
OTE @sougetuOte

@zero2 道祖神信仰と地蔵信仰が通じているのは、「整備された道は区画を表=広義の結界」、「十字路の魔力」と似通った感じを受けますな。

2010-06-23 18:06:20
OTE @sougetuOte

@zero2 八尺様というのをまだ知らないのですが、何かの作品に出てくるヒロインか何かですか?名前的に蛇神・地母神っぽい感じですが。

2010-06-23 18:07:33
@zero2

@sougetuOte ほうほう。整備された道に力が宿る。というのは面白いですね!

2010-06-23 18:09:47
@zero2

@sougetuOte あ、すみません。ネットの怪談です。これだけではなく幾つかバリエーションがあるみたい。 http://syarecowa.moo.jp/196-2/71.html

2010-06-23 18:11:20
OTE @sougetuOte

@zero2 あ、今ググってみました。いろいろな信仰が混ざってて面白いですね。集落のはずれの地蔵というのは、そこが簡易的な死体捨て場(墓)の場合、それを鎮める場合のものですね。協定があって外に行かないというのは斎神っぽい感じで面白いです。

2010-06-23 18:11:29
OTE @sougetuOte

@zero2 血縁の者による身代わりは氏神信仰との関連。外から来た主人公が話に巻き込まれるというのは客人(まれびと)信仰のようで、これもまた面白い。いろんなものが混ざってはいますが、ちゃんと筋が通った怪談になってますね。これに、うまく対峙して退治し、財宝でもえられれば「昔話」に。

2010-06-23 18:16:03
@zero2

@sougetuOte おお、確かに!>昔話 良くできてますよねえ。僕もミシャグジ様とか調べるまではただの怪談だと思ってたんですが、知識を得ていろんな要素に分解してみると、怪談にもリアリティを増すための要素というのがありますね。

2010-06-23 18:20:24
OTE @sougetuOte

@zero2 そうですな。この八尺様に限って言えば、元になった地域信仰か何かがあったと思うのです。山の女神さまとかのね。それがひだる神みたいに矮小化して、現在では怪談となっている、という感じでしょうか。しかし、お膳立てがきれいに整ってますね。

2010-06-23 18:25:51
残りを読む(3)

コメント

@barumoa 2010年6月23日
ツゲッターではあまりオカルト物や民族学・神話のまとめとか少ないのかね。
0
@zero2 2010年6月24日
すくないみたいですねー>オカルト話 民俗学とかもっと日常会話レベルで認知されてもいいとおもう!
0
OTE @sougetuOte 2010年6月24日
でもtwitterだから、ひょっとしてどこかに居るかも?と思わせてくれる。
0