アジャイルでの「顧客価値」についての鈴木三紀夫さんの呟き

興味深かったのでまとめてみた。
1
鈴木三紀夫 @mkoszk

2週間ぐらい前、アジャイル関連の呟きをしていました。そのときのリプライで、「顧客価値」という言い方をされた方がいました。以前から、顧客価値という言葉の使い方に違和感を感じていましたが、上手く説明できる言葉を持っていなかったので、その件には触れずにいました。

2012-06-01 13:33:12
鈴木三紀夫 @mkoszk

たぶん、アジャイル界隈の人たちが「顧客価値」という場合、アジャイル宣言の背後にある原則の「顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供します。」がベースにあるのだろうと推測しています。でも、この原則には「顧客価値」という言葉はありません。

2012-06-01 13:35:59
鈴木三紀夫 @mkoszk

調べてみると、顧客価値と商品価値という二種類があるようです。価値を定量的に表現するには、顧客価値は(顧客の支払っても良いと考える価格-価格)で表すことができ、商品価値は(価格-費用)で表すことができるそうです。でも、この定義だと少しニュアンスが異なるかもしれません。

2012-06-01 13:41:09
鈴木三紀夫 @mkoszk

別の定義では場合、顧客価値は顧客満足であり、商品価値は(商品の品質+ネットワーク外部性)で表すことができるそうです。この顧客価値の定義は、アジャイル界隈で使われている「顧客価値」と似ているような気もします。でも、ソフトウェアと直接的に結びつかないように感じます。

2012-06-01 13:47:51
鈴木三紀夫 @mkoszk

このもやもやは、やはり一般に使われている「顧客価値」という言葉と異なる使い方をしていると僕が感じているからのようです。では、アジャイル界隈で用いられる「顧客価値」という単語は、一般的な用語に直すと何になるのか。それは「価値」になります。

2012-06-01 13:51:04
鈴木三紀夫 @mkoszk

「価値」は顧客価値と商品価値の接点になります。イメージでは 顧客価値 ∩ 商品価値 です。過剰な機能を盛り込んだソフトウェアであったり、過剰な品質のソフトウェアを提供するのではなく、顧客が価値があるみなすソフトウェアを提供しようというのが、発言の趣旨だと思うのです。

2012-06-01 13:56:26
鈴木三紀夫 @mkoszk

「価値 = 顧客価値 ∩ 商品価値」というのは、アジャイル原則の「顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供します。」に照らしても、おかしな定義ではないと思います。

2012-06-01 13:57:51
鈴木三紀夫 @mkoszk

さて、これはB2Cのソフトウェアの場合になります。エンタープライズ系ソフトウェアの場合、もう少し複雑になります。ソフトウェアを使う顧客(ユーザ)が価値があると感じていても、そのソフトウェアを活用したビジネスで、顧客の顧客(カスタマー)が価値があると感じなければいけないと思います。

2012-06-01 14:00:27
鈴木三紀夫 @mkoszk

これは、[顧客の顧客]価値 ∩ 業務プロセスが生み出す価値 でして、業務プロセスが生み出す価値の一部がソフトウェアの価値になるわけで、非常に面倒な、複雑な話になってしまうので、もう少し整理したいなあと思っています。

2012-06-01 14:03:18

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?