北海道の進学校Map

北海道の中学生で学力上位10%の子どもたち(10%er)はどこの高校に通うのでしょうか? このまとめでは、10%erが普通選ぶと考えられる高校を「進学校」と定義し、北海道の進学校を紹介します。 ※進学校選定は、主に平成23年度時点での入学難易度や進学実績によって行っています。 ※進学校Mapのベースとなっている地図は、「白地図 KenMap Ver8.5」で作成しました。 全国の進学校続きを読む北海道の中学生で学力上位10%の子どもたち(10%er)はどこの高校に通うのでしょうか? このまとめでは、10%erが普通選ぶと考えられる高校を「進学校」と定義し、北海道の進学校を紹介します。 ※進学校選定は、主に平成23年度時点での入学難易度や進学実績によって行っています。 ※進学校Mapのベースとなっている地図は、「白地図 KenMap Ver8.5」で作成しました。 全国の進学校Map掲載高校一覧 http://curiosist.web.fc2.com/shingakukoumap.html
高校 進学校 北海道
asamorihisaya 25204view 7コメント
2
ログインして広告を非表示にする
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 21:27:52
    北海道の人口は約550万人。平成23年度における北海道の中学校卒業者は48701人で、高校進学率は98.8%。公立高校(全日制)の定員は37600人(卒業者の約77%)。北海道の同世代学力上位10%(10%er)を4870人と規定する。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 21:30:05
    北海道はご存知の通り、とてもでかい。このため、進学校Mapは北部・東部・南部の3つに分けて掲載するものとする。また、北方四島については極めて遺憾ながら調査が困難なので、割愛させて頂く。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 21:33:08
    択捉島在住の中学生はどこの高校に通うんだろう?
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 21:36:19
    北方四島に高校があるなら、日本政府はそれらの高校の学費を無償化すべきである
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 22:22:58
    北海道の公立高校入試は19の学区に分かれている(ただし学区外枠10%あり)。私立高校が無い学区では、理論上全員公立高校に入れるように定員配分がなされていることが分かるだろう。 http://t.co/6lRuwjBX
     拡大
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 22:24:42
    先日沖縄県は基本的に誰でも公立高校に入学できることを紹介したが、それは通える場所に私立高校が無いゆえの配慮であって、北海道も同様ということである。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 22:27:31
    北海道の入試制度については北海道学力コンクールのサイトが詳しい。 http://t.co/7Ivt4Wdx 各高校の予想合格点もバッチリ掲載してあるので、かなり分かりやすい。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 23:13:12
    北海道進学校Map難航中…管内に進学校と呼べる高校が無い地域の子はどこの高校に通うのかを見極めなう…
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 23:16:12
    まず留萌学区。成績上位10%たる約40名はまず滝川高校の受験を考えるだろう。滝川高校擁する空知北学区は1300人しか卒業生がおらず、偏差値的に150人程度しか滝川高校に入れないので、残りを留萌出身者で埋めれば予定調和である
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 23:18:59
    一方上川南学区の中三生は3943人もおり、旭川東高校280人では進学校定員としては足りず、旭川北や滝川に流れる可能性も考えられる。宗谷や上川北学区の成績上位100人程度は旭川市まで下宿するのだろう。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 23:22:06
    北海道特有と言うほどでもないと思うけど、進学校には定時制が並置されていることが多い。古くから開校している高校に定時制が多いとも言い換えられるが。 http://t.co/ihjkva3t
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 23:43:22
    北海道(宗谷・留萌・上川・空知・オホーツク)進学校Map 全て公立。 ※「白地図 KenMap Ver8.5」で作成 http://t.co/5IdCcQnG
     拡大
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-23 23:46:11
    http://t.co/5IdCcQnG - 同心円が半径50kmであることに注目(他の県のMapでは20kmを使っている)。円の外にある地域から自宅通学は極めて困難と言って良い。逆に、岩見沢から札幌は50km圏内なので、岩見沢東でなく札幌市内の高校選ぶ人もいそう。
     拡大
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 00:11:26
    北海道(根室・釧路・十勝)進学校Map 全て公立。 ※「白地図 KenMap Ver8.5」で作成 http://t.co/NsyNy6pm
     拡大
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 00:15:47
    http://t.co/NsyNy6pm - 根室学区には進学校は無く、10%erは下宿通学を余儀なくされるだろう。ただ、釧路学区や帯広学区の倍率はそれほど高くないのを見ると、根室の人らは思い切って札幌まで行ってるのかもしれないね。
     拡大
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 00:16:21
    さて札幌市内の進学校選定がカオスなんだぜ…
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 01:24:43
    北海道(石狩・後志・日高・胆振・渡島・檜山)進学校Map 赤文字が公立(札幌開成・札幌旭丘は札幌市立)、青文字が私立、下線付きが中高一貫あり、(♂)は男子校を示す。 ※「白地図 KenMap Ver8.5」で作成 http://t.co/cgoxAKtu
     拡大
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 01:32:59
    http://t.co/cgoxAKtu - 次点として苫小牧東(公立:苫小牧市)や遺愛女子/函館白百合(私立女子校:函館市)も挙げられる。石狩学区内なら札幌手稲(手稲区)や札幌啓成(厚別区)、北広島(北広島市)もアリかも。日高学区の10%erはほぼ下宿必須。
     拡大
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 01:38:42
    北海道の進学校まとめ。全20校+α 地域バランスを考慮してる点に着目していただきたい。 http://t.co/0RXHofUo
     拡大
  • ここから小噺。まず、岩見沢東と苫小牧東の進学実績の差が気になったので、考察してみた。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 01:49:29
    岩見沢東と苫小牧東、地の利的には苫小牧東の方が実績上がりそうではあるが(∵岩見沢東の方が札幌に近いので)、2011年度北大合格者は岩見沢東のがダブルスコアゆえ、若干ながら岩見沢東のが実績上なんだよな…
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 01:52:49
    考えられる原因は、岩見沢東のが札幌市に近いが故に実績が高くなってる…つまり、札幌東西南北には入れないが札幌市立よりは岩見沢東を選ぶ層がいる可能性?
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 01:56:58
    苫小牧から札幌までは電車で1時間以上かかるし、室蘭栄もまた1時間以上かかるので、だったら苫小牧東でいいやと考えた層が苫小牧東から2011年に出ている東大理一1名と旭川医科大医学科1名、札幌医科大医学科1名だよね?
  • 「進学校Map」のポリシーの再確認。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-03-24 02:04:15
    気付いている方もいるかもしれないが…私が作成している「進学校Map」は、「地域ごとの学力差」については意図的に無視している。学力が高い子どもが集まる地域が実在するのは知っているが、それを定量的に調べるのは困難であり、変数として加えると余計な誤解を招く恐れがある。

コメント

  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-06-02 06:52:53
    まとめを更新しました。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-06-02 07:02:58
    まとめを更新しました。
  • 朝森久弥 @asamorihisaya 2012-06-02 07:05:12
    まとめを更新しました。
  • andandy2001 @andandy2001 2013-05-12 18:09:31
    ツッコミ。 まず、留萌地区の最上位層は札幌南、旭川東などを目指し、函館ラ・サール、立命館慶祥などを併願します。これらに届かない層は留萌高校か高専に進学します。進学実績を見ればすぐに分かることですが、滝川高校には進学校としての広域的な影響力はありません。 次に、北海道では中心市街地に人口が集中している地域が多く、そのため鉄道が通っているところであれば相当の長距離通学が可能です。例えば旭川東高校の場合、富良野くらいまでは自宅から通学している生徒がいます。特に、札幌東の通学圏は広大です。
  • andandy2001 @andandy2001 2013-05-12 18:09:41
    最後に、完全中高一貫進学校として藤女子を忘れるわけにはいきません。全入に近い状態とはいえ、北教大附属を除く中高一貫校としてはトップ校の地位を保っており(立命館慶祥より上位)、例年東大や北大医学部に合格者を出しています。
  • andandy2001 @andandy2001 2013-05-14 22:31:15
    追伸。旭川東の下宿生には、富良野、士別など、比較的近くの市町村の出身者が多く、稚内、留萌といった遠隔地からの受験生は1学年に5人いるかいないかだったと思います。おそらく、最優秀層は旭川を飛ばして札幌か函館に出ていたのでしょう。札幌東西南北や旭川東に届かない次点層は地元残留です。近年は学区外受験の枠が広がり、また函館ラ・サールの影響力が落ちたので、若干状況が変わっているかもしれませんが。
  • andandy2001 @andandy2001 2013-05-14 22:31:20
    あと、僻地の優秀な生徒の親には、医師、公務員、転勤族が多いので、相当数が進学を機に一家で都市部に出てしまいます。親がこうした職業なら、自己都合で都市部に家を買っても、単身赴任ということで公務員宿舎に入居できたり、特急の定期代をもらえたりするわけです。

カテゴリーからまとめを探す

「車・バイク」に関連するカテゴリー