『cafeから時代は創られる』響いたポイント引用まとめ

飯田美樹さん著作の『cafeから時代は創られる』を呼んで響いたポイントの引用をまとめました。 http://homepage2.nifty.com/inahoshobo/sinkan/sinkan_iida.html http://www.amazon.co.jp/gp/product/4434132024?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&lc=plm&ref=aw_bottom_links
1
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「時代を変えうる者が集う場所というのは歴史的にみてもバーではなくカフェなのである。バーは一見時代を変えうる雰囲気を持っている。ところが酒とともに忘れられていく会話だけで世界が変わってしまうほど世界は簡単にできてはいないものである」ー 『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 19:33:34
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「カフェに通う者達の多くは自分を曲げてまで誰かと迎合したいとは思わないものの、一人で家に閉じこもるのはあまりに孤独で耐えられないような者達である。だからこそ、彼らは一人ぼっちと感じるわけでもなく、個人の自由も侵害されないカフェに通って…」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 19:52:30
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「通常、社会の中では属性は非常に重要視され、「自分がどこに所属する誰であるか」がものをいうものである。ところが、属すべき場を失い、いまだに到達しえない「何者か」になろうとしている者にはその属性が存在しない。」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 20:30:39
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「外の世界では身分や地位の違いはあれど、カフェの空間内では客同士は対等であるという自信が生まれ、客達は同じ客という立場において、身分や社会的地位を気にかけることなく対等に話すことが可能になるのである。」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 20:30:58
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「ウィーンのカフェはどうあるべきかということを書いたヴォルフガング・フッターは、『ハヴェルカ 一軒のカフェ』の中で、「親しい人が隣席にいても、何時間も言葉を交わさずとも、失礼でないといった具合でなければならない」と述べている」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 21:15:03
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「強い志をもって「ここではないどこか」を求めた人たちと、場をつくることが天才的だった人たちとが非常に運良く出会った時、多くの要素がお互いに作用しあって、歴史を変えうる空間がそこに誕生したのである」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 21:18:48
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「カフェという場は「文学カフェ」が生まれる前からパリに数多く存在するが、そこが「文学カフェ」になったのは作家や芸術家たちがそこを選んだからであり、店主がそこを文学カフェにしたかったからというわけではない。」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 21:42:52
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「大切なことは空間に入れようとしてくれる媒介者がいたときに、ただ無言で過ごすのではなく、表現すべき自分を強く持っているということである。(中略)何事かを成し遂げたい自己を表現する時、カフェという場は人生を変えうる程の力を持つのである。」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 21:46:44
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「他の場所では崩せないような強力な先輩、後輩という縦の関係が…(中略)かつては「神」であった存在としての先輩が、カフェという場で同じ人間に引きずり降ろされたのならば、彼らが行ってきたことが同じ人間である自分たちにできないわけがないだろう。」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 22:09:56
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>『議論するだけで充分なのだ。そこから自由が生じてこの議論の効果を保証してくれるからである。(中略)専制体制においてはひとが上手に議論しても下手であってもどちらも危険である。この政体が衝撃を受けるには議論するだけで充分だからである』/ モンテスキュー

2012-06-03 22:28:01
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>『私たちは夜明け前に到着し、今や日が白もうとしている。私たちは肘と肘をつき合わせてまったく新しい出発をするのである。そんなわけだったから、私は三十五歳だったにもかかわらず、私はこれらの友情に、若い頃の、くらくらするような友情の新鮮さを見出したのである。』/ボーヴォワール

2012-06-03 22:31:23
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>『元来景色といふやつは、一度見れば、何度みても、後は同じで、エハガキの様なものだ。景色を喜ぶのは、田舎者の方で、パリの人間は、景色よりも、人間の心の方に興味を持つてゐる。人間との会話は、いくらでも、変化があるが、景色は、そこへ行くと、人間の心程変化がない』/レオナール・フジタ

2012-06-03 22:59:34
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>『一体宣伝は大切なものですよ。実力と宣伝が揃ったら、これに越すものはありませんね。宣伝を卑しいと見る事が考えが足りぬので、馬鹿が宣伝すれば馬鹿の宣伝に終わる』/レオナール・フジタ

2012-06-03 23:02:43
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>>「現実を作り出すのが細かいデータの羅列よりも実際には人々のイメージや夢であるように、認識の変化は世界を変える力を持っている。場と人さえそろえば、あとはそこに関わる人達の認識とイメージが変わればカフェは力を持ちうるだろう。」ー『cafeから時代は創られる』より

2012-06-03 23:09:41
永田賢介(ジン) @gine_joybox

>> atakaから時代は創られる 特別 珈琲 http://t.co/iWXQggAI ー『cafeから時代は創られる』巻末より

2012-06-03 23:13:50
永田賢介(ジン) @gine_joybox

『cafeから時代は創られる』の著者・飯田美樹さんのコラムです。 >> vol.5 cafeから時代はつくられる? | cafeの使い方 | コラム | キャトル・セゾン http://t.co/4XxCjF8K

2012-06-03 23:19:52
永田賢介(ジン) @gine_joybox

エンガワにも一冊ありますが、ぜひ自分の家やカフェの本棚に並べて頂きたいです。>>『cafeから時代は創られる』飯田美樹 2008年8月30日発行 発行所(株)いなほ書房 定価(本体2,500円+税) (A5判 400ページ )http://t.co/dHo9zRi0

2012-06-03 23:26:56
永田賢介(ジン) @gine_joybox

今は手に入れづらいのか、かなり値上がりしてますね。>> http://t.co/qIAQOz2z: 新版 Caf´eから時代は創られる: 飯田 美樹: 本 http://t.co/Iwk1UECN

2012-06-03 23:28:24

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?