2012年6月10日

2012/6/6 全脳思考120%Happyアワーまとめ

全脳思考のCPSについて
0
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

こんばんは。全脳アワーのお時間です~どなたかいらっしゃるかしら? #zen_noh

2012-06-06 22:04:39
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

おっと、今週は何を語ろうかなと思って久々に書籍の全脳思考をパラパラ見ていたら時間が経ってますな。。。(笑) #zen_noh

2012-06-06 22:23:59
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

あぁCPSについてちょっと語ってみましょうか。 #zen_noh

2012-06-06 22:26:45
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

CPSとはCreative Probrem Solving Method(創造的問題解決手法)と呼ばれるもの。課題に対してイメージを用いて問題解決を図る手法です #zen_noh

2012-06-06 22:30:52
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

全脳思考の本では第7章に書かれていますし、元々はアインシュタインファクターというウィン・ウェンガーさんの本に書かれています。全脳思考:http://t.co/KM0v3oOp アインシュタインファクター:http://t.co/FI3N82JW #zen_noh

2012-06-06 22:33:21
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

CPSの手法はさておき、全脳思考自体が、イメージから課題へ解釈することがキモだったりするのです。オットが全脳思考を学んだ時には解釈がしづらいためよくわからなかったようです。 #zen_noh

2012-06-06 22:35:29
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

CPSの手法や同じようなイメージを使い問題解決や自分の力を活用するための手法を学ぶ「ジーニアス・コード」という講座があるのです。で、オットも一緒に受講しました。 #zen_noh

2012-06-06 22:36:27
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

ジーニアスを受講して約1ヶ月、毎日イメージから問題を解決するということを続けており、そのちょっと後にふと一緒に全脳思考を書いたところ、最初が嘘のように素晴らしくいい解釈ができるようになったという実績があるのです。 #zen_noh

2012-06-06 22:37:50
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

まったく異なるものから課題への答えを導き出すという練習というか自分とつながるというか、そんなことができるようになるわけです。 #zen_noh

2012-06-06 22:40:28
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

基本は、1.課題を考える 2.目をつぶってリラックスする 3.出てきたイメージを「3つ」音声が録音できるものに録音しながら話す。4.それを紙に書く 。カラフルに書くと尚良い 5.共通項などから答えやヒントを見つけていく。 というような手順 #zen_noh

2012-06-06 22:42:11
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

書籍にはこれを深めたハイシンクタンクという手法が出ています。質問(課題)を6つ以上書いて、見えないように折りたたみ封筒などに入れておく。その中から1つを選び質問内容を見るまえに2以降に進み、5の解釈をする前に初めて質問を見て、それに対しての答えを考えるというもの #zen_noh

2012-06-06 22:44:43
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

これは本当に強烈なので、解釈がイマイチだなぁという方は日々やってみると全脳の解釈も深く的確になってくるとおもいますよ~ #zen_noh

2012-06-06 22:47:12
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

個人的には、ジーニアス・コードで自分の30年後から3年後までを見に行って、大枠のライフプランを立て、全脳思考でそのイメージを形にしていくためにどうするかという行動プランを立てています。面白いくらい、そのとおりに進んでいます。 #zen_noh

2012-06-06 22:49:21
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

まだ1年ちょっとですけどね。でも1年先が見えているというのはすごい安心感です。ベースには変わるものだし変えてもいいという気持ちももっているからかもしれませんが。 #zen_noh

2012-06-06 22:50:14
♪おと♪(大田知美) @o_T_o

なんてことをもろもろお話していたら23時。今日のつぶやきはちょっといい気がする(自称)ということでまた来週!ありがとうございました♪ #zen_noh

2012-06-06 23:00:53

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?