食を通じて展開する饗宴外交~沖縄サミット編 前編・後編

『饗宴外交』とは食を通じて展開する“ドラマ”とも言えます。今回はその一部をお届けします。舞台は2000年7月21日から3日間沖縄県名護市で開催された沖縄サミット。
書籍 文学 HONZ 饗宴外交 西川恵 政治 ワイン 世界文化社 料理
0
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
コラム「食を通じて展開する饗宴外交~沖縄サミット編 前編」【Facebook】⇒ http://t.co/fQdjh3nh 【mixi】⇒ http://t.co/dijIL1UB
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
こちらが、その後編。コラム「食を通じて展開する饗宴外交~沖縄サミット編 後編」【Facebook】⇒ http://t.co/wS5WbB48 【mixi】⇒ http://t.co/dijIL1UB
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交】『饗宴外交』とは食を通じて展開する“ドラマ”とも言えます。今回はその一部をごらんいただきましょう。舞台は2000年7月21日から3日間沖縄県名護市で開催された沖縄サミット。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交2】「国際政治のパワーバランスのツボは《ワインと料理》でわかる! 」そうですが、その一端を垣間見てみませんか。少々長いので、前編・後編に分けて、お届けいたします。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交3】小渕恵三首相がG8サミットの開催地を沖縄に決めたとき、政治・経済議題とは別に、どのように社交晩餐会を演出するかに首相の関心は向けられていた。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交4】このことは首相が友人の劇団四季代表の浅利慶太氏に「饗宴を成功させるために何かいい知恵はないだろうか」と相談している一事が示している。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交5】「外交」に占める「食」の重要性を知っている首相だからこそ、沖縄サミットで一夜催す歓迎晩餐会に対する思い入れは、われわれが想像する以上のものがあったと思われる。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交6】浅利氏は劇団取締役で、その分野に詳しい音楽評論家の安倍寧氏を首相に引き合わせた。こうして安倍氏は首相直々の求めで、晩餐会の総合監修という立場で参画することになった。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交7】いうならば総元締めである。このとき安倍氏は、料理の基本は「パシフィック・リム(環太平洋)系料理でいくべきだと考え、首相の了解をとった。(略)
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交8】そして晩餐会のコンセプトを「世界の調和」とした。グローバル化した世界にあって、異文化同士の調和と協調こそが21世紀のカギとなるとの思いを込めた。(略)
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交9】飲物を担当したのは、95年度世界ソムリエコンクール優勝者の田崎真也氏。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交10】「サービスの基本は押さえながらも、21世紀に向けて新しいことに挑戦する提案型のものにしたいと思いました。もちろんホストである首相の了解の下ですが、これが首脳の食卓の話題になってくれればなお嬉しいことでした」
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交11】~『饗宴外交 ~ワインと料理で世界はまわる』(西川 恵)より
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交13】※文中の敬称(呼称)はサミット開催当時のものです。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交14】続きが気になるかた、ほかにも読みたいかたはこちらへどうぞ>> http://t.co/0fcLAlw7
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
先刻ツイートしましたコラムの「後編」にまいります。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
「食を通じて展開する饗宴外交~沖縄サミット編 後編」
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交16】(略)やがて閃いた。フランスの某メーカーが当時、世紀末を記念して売り出したシャンパンがヒントだった。20世紀を10年単位で区切って、各10年ごとの最高のヴィンテージ(収穫年)ものを10種類ブレンドした特製シャンパンである。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交17】このブレンドというアイデアを頂戴し、参加8カ国首脳の国のワインを調合し、肉に合わせて独自の赤ワインを造ろうと思いついたのだ。調合は調和、つまり晩餐会のコンセプトである「世界の調和」につながる。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【饗宴外交18】「ワインをブレンドするなんてとんでもないという人もいるでしょう。ワインを造った人に失礼だという人もいるでしょう。しかしホストの承諾を得た上で、美味しければいいと割り切りました」
残りを読む(24)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする