【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

荒川から東京湾への放射性セシウム流入量を、おおまかに推定してみる。

浄水場発生土の数字から、おおまかに流入量と堆積量の推移を考えてみました。
環境 放射能 浄水場 セシウム 原発 東京湾
3351view 3コメント
22
ログインして広告を非表示にする
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:42:29
埼玉県「浄水場発生土の放射性セシウム濃度」 http://t.co/oQ765ZMr 昨年秋までに急減し、その後は横ばい状態となっている。 http://t.co/1jP1dbBM
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:43:02
http://t.co/1jP1dbBM - △大久保浄水場(利根川・荒川) △庄和浄水場(利根川) △行田浄水場(利根川) △新三郷浄水場(江戸川) △吉見浄水場(利根川・荒川)
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:43:45
「東京都の浄水場発生土の放射性セシウム濃度」出典→ http://t.co/94pAk6IW やはり昨年秋までに急減し、その後は横ばい状態となっている。 http://t.co/dosYYKsW
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:44:43
「神奈川県の浄水場発生土の放射性セシウム濃度」出典→ http://t.co/9IewCgIw 東京・埼玉の浄水場より一桁低いが、昨秋以降横ばいとなっている状況は同じ。 http://t.co/60vL1Bb8
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:47:15
「新潟市の浄水場発生土の放射性セシウム濃度」出典→ http://t.co/94pAk6IW 信濃川取水では昨秋以降横ばい状態だが、阿賀野川取水ではまだ減少中。(今では東京・埼玉より低くなっているのが興味深い。) http://t.co/6jwfzKgC
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:48:20
河川に流入する環境中の土壌の放射性セシウム濃度は、福島周辺の川を別にすれば、昨秋以降は一定状態となっているようだ。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:48:37
浄水場発生土の状況から推定すると、河川水の放射性セシウム濃度も、おそらくこの先何年も、なかなか下がらないのだろう。(但し、半減期2年の134Csの減少ぶんは減るはず。)
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:49:41
次に、浄水場発生土の放射能濃度から、荒川から東京湾に流入する放射性セシウムの量を、おおまかに推定してみる。計算は、半年ごとの平均値で行うことにする。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:50:58
事故直後の浄水場発生土の放射性セシウム濃度を、Cs134,Cs137各 1,000Bq/kg湿土(半年間の平均)とし、それ以降は、Cs137濃度は 200Bq/kgで一定、Cs134濃度は半減期2年でCs137との比から決定する http://t.co/3mRhCSQd
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:51:45
次に、原水1m3を処理したときに発生する浄水場発生土を 60g湿土 と想定する。(この数字は、埼玉県の浄水場のデータから推定したもの。) http://t.co/lmHIMsC2
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:52:04
http://t.co/lmHIMsC2 - このとき、原水(河川表流水)の放射性セシウム濃度は、事故直後(半年平均)で 0.12Bq/L、現在で 0.02Bq/L となるが、オーダーとしてはだいたいこんなものだろう。
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:52:40
荒川の河口の流量は、50~100以上m3/s で、季節により変動があるが、精密な数字を出すのが目的ではないので、80m3/sで一定とする。すると、表のように単位時間当たりの放射性セシウムの流入量が求まる。 http://t.co/HzUazNo8
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:53:40
最後に、荒川河口部から、半年ごとに3%の割合で、放射性セシウムが流出(拡散)すると仮定する。(この数字はよく判らないのであてずっぽうだが、この数字を少々変えてもそれほど結果は変わらない。) http://t.co/C3ggVYSf
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:54:20
http://t.co/C3ggVYSf - するとこのように堆積量が求まる。(Cs-134の減衰のみ計算し、Cs-137の減衰は無視。)堆積量は、現時点で1,700億ベクレルだが、数年後も2,000億ベクレル程度で、今後それほど増えるわけではない
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:54:47
http://t.co/C3ggVYSf - この計算では、流入するCs-137は変わらないので、堆積量はどんどん増えてしまうが、「2年後くらいにピークになる」という京大のシミュレーションでは、流入量は減少するという条件でのようだ。(詳細は不明)
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 18:55:24
東京湾の水産物からは、これまで、ごく低い値しか検出されていない。今後、東京湾の放射性セシウムが今の何倍にも増えるわけではないとすれば、東京湾の水産物のセシウム汚染が問題になるような事態は、起きないと考えるほうが自然だと思う。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 19:00:41
むろん、東京湾の水産物の汚染は高くならないと保障することは誰にもできないけれど、今の「危ないかも」という議論は、「あまり根拠はないけど、そうなる可能性がある」という議論でしかないと思う。人目を引くためにそんな主張をする学者とマスコミが、風評被害を広げているのだ。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-12 19:01:41
以上、ごくおおざっぱな計算だが、少々条件を変えても、それほど結果が変わるわけではない。こちらにexcelファイルを置いておきます。 http://t.co/QehfYsOf
その後の追加情報と補足
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-16 16:41:02
(更新)「東京湾の魚介類の放射能濃度(xls)」 http://t.co/b7SMYWAz 「仙台湾の魚介類の放射能濃度(xls)」 http://t.co/k9b6s01D 6/15公表分までのデータで更新。

ツイートまとめ 3189 view 27 15 2012年6月15日開催 国立環境研究所公開シンポジウム2012『大震災と環境再生~災害に立ち向かう環境研究の最前線.. 2012年6月15日に東京・メルパルクホールで開催された、国立環境研究所公開シンポジウム2012『大震災と環境再生~災害に立ち向かう環境研究の最前線~』の実況まとめです。 ハッシュタグの #nies_0615 を中心に抽出しています。 尚、本シンポジウムは後日国立環境研究所のHPにて資料公開及び映像配信の予定です。 公式URL:http://www.nies.go.jp/sympo/2012/program.html ----..

こちら(↑)の鈴木規之さんの報告を見ると、河川によるセシウムの海洋への流出量は、今後2年間ではあまり変わらないという推定になっている。

流出量がなかなか減少しなければ、東京湾の汚染ピークは、2年後ではなく、もっと先になるかも知れない。

コメント

北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012-06-13 03:58:18
東京湾に流れ込む荒川の水は1.秩父から流れる荒川本流の水2.鴻巣市で流入する武蔵水路経由の利根川の水3.川越市で合流する入間川の水。大久保と朝霞で取水されるのはいずれもこの「三種混合水」。一方利根大堰の取水口に隣接する行田は谷川・片品・草津・神流を源流とする利根川水系の水。埼玉北東部の農業用水(見沼用水など)もここから取水しているため稲作への影響を考える上で極めて重要なポイントになる。江戸川の場合には渡良瀬川と谷中湖からも流入あり。
鮫吉 @samekichi1763 2012-06-13 12:37:02
水中で粘土質などに吸着されている状態のCsの割合はどのぐらいなんだろう?大きな川の下流ではかなりの割合で吸着されていそうな気がする。上流のほうの森から湧き出した『森の栄養をたっぷり含んだきれいな清流』のほうがヤバイ状態のCsを多く含んでいる気がしてならない。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-06-13 12:52:03
淡水魚の調査からは、渓流部のイワナ・ヤマメほうが汚染が高そうなデータもあります。但し、上流部の貧栄養環境では、森から出てきた栄養を効率よく使っているためかもしれません。(量で比較したら、中流部の方がCsは多いかも。)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする