2012年6月12日

西川峰子2

峰子ふたたび…
0
カルヴァドス @cornelius0321

①3月14日は夜しか仕事がなかったので、夕方ごろまで寝ているつもりだったが、朝10時ごろに一度目が覚め、何気なくテレビをつけたら、関西テレビ「よーいドン!」のゲストが仁支川峰子。

2012-03-15 05:49:12
カルヴァドス @cornelius0321

②まさか、峰子のことでまたつぶやくことになるとは思ってもみなかった。よくよく縁があるのだろう。ただし、半分寝ながらの視聴なので、ところどころ、あやふやかもしれないのでご容赦を。

2012-03-15 05:49:00
カルヴァドス @cornelius0321

③峰子が西川から仁支川に改名したのは、姓名判断の先生に、「西川峰子という名前は、40歳で終わっている」と言われたことがきっかけだったという。2009年のことだ。

2012-03-15 05:48:48
カルヴァドス @cornelius0321

④峰子が40歳だったのは1998年。そう、那須高原に新築したばかりの別荘が台風による豪雨で、無残に流されてしまった年である。

2012-03-15 05:48:34
カルヴァドス @cornelius0321

⑤前夫との関係も冷え切り、ストレスで顔面に麻痺が出るほどだった。こうした過去の悪縁を断ち切ろうと思い立ったのだろう。峰子は改名を決意する。

2012-03-15 05:48:23
カルヴァドス @cornelius0321

⑥しかし、この後、峰子に更なる悲劇が襲いかかる。峰子は2010年に甲状腺乳頭癌を発症してしまう。

2012-03-15 05:48:07
カルヴァドス @cornelius0321

⑦数時間に及ぶ大手術が終わった後、止血が不十分だったので、止血のための再手術を行うことになった。短期間のうちに全身麻酔を2度もすることになり、生命の危機に見舞われる。3日間意識不明だったそうだ。

2012-03-15 05:47:56
カルヴァドス @cornelius0321

⑧前回のツイートで、私は峰子を「受難女優」と呼んだが、それはやはり間違いではなかった。http://t.co/S0R0fQKp

2012-03-15 05:47:38
カルヴァドス @cornelius0321

⑨生死の境をさまよった人は「あの世とこの世を行き来した」というようなことを言うらしいが、峰子は「この世と宇宙を行き来してきたわよ」とあっけらかんと答える。壮絶な臨死体験。宇宙まで行って帰ってきた峰子姐さん、向かうところ敵なしだ。

2012-03-15 05:47:27
カルヴァドス @cornelius0321

⑩峰子のすごさは、こうした苦難に押しつぶされることがなく、すべて前向きにとらえるという点だ。究極のpositive thinkingである。「平成の塩沢とき」と呼ぶことにしよう。

2012-03-15 05:47:10
カルヴァドス @cornelius0321

⑪それまでは、体形を維持するために、好物のとんかつも衣を外して食べていたが、生まれ変わったのを機に、好きなことをして人生を楽しもうという気になり、衣付きのとんかつを、心底おいしく味わって食べるようになった。

2012-03-15 05:46:53
カルヴァドス @cornelius0321

⑫ふくよかになってきた峰子の体形は、とんかつ解禁によるものであることがこうして判明した。小学館から『西川峰子やせて幸せ』という本を出していたのは遠い昔…。

2012-03-15 05:46:36
カルヴァドス @cornelius0321

⑬久しぶりに「人生一花」という新曲を出すことになったが、峰子のオフィシャル・ウェブサイトの更新は2010年で止まっている。管理する人いないのか。

2012-03-15 05:46:20
カルヴァドス @cornelius0321

⑭10代の頃、親のために家を建ててあげて以来、峰子といえば「普請マニア」といえるくらい何度も家を建てている。賽の河原の積石のように、何度でも建てる。流された那須の別荘も、また同じ場所に再建。あと11年もローンが残っているそうである。<この話題終わり>

2012-03-15 05:46:07

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?