10周年のSPコンテンツ!

佐賀大学・出原研によるアトピー性皮膚炎慢性化機構の解明

アトピー性皮膚炎の慢性化にペリオスチンという細胞外タンパク質が果たしている機構が佐賀大学・出原教授の研究グループにより解明され、評価の非常に高い医学誌 Journal of Clinical Investigation に掲載されました。 直接の薬剤の開発ではありませんが、機構の解明という研究の性質上、いくつかの既存薬剤をアトピー性皮膚炎に適用する可能性を示唆する研究でもあります。 (佐賀大学出原研HP) http://www.biomol.med.saga-u.ac.jp/medbiochem/AD-PN.html (論文の解説ブログ:蝉コロンさん) 続きを読む
健康 医療 ペリオスチン アトピー
48
宮さん(宮崎駿)bot @miyasan_bot
アトピーになろうが、なにになろうがとにかく生きていこうという、子どもをつくって一緒に苦しんだほうがいいというふうに思うようになった。だから若い人に子どもはつくれっていいます。 http://t.co/6eKskYyh

佐賀大学の研究グループ自身による解説

ANN news
アトピー性皮膚炎の原因解明 佐賀大学研究チーム
(12/06/12)

agroecotech @agroecotech
ニュース - 科学&宇宙 - アトピー性皮膚炎の原因蛋白質を特定(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト http://t.co/cUSxLAXs @natgeojp 朗報!
リンク ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト ニュース - アトピー性皮膚炎の原因蛋白質を特定 - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくなどを長引かせ悪化させる仕組みと、その原因となるタンパク質を、佐賀大学医学部の出原賢治教授や九州大学、岐阜薬科大学などのチームが特定した。
安倍吉俊 @abfly
アトピー性皮膚炎の原因蛋白質を特定 - ナショナルジオグラフィック - 『抗原がなくても症状が継続して慢性化する「悪循環」の仕組みを突き止めた』すばらしい! http://t.co/y8yIpHi7
ユウキ サンタ @hanaboushi
アトピー、慢性化のタンパク特定 佐賀大などのチーム - 47NEWS http://t.co/gYZasf6rアトピー性皮膚炎の、慢性化の仕組みを解明か。ペリオスチンは皮膚の組織にくっついて炎症を引き起こす別のタンパク質を作り出すことで、抗原がなくても炎症を継続させることを発見。
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar
アトピー慢性化の原因発見―「ペリオスチン」のメカニズム - NAVER まとめ http://t.co/GnOatmw6
リンク NAVER まとめ アトピー慢性化の原因発見―「ペリオスチン」のメカニズム - NAVER まとめ アトピー性皮膚炎が慢性化する原因物質と、そのサイクルが明らかになりました。「ペリオスチン」「インテグリン」「炎症性メディエーター」という3つのタンパク質が関わっ...
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar
【医学】佐賀大の出原先生のグループがアトピー性皮膚炎の原因蛋白質をペリオスチンと特定した原論文 http://t.co/5QNVnsJ2 (オープンアクセス)。ペリオスチンは気管支喘息の繊維化の寄与なども同グループにより報告されている。http://t.co/E2m6VxiO
蝉コロン @cicada_colon
[科学]「アトピー慢性化の原因たんぱく質を発見」という報道の論文を読んでみました http://t.co/Qo4LhXAh
リンク はてなダイアリー 「アトピー慢性化の原因たんぱく質を発見」という報道の論文を読んでみました - 蝉コロン http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120612/k10015762871000.html 個人的な事情でこういう脳天気な見出しに..
薬作り職人 @drug_discovery
薬剤のターゲットとしては、やはり低分子でシグナル抑制を攻めたいとこ。このセオリーだと、JAK阻害剤は効果あるよね。 / “「アトピー慢性化の原因たんぱく質を発見」という報道の論文を読んでみました - 蝉コロン” http://t.co/9LAxotCD
上海II @shanghai_ii
特許出願: アトピー性皮膚炎の検出方法および予防・治療剤のスクリーニング方法 http://t.co/84JmCLGj
リンク t.co J-STORE(~アトピー性皮膚炎の検出方法および予防・治療剤のスクリーニング方法 出原 賢治 特願2009-174692~) 【課題】マーカーを利用したアトピー性皮膚炎の検出方法、およびアトピー性皮膚炎の予防・治療剤のスクリーニング方法が求められていた。【解決手段】生体試料におけ...
上海II @shanghai_ii
アトピー性皮膚炎治療薬開発用リード化合物の探索方法 出原賢治 (PDF) http://t.co/6wjYTeAN

以下はおまけの雑談と参考資料です。

s_matashiro @glasscatfish
アトピー性皮膚炎にペリオスチンが関係という佐賀大・出原研のJCI論文。 http://t.co/vu1aUKUL マトリクスの蛋白標的で抗体医薬は実用化キツイが、イヌのアトピーでペリオスチンと同時に PPARγとかDPP4とか動くのだとか http://t.co/zntrqhkc
リンク t.co Gene expression in canine atopic dermatitis a... [J Dermatol Sci. 2009] - PubMed - NCBI PubMed comprises more than 21 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to full-text content from PubMed Central and publisher web sites.
s_matashiro @glasscatfish
PPARやDPP4は既に薬が沢山ある。実際にマウスのアトピーモデルでPPARα作動薬が効いたという論文が九州大皮膚科から http://t.co/Qtv9Ky8g でも、PPARγでなくPPARα。元々は高脂血症などの薬。
リンク t.co Topical application of PPARα (but not β/δ or γ) supp... [Allergy. 2012] - PubMed - NCBI PubMed comprises more than 21 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to full-text content from PubMed Central and publisher web sites.
Tarabagani @tarabagani
この前トマトから見つけたってのもPPARαアゴニストでしたね。 RT @glasscatfish PPARやDPP4は既に薬が沢山ある。実際にマウスのアトピーモデルでPPARα作動薬が効いたという論文が九州大皮膚科から http://t.co/O5gdQgUa
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする