2010年6月27日

「超能力は存在する」まとめ

あなたの超能力を他者に説明する参考資料になれば幸いです。
12
al (⃔ *`꒳´ * )⃕↝ sinceK @alsinceke

瞑想って何も考えないことなのかな…。テーラワーダのヴィパッサナーって高速度のラベリングでいろんなことやっているような感じだし…。QT @70702: …でも、自分は瞑想して本当に「なにもしない」でピュアな状態でいることが、いかに難しいかを知っちゃったからな…。

2010-06-25 22:05:40
al (⃔ *`꒳´ * )⃕↝ sinceK @alsinceke

最近は意識的に共感覚をやる、というのをやってみて経験の変化があった。ヴィパッサナー的に言葉でラベリングするのではなく、音や色形を対応させていく。やってみると周りの景色や音が鮮やかなものになる。翻訳の努力をすると言葉への見え方が変わるのと似ている。

2010-06-25 22:18:10
al (⃔ *`꒳´ * )⃕↝ sinceK @alsinceke

久々のツイートで舌がうまく回らない。メモ代わりにツイートしたいな、と思っているのは、スティーヴン・ミズン『心の先史時代』の「認知的流動性」の話。言葉の起源。あれとこれをメタファーでつなげられるという能力が決定的だった、それは3万年くらい前、ラスコー、トーテム、農業もそこから。

2010-06-25 22:20:44
al (⃔ *`꒳´ * )⃕↝ sinceK @alsinceke

チョムスキーの生成文法の考え方を批判しつつ発展してきた、認知言語学。山梨正明等。身体性に根ざしたもの。イメージスキーマ。ゲシュタルト。構成要素の総計からは予測できない全体のまとまりをもつゲシュタルトで、人は言葉を文を理解する。じゃあ感覚間のマッピングの仕方を意識的に変えてみたら?

2010-06-25 22:24:40
al (⃔ *`꒳´ * )⃕↝ sinceK @alsinceke

最近やってる、共感覚遊びの一例。鳥の鳴き声を光とかたちに置き換え、それをぼやっとした球体を浮かべた中に書き込んでいく、音を視覚化する。あるいは視覚を音や味にする。そうした遊びをしていると、例えば電柱についたコケの鮮やかな緑色に気づく。また頭が軽くなる。見ていなかったことに気づく。

2010-06-25 22:29:37
al (⃔ *`꒳´ * )⃕↝ sinceK @alsinceke

本物の共感覚者の例では、痛みにオレンジ色がついていたりするらしい。体の内部感覚も別の感覚領域と結びついて同時に作動するらしいのだ。物理学者のファインマンは数式が色で見えたとか。私でも例えば思索の「青」はわかるような気がする。14歳の「青い心」などもわかる。

2010-06-25 22:34:31
al (⃔ *`꒳´ * )⃕↝ sinceK @alsinceke

いろんな色が見える、人間のオーラっていうのも、感覚間のマッピングと関係しているのかもしれないと思う。その人が発している情報を、とりあえず別の感覚領域に持っていくことで、情報の処理がしやすくなる。無意識な感知や思惟も含んでいる。とりあえずそんなことではないか、と気づいた。

2010-06-25 22:37:08
ねん01=SAN @nenten

例えば重度の統合失調症の場合、他者の心が音声として聞こえてくるかのような認識が生まれることがあり、それも同じ原理ではないかと思っています。 省略RT @alsinceke いろんな色が見える、人間のオーラっていうのも、感覚間のマッピングと関係しているのかもしれないと思う。(略

2010-06-25 22:42:29
ねん01=SAN @nenten

超感覚的知覚を病理化する社会的圧力を僕は感じる。幻聴、幻覚は治療しなければならず、異常なのだと。でも、みんな異常だよ。そんな受け売り。

2010-06-25 22:46:10
いぶりぃ @iwri

シュタイナーが20世紀には、超感覚的知覚を持つ人が増えるが、それが何かわからずに精神病院に行ってしまうみたいな話してます。 RT @nenten 超感覚的知覚を病理化する社会的圧力を僕は感じる。幻聴、幻覚は治療しなければならず、異常なのだと。でも、みんな異常だよ。…

2010-06-25 22:50:42
ねん01=SAN @nenten

なるほど。自分は人間関係が壊れたのを幻聴のせいにしてて、幻聴が嫌いになってそれを消す瞑想を開発しちゃってました。RT @iwri シュタイナーが20世紀には、超感覚的知覚を持つ人が増えるが、それが何かわからずに精神病院に行ってしまうみたいな話してます。

2010-06-25 22:58:54
ねん01=SAN @nenten

そんなに現実と乖離しない幻覚でも、結構日常生活に支障をきたす場合がある。幻聴と自然音は当時自分には区別できなかったので、たまに幻聴で聞こえた話に反応したりして変な目で見られた。中途半端にしか聞こえないから何でもかんでも分かるわけじゃないし。

2010-06-25 22:50:02
ねん01=SAN @nenten

当時区別できなかったと書きましたが、今は日常生活では、一般的な意味での幻聴というものを聞くことは無いです。

2010-06-25 22:52:18
ねん01=SAN @nenten

瞑想開発っていうか、「思い方」を調べた、分かってたって感じで、かみさまに思いが通じたその瞬間に、幻聴がもう聞こえないんだというフィードバックがありました。「かみさま」というのは、俺に取ってそう思えば幻聴が聞こえなくなるから、そのように思っただけで、具体的な信仰ではないです。

2010-06-25 23:16:47
ねん01=SAN @nenten

幻聴がもう聞こえないというより、もう「 」なんだね。と言った感じですが。

2010-06-25 23:19:23
ねん01=SAN @nenten

聴く気あればみんな、幻聴聞けるようになると思うけど、幻聴と自然音が区別できない場合ほんとキツいから聴きたい人はそこらへんの術式の調整はしっかりやっておくことをオススメする。有名なのは、守護霊を介して会話する形式のように、チャンネルを合わせたときだけ聞こえるようにする方法とかね

2010-06-25 23:26:34
ねん01=SAN @nenten

っていうか、誰でも聞こえるのではないとしたら、特別な人が存在して、その人が差別的に扱われることになるから、誰かしか扱えないというのは絶対に容認できない。

2010-06-25 23:29:24
いぶりぃ @iwri

完全に同意です。 RT @nenten っていうか、誰でも聞こえるのではないとしたら、特別な人が存在して、その人が差別的に扱われることになるから、誰かしか扱えないというのは絶対に容認できない。

2010-06-25 23:35:35
ねん01=SAN @nenten

有名というのは、テレビで見かけることがありそうな手法なので分かりやすいかなという意味であって、その真偽について何も論じるつもりは無いと言うことは留意して欲しい。俺が直接何かできるわけではないですし。

2010-06-25 23:33:42
ねん01=SAN @nenten

さらに留意して欲しいのは、統合失調症治療をなくすべきだというつもりは無いということ。割とまともに幻覚があるひとだったら、本人の損得を判断して選択すれば良いだろうし、明らかにヤバイなら周囲の人が連れて行く形で、治療の役割はあるはず。もちろん、治療で幻覚が治る保証は無いですが。

2010-06-26 00:00:40
ねん01=SAN @nenten

俺としては、全ての認識は幻覚だと思うけど、狭義的な幻覚について大まかに分けると、意味の弱い幻覚と、強い幻覚。前者は一般に共感覚と呼ばれるような、物理的刺激に対し、刺激と異なる色や形や音などが意味も無く認識されること。

2010-06-26 00:31:51
ねん01=SAN @nenten

後者は何か言葉が聞こえたり、蛇とかの恐いものが見えるとかの、なにか強い意味が認識されること。幻覚者に取っての幻覚が全て明瞭に区別されるとは限らず、オーラを見てその意味を認識する者に取っては、単なる色、形からも強い意味が現れてくるだろうし、

2010-06-26 00:32:40
ねん01=SAN @nenten

意味の強い幻覚を見ている人が意味の弱い幻覚を見ることもあるだろう。意味の強い幻覚について、さらに分けると、統合失調症の症状とそうでないものがある。統合失調症であるかどうかは社会的な評価でしかないので、医療機関で診断され、治療中の場合の幻覚をそう呼ぶことにしよう。

2010-06-26 00:32:45
ねん01=SAN @nenten

【訂正】統合失調症であるかどうか→統合失調症による幻覚かどうか

2010-06-26 00:34:53
ねん01=SAN @nenten

自分に取ってはどうってことは無いのだが、「統合失調症」という言葉の持つネガティブイメージがかなり強いらしいということを何となく感じることがあるので、排除を感じていやだという感覚を覚えつつ、あえて統合失調症の症状ととそうでない幻覚を分けてみた。。

2010-06-26 00:50:26
残りを読む(71)

コメント

ねん01=SAN @nenten 2010年6月27日
ちょっと追加しました!いつでもご意見どうぞ〜
0
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku 私の意見が共感覚者の典型例だとは思ってないが、先天性の共感覚者として共感覚を超能力とかスピリチュアル系と結びつけるのはやめてほしい。『「超能力は存在する」まとめ』 http://togetter.com/li/32021
1
ねん01=SAN @nenten 2010年6月28日
@Cristoforou 先天性の共感覚と「超能力」やスピリチュアル系の境界はどのようにわけるのが妥当でしょうか?
0
秋月朗芳@UFO手帖 @penpal_pfm 2010年6月28日
共感覚については、とても真面目に研究されている方がいらっしゃるので、できればこの本を読んでほしい。たぶんだいぶ認識が変わります『共感覚―もっとも奇妙な知覚世界』http://amzn.to/9J0AFO
1
ねん01=SAN @nenten 2010年6月28日
@penpal_pfm ありがとうございます、ぜひ読んでみます!
0
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku こんにちは。共感覚についてですが、@penpal_pfmさんがおっしゃっているようにハリソンの本(及びシトーウィックの『共感覚者の驚くべき日常』)を読んでいただければ、共感覚が幻覚や幻聴とは区別されることが書かれているかと思います。 @nenten
1
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku 現在の知識だと、共感覚のほとんどは遺伝で起こるものであり、また最新の研究では自閉症やてんかんを司る染色体と関係あるらしいこともわかってきています。 @nenten
0
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku 先天性の共感覚は脳神経の働きによって自然に起こるもので共感覚者にとっては何の変哲もない日常的な現象であり、精神世界とか超能力には関係ないものだと思います。色盲の人にとって色の見え方が違うのと同じです。 @nenten
0
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku 全てとは言いませんが、先天性の共感覚者の多くは自分の見え方がおそらくは遺伝的な脳神経の働きに起因するものであることがわかってもらえず、オカルト的であるとか非論理的であると誤解された経験があるのではと思います。 @nenten
1
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku スピリチュアルなことがらに全く興味がない先天性の共感覚者にとっては、自分のものの見え方が超能力であるなどと言われるのはあまり気持ちの良いものではありません。ゆえに私はスピリチュアル系の方々には共感覚を誤解してなにか過剰な意味づけをしたりしないでほしいと思っています。 @nenten
1
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku なお、去年表象文化論学会でこういうパネル http://repre.org/repre/vol9/conference04/panel04.html をやったのですが、これは.reviewさんのサイトで活字化される予定です。そのへんで私を含めて何人かがこういう話を書く予定です。 @nenten #commu2010
0
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku あと、全然関係ないバカ話になりますが、先天性の共感覚者はトクなところもあれば損なところもあります。私の場合、山手線がどうしても茶色に見えるので、東京に出てきた時緑が山手線というのがなかなか覚えられませんでした…私は共感覚が軽いですけどもっと強い方はいろいろご苦労があるそうです。 @nenten
0
ねん01=SAN @nenten 2010年6月28日
@Cristoforou お気持ち大変わかりました。遺伝については、(脱)メチル化などによる遺伝子の機能の変化等はあるようですが、遺伝子が後天的に変化して、共感覚的な機能を引き起こす要因となるタンパク質を生成することはあり得るのか、あるならば遺伝子変化の要因はなんであるか、について寡聞であり、オッカムのカミソリに従って僕には反論の余地がありません。また、共感覚のイメージに対する社会的悪影響があることからも、僕自身は共感覚という用語はできるだけ避けるようにします。
0
ねん01=SAN @nenten 2010年6月28日
@Cristoforou 紹介してくださったページも大変興味深いです。たくさんの情報をありがとうございます!
0
saebou @Cristoforou 2010年6月28日
#kyokankaku ありがとうございます。なお、後天的な共感覚についてはアルコールや薬物を用いた研究もあるようです。先天性の共感覚者でも、共感覚の集いに行くとどの薬があわないとかいう話がよく出ます。 @nenten
1
ねん01=SAN @nenten 2010年6月29日
わずかですが自分も先天的な共感覚があるので興味深いです。ありがとうございます。
1
ねん01=SAN @nenten 2010年6月29日
共感覚以外の言葉を考えてまとめにいれました。引き続き意見募集中ですのでよろしくおねがいします。
0
ねん01=SAN @nenten 2010年7月3日
はてブコメで、「どうもスプーンは曲がらないみたい。」と書いてくださった方がいるが、僕はスプーンが曲がらないということは書いてないです。
1