翻訳フォーラムシンポジウム 実況ツイート集

2012年6月15日に開催された「翻訳フォーラムシンポジウム」の実況ツイートをまとめました。
セミナー 翻訳フォーラム 翻訳
21
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
翻訳フォーラムの公式アカウントを開設しました。よろしくお願いしますm(._.)m Buckeye
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
当面は、6月15日に開催するシンポジウムと大オフに関する情報などを流してゆきます。ツイートは、シンポジウム・大オフの幹事団を中心に関係者が行う予定です。 Buckeye
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
翻訳フォーラムシンポジウムのお知らせページ http://t.co/HqfSaNei Buckeye
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
今回のシンポジウムでは、会場面でGMOスピード翻訳株式会社さんにご協力いただいています。私とBuckeyeさんが同社で打ち合わせした様子が、以下のブログに書かれています。 バックステージ http://t.co/pxNjdMVd
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
同じ投稿がFacebookにもアップされています。 バックステージ https://t.co/xqBmxOHs
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
『通訳・翻訳ジャーナル』2012春の104-105ページに、今回のシンポジウムと連動した連載「翻訳者のための作戦会議室」第1回が掲載されています。執筆はBuckeyeさんです。夏号の発売が5月21日ですので、購入はお早めに バックステージhttp://t.co/WAyWKS58
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
5月21日発売の『通訳・翻訳ジャーナル』2012夏号では、「翻訳者のための作戦会議室」第2回をSakinoさんが担当しています。 バックステージhttp://t.co/gOALfB6d
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
大オフ2012に関して幹事団がやり取りしたメールをざっと数えたら、自分が参加したものだけで350通を超えていた。でも無駄話とは思わない。建設的だと感じている。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
今回は特設ウェブサイト、Twitter、Ustreamなど、これまでにないことを試みている。どれも最初から念頭にあったわけではなく、幹事やその他の関係者とのやり取りから出てきた。自分1人なら永遠に思いついていなかっただろう。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
在宅翻訳者は仕事の性質上、チームプレーを実感することが少ない。その意味でこうして今回チームによるダイナミズムを体感できたのは、自分にとってもいい経験だった。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
今年の大オフ、当初は参加者がシンポジウム50人前後、打ち上げ40人前後と予想していた。それが受付開始から申込が殺到し、会場と打ち合わせて定員を増やし、それでも足りずにまた定員を増やし、1週間でシンポジウム70人、打ち上げ61人の参加予定となった。ありがたいことだ。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
大オフ参加者の中には、北海道、長野県、滋賀県、奈良県、大阪府、岡山県から来る人もいる。当日を楽しみにしているという声も多くいただいた。幹事団は期待に応えられるだろうか。可能な限り応えたいが。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
前のツイートで「シンポジウム70人、打ち上げ61人の参加予定となった」と書きましたが、これは幹事を含めた人数です。ちなみに現時点でまた増えています。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
大オフでシンポジウムをしようとBuckeyeさんとSakinoさんから提案されたのが、昨年の8月。ただ年内では準備期間が短いということになり、その年は飲み会だけとなった。そして今年1月、幹事が集まって話し合い、現在の内容が固まった。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
シンポジウムは内容が決まるまでが一番難しい。「決める」ではなく「決まる」、つまり全員が納得し腑に落ちるまで、短いこともあれば長いこともある。しかし決まってしまえば、準備が9割方終わったと言っても過言ではない。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
とはいえ会場の手配、申込方法の策定、当日の段取りなど、すべき作業はいろいろある。そうした運営面は、基本的に私の担当となる。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
BuckeyeさんとSakinoさんが大将で、私が参謀。大将は「戦するぞ」とだけ言えばいい。兵や馬や食糧がどれくらい必要なのか、それらをどうやって調達するのかはこちらの領分。大将は自身の発表に専念していただければいい。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
運営側に回ると、参加しているだけの時は気づかなかったことがいろいろ見えてくる。滞りなく進行しているイベントほど、準備に時間と手間がかかっていることが感じられる。観客席からは見えないものが見えるところに、舞台裏(バックステージ)の醍醐味がある。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
『通訳翻訳ジャーナル』2012年夏号、本日発売。6月のシンポジウムと連動した連載「翻訳者のための作戦会議室」第2回をSakinoさんが担当しています。http://t.co/tlJd48xe バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
大オフ2012シンポジウムに参加予定の皆様。シンポジウムの受付開始は12:30からとさせていただきます。講演開始直前のご来場は、会場のあるビルで勤務されている人達が昼食から戻ることもあり、エレベータの混雑が予想されます。なるべくお早めのご来場をお願いいたします。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
大オフ2012の申込受付、本日終了しました。たくさんのご連絡、ありがとうございました。 バックステージ
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
明日の大オフ2012シンポジウムで使用する資料を以下にアップしました。 http://t.co/4ODTUrgv
高橋聡/禿頭帽子屋 @baldhatter
【告知】明日6/15午後1:00より、翻訳フォーラム主催のシンポジウム「翻訳者の頭ん中 翻訳中の思考プロセス」をUST中継、ならびにTwitter実況します。USTチャンネルはHonyakuForum。Twitterハッシュタグは #FHON2012 です。
高橋聡/禿頭帽子屋 @baldhatter
明日の天気は大丈夫っぽい。参加者の皆さんの中に強力な晴れ男/晴れ女さんがいらっしゃる模様。 #FHON2012
翻訳フォーラム公式 @FHONYAKU
明日の大オフ2012シンポジウムで使用する資料を追加修正しました。http://t.co/4ODTUrgv
残りを読む(269)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする