編集可能

”探耽求究”ダンタリオン教授の明智光秀謀反の謎

自分用です。 アニソン三昧TLに流れる教授のtweetが面白そうだったので。
4
偽教授 @tantankyukyu

明智光秀が信長にいじめられていたとか、恨みを抱いていたとか、裏付けとなる証拠は何ひとつ残っていません。江戸時代初期にさえすでに、「結局明智光秀は何で裏切ったんだろうね」って歴史の謎になっていた。

2012-06-16 21:46:58
偽教授 @tantankyukyu

で、光秀が信長を恨むことになった経緯の創作ストーリーがたくさん書かれた。母親を殺されたとか、本願寺討伐をめぐって意見が対立したとか、饗宴の鯛が腐っていたから殴られたとか。

2012-06-16 21:47:41
偽教授 @tantankyukyu

全部、江戸期の創作です。史実と確認できる逸話はひとつもありません。

2012-06-16 21:47:54
偽教授 @tantankyukyu

司馬遼太郎のものなど本当に傑作だ。浅井長政の髑髏で作った杯を無理やり信長に飲まされられて恨みを抱いていた、というんだ。大河ドラマにまでなった有名なエピソードですけど、司馬遼太郎の創作です。

2012-06-16 21:49:00
偽教授 @tantankyukyu

そんな頃から恨んでいたならもっと早くに出奔するだろうよ。

2012-06-16 21:49:31
偽教授 @tantankyukyu

浅井親子の頭蓋骨を「杯にして、回し飲みさせた」というのは、おそらく、司馬遼太郎の創作だと思う。すっごくがんばって江戸期の文献を調べまくりましたが、該当するエピソードは一つも見つかりませんでした。

2012-06-16 21:51:36
偽教授 @tantankyukyu

ほんとうは、頭蓋骨に漆を塗って金箔で装飾を施して、飾った、というのが史実であるらしい。杯に用いてはいない。

2012-06-16 21:52:19
偽教授 @tantankyukyu

光秀自身の言葉として、確かに史実としての裏付けがあるものは、私は二つしか知らない。

2012-06-16 21:57:13
偽教授 @tantankyukyu

ひとつは、最近発掘された部下宛ての書簡で、内容は「おう野郎ども!大将のお許しが出た!比叡山の坊主どもを皆殺しにするぜ!」

2012-06-16 21:57:50
偽教授 @tantankyukyu

もう一つは、家臣宛ての家訓で、「いやー、俺けっこう雑草魂な出自なんだけどさー、やっぱりひとえに信長公が俺を引き立ててくれたから今があるわけなんだよねー」

2012-06-16 21:58:33
偽教授 @tantankyukyu

なんでこういう人が信長を殺したりするのか、僕にもわかりません。

2012-06-16 21:58:51
偽教授 @tantankyukyu

細川親子宛ての書簡もまあ光秀の真筆とみて間違いないかな。でもあれ、本能寺の変の後に書かれたものなのが残念。

2012-06-16 21:59:56
偽教授 @tantankyukyu

光秀と個人的に知り合いだった世代の武将の回顧録ですら、「明智さんってあんなに信長公に忠実ないい家臣だったのに、なんで裏切ったりしたんだろうね。世の中わからないね」なんて書いてあったりする。

2012-06-16 22:02:42
偽教授 @tantankyukyu

明智光秀の人物像といえば、なぜかルイス・フロイスは光秀がものすごく陰険で嫌な性格の嫌われ者だった、ってさんざんにこき下ろしてる。個人的な恨みでもあったのかもしれないが、ルイス・フロイスの人物評はあてにならない部分が多いし、よくわからない。

2012-06-16 22:13:28
偽教授 @tantankyukyu

「俺は他人に嫌がらせをする方法を七十二通りも知ってるんだぜ、ぐっへっへ」とか事あるごとに口にしては周囲をげっそりさせていた、んだそうだ、明智光秀は、ルイス・フロイスの言うことが本当なら。

2012-06-16 22:14:31

コメント

小野仁@豊原航技 火曜日 西地区 つ05a @yukikazemaru 2012年7月16日
ルイス・フロイスは「キリスト教に対する姿勢」で、人物評が大きく大きく変わってしまうとききました。
0