ブッダとラゴラと太陽信仰

ブッダの実子・ラーフラ(ラゴラ、羅怙羅)の名前には、「障害」の義が込められていると解されてきました。 すなわち、ブッダが出家するに際しての障害だったが故に、このように名づけられたのだ――と。 しかし、そのような定説に対して、「そうとは限らないんじゃないの?」という見方もまたあるのです。
ブッダ インド神話 太陽信仰 宗教 インド 仏教
busterbonze 3884view 3コメント
23
ログインして広告を非表示にする
残りを読む(52)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする