Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

大学の授業の教授方法について

渡邊芳之 @ynabe39 先生を中心に大学の授業の教授方法についてをまとめました。なお後日関連つぶやき、感想など随時更新しています。
184
まとめ 大学の多人数教授方法の今 大学の授業の教授方法について https://togetter.com/li/322591 732 pv 1

談議始まり

伊藤 剛 @GoITO

関東地方某県の某私大では、教員に対して「パワーポイント使用禁止令」があるというにわかには信じられない話を聞いた。学生が寝るからなんだそう。事務方はむしろ授業でパワポを使うことを推奨してるんだが、パソコンを使えない専任の先生方が「禁止」と主張しているとのこと。

2012-06-17 00:00:33
渡邊芳之 @ynabe39

「教員がパワーポイントを授業で使うことは学生の側にはとくにメリットはない」とは私も思っている。板書のほうがノートも取りやすいし集中できることが多いと思う。

2012-06-17 08:27:44
渡邊芳之 @ynabe39

ただ教員の側の「授業のやりやすさ」はプレゼンソフトにより格段に向上する。授業コマ数が激増するなかで「必要悪」ではあると思う。

2012-06-17 08:29:40
Hiroaki Yutani @yutannihilation

@ynabe39 敢えてメリットをあげるなら、ノートを取らなくていい言い訳にできる、とかじゃないでしょうか。

2012-06-17 08:31:45
Hepokotenor @Twhepoko

@ynabe39 鬼のような板書は、考える時間を与えません。パワーポイントと上手にミックスして使うのが私は好きです。私は技術系の従業員に教えてるだけなので、 先生のように高度な内容でないことが前提ですが。

2012-06-17 08:32:15
伊藤 剛 @GoITO

個人的には、板書とパワポの併用がベストなんだが、教室によってはスクリーンを下すとホワイトボードが全部隠れてしまったりするので使えない。

2012-06-17 08:38:01
渡邊芳之 @ynabe39

少なくとも日本の大学生については「ノートを取ること」は「授業(の内容)をきちんと聞くこと」の大切な要素です。「ハンドアウトを事前に配れば授業に集中できる」ということは「ごく一部の学生」でしか生じません。

2012-06-17 08:39:23
渡邊芳之 @ynabe39

ノートを取っていれば寝ませんし,ノートを取るためには板書やプレゼンを読む必要があり,教員の話を聴く必要があります。大学の授業は「興味がある人や聴きたい人だけが集まる講演会」ではないわけです。

2012-06-17 08:40:44
渡邊芳之 @ynabe39

少なくとも板書したほうが「教員のペースと学生のペースが一致しやすい」ことはありますね。 RT @keiroh: 人が手書きできる速さや分量くらいが集中したり理解したりするのにちょうどよいのかなあと感じることはありますね。どこかで研究されてそうだなあ。

2012-06-17 08:43:17
渡邊芳之 @ynabe39

板書をやめてプレゼンに切り替えたことで「1コマで以前よりたくさん教えられるようになった」と感じたならそれはすでに「量が多すぎ」です。少なくとも大学の授業では「プレゼンでも板書と同じ文字量」に抑えないと学生は情報を取りこぼします。むしろ写真や図表を示せることがプレゼンの意義。

2012-06-17 08:45:24
渡邊芳之 @ynabe39

なるほど「アクティブリスニング」ですね,そういう言葉を使うとわかりやすい。 RT @ManaakiMoana: 英語圏でもアクティブリスニングの為には必要言うてます。> @ynabe39「ノートを取ること」は「授業(の内容)をきちんと聞くこと」

2012-06-17 08:46:39
渡邊芳之 @ynabe39

そのまま写すとノートになる板書をしちゃうのも悪いんですがいまの学生に「話を自分で整理してノートを取れ」というのも難しい。 RT @daihiko: 「書いているだけ」という学生が多いのではないかと思い始めて最近はノートを書くことにだけ集中するのはやめろと授業で指導

2012-06-17 08:48:16
渡邊芳之 @ynabe39

高校訪問で授業を見せてもらうといまは高校でも多くの先生が「そのまま写すときちんとノートになる板書」をされています。生徒の能力差をそのまま成績差にしてしまわないためにはしかたないのだと思いますが,そういう経験しかしていない学生に昔ながらの「大学の授業」をやるのは至難です。

2012-06-17 08:51:08
渡邊芳之 @ynabe39

私自身は「授業はプレゼンでやり,しっかりノートを取らせる」ということを原則にしています。学生にはそのように指導しつつ,ハンドアウトがほしければダウンロードできるようにしています。そのへんで学生の能力差や志向の差にある程度対応する。

2012-06-17 08:53:12
渡邊芳之 @ynabe39

しかしハンドアウトを配ったりダウンロードできるようにしたりすると出席をとらないと来ない学生が増えます。「授業に来ないと授業内容を学べない」のでないと学生は授業にきません。そこをどうするか。

2012-06-17 08:54:24
sa @saaa_aaak

@ynabe39 私は使い方だと思います。大人が会社でやるプレゼンみたいな使い方は授業には適さない。でも、板書の代替と資料の提示ということを踏まえて活用すれば、双方にとってメリットがあるのではないでしょうか。現状そのような活用をされていることは少ないというのは確かにあります。

2012-06-17 08:55:31
渡邊芳之 @ynabe39

昔の大学の先生で「板書の下書き」を作っている人は少なかった。多くの人はその場で適当に考えて板書していたと思います。そもそも「授業準備」する人自体が少なかった。プレゼンは事前に作らないといけないので必然的に授業準備して「下書き」しないといけなくなったのはよいことだと思います。

2012-06-17 08:56:57
渡邊芳之 @ynabe39

そもそも大学の授業は「プレゼンテーション」ではないと思うんですよ。プレゼンを使うにしてもそれは意識しないといけない。学会発表などの「プレゼン」と同じ感覚で授業のプレゼンを作っている人はけっこう多いと思いますが,それだと間違いなく情報量大杉。

2012-06-17 08:58:57
渡邊芳之 @ynabe39

それこそ文科省のつくった「大学改革プラン」のプレゼン,あんなのを授業で見せたら学生は全滅です。しかし大学教員に文科省のプレゼンが与える悪影響は甚大で,まさにああいうプレゼンを授業で見せている人がいる。

2012-06-17 09:00:17
渡邊芳之 @ynabe39

私の授業プレゼンの例,このくらいの文字数で1コマ20ページくらいです。字数は板書と同じかむしろ少ないくらい。 http://t.co/xAQriyQf

2012-06-17 09:02:37
拡大
渡邊芳之 @ynabe39

ほんとは15ページくらいなんだけどそれじゃ「少なすぎ」といわれるかと思ってちょっと盛ったw。 RT @daihiko: 僕はそのくらいで1コマ10ページくらいです。

2012-06-17 09:04:22
残りを読む(181)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2012年6月18日
パワーポイント禁止ならキーノートを使えばいいじゃない
4
野島 高彦【化学】引用ツイート確認してません @TakahikoNojima 2012年6月18日
パワーポイントによる授業を受けたことのない教員がパワーポイントで授業するからアレになる.それでは困るので学生向けに対策講座を開くことになる→ http://d.hatena.ne.jp/hrmoon/20120517/p1
0
万年ど素人@如月瑞希 @p_p_m_k 2012年6月18日
パワーポイント&そのデータが配布されていてもなお余白が文字で埋まるくらいノートを取らなければデータ量的にやってけないんですが。ってまぁこんな時間にのんびりネット見てる私が言うのは説得力に欠けるか。
0
mic%親馬鹿です @mic_ab 2012年6月18日
プロジェクターと黒板を同時につかえない教室というのも多い気がする。ちゃんと講義したことない人たちがデザインするとああなるのかなあ。
0
秒速で0.55円稼ぐ男 @nankamoune 2012年6月18日
書くことに必死になって結局内容理解してないって学生も大いにいるからどっちが正しいとも言えん。ノートだけ綺麗なのに勉強はできないって人よくいるし
4
nanopicolab @nanopicolab 2012年6月18日
ノートとるの面倒くさいから、デジカメで撮ってたわ
0
Louis @border1024 2012年6月18日
大学での勉強の仕方に、時代の違いを感じてしまいました。
0
mic%親馬鹿です @mic_ab 2012年6月19日
「黒板やスクリーンをデジカメで撮影してはならない」という規則のある大学もあるらしいんだよなあ。
0
開米瑞浩 @kmic67 2012年6月20日
"プレゼン" と "ティーチング" は根本的に違うものなので、大学の授業でプレゼンやったらそりゃ寝るでしょうね。 でも、板書にして「寝なくなった」からといって「理解してる」保証は無いわけで・・・・
11
石部統久 @mototchen 2012年6月20日
ホワイトボード撮影については過去に議論されていました。ホワイトボード撮影禁止についての議論 http://togetter.com/li/310498 
0
齊藤明紀 @a_saitoh 2012年6月21日
昔はプロジェクタって部屋を暗くしないと読めなくて、暗いから学生が寝やすかった。パワポ禁止起源はそれじゃないかなぁ。
0
いやーぼんぬ @firstmimic 2012年6月21日
使う道具はなんでもいいけど、知識の垂れ流しは駄目だと思う。問題が提起されない、あるいは、問題の提起を促さない授業は駄目なんじゃない?
1
sinstyle @sin1979 2012年6月23日
ハンドアウトを作った方が授業評価が上がるんだから仕方がない。わざわざそれを評価する項目があるくらいだし。講義ってまじで要るのかどうか疑問だわね。やったことないことについて真剣に考えることなんか常人はできんっしょ。
0
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2012年6月23日
ネットで講義すれば、大学の敷地施設いらなくなっていいんじゃないか?入社予備校と化した大学に存在意義はあるのかとも思うが。
0
Mondo Kitaoji @RubberneckChild 2012年6月23日
昔、板書と説明の時間割合が7:3ほどの講義(必修)があって、終了時間を過ぎて休み時間に食い込んでも予定の範囲を書き切れずに終わり、受講側は移動時間が足りず次の講義の開始に間に合わず、なんてことがあったり。
0
うす曇り/N.S @usugumori 2012年6月23日
今の大学は普通にみんなノーパソ持ち込んでカタカタやってるのが普通だろうなと勝手に思ってましたよ。
0
よそびとよ、ようこそ @Shu_yaY_da 2012年6月24日
個人的にはノートとるの下手だからパワポのプリントに書き込んでノートにするのが一番しっくりきた。
0
saebou @Cristoforou 2012年6月24日
世の中には殺人的に文字がヘタだったり、黒板を見ただけで鳥肌が立つ人もいるのですよ。
0
son_in_law @son_in_law 2012年6月25日
ちょっと関係ないが、講義開始時の多少ざわついている教室でいきなり無言で板書を始めるのは、学生を講義に引き込む手段として結構使える。
0
先生@電話相談室 @ryo_mizu 2012年12月11日
やっぱりPPとは別に配布資料はあった方が良いと思うよ。A4用紙1枚に何スライドも印刷する教授とか居たけど、見にくいったらありゃしない。PPの資料はあくまでも補助でそれとは別に印刷した資料を配るのが良いと思う。
0
そるな @Solnafy 2017年6月5日
何度も言ってるけど大学教授って教育者である前に研究者だから、教壇に立った時に「研究者→教育者」っていう切り替えが出来ないと単なる知識を披露するだけで終わるし、それだけならPPも板書も変わらん。
0