編集可能
2012年6月22日

渡邊芳之先生@ynabe39の「自分の買った製品が壊れた時に安い新品に買い換えるか修理して使うかの選択をするのが「ユーザーの権利」とされないことには違和感がある。」

欧米製品の取説にはよく「この説明書の内容はこの製品の使用に関するユーザーの権利を制限するものではない」みたいなことが書いてある。 補修部品についても欧米メーカーの多くは在庫があれば有償で提供して「ユーザーが自分で修理する権利」を認めてくれる。日本の家電メーカーはごく一部の部品を除いて提供しない。もちろん「お客様の安全のため」と言うわけだ。by 渡邊芳之
12
渡邊芳之 @ynabe39

音楽とか出版とか「幻想を売る」仕事では合理化によって切り捨てられたものが「いちばん大事な売り物」だったりするのではないか。

2012-06-21 09:33:27
渡邊芳之 @ynabe39

メーカーが古い扇風機でもコンデンサをたった1個交換してくれればこの種の事故の大部分は防げるのだが。 「節電の夏ですが…古い扇風機、火災注意 30年超で多発」http://t.co/97P2os0q

2012-06-22 00:54:36
渡邊芳之 @ynabe39

モーターの進相コンデンサというやつです。RT @SHIMADEN: コンデンサのたった1個でいいんですか。

2012-06-22 00:56:48
渡邊芳之 @ynabe39

現在はユーザーがコストを負担するといってもやってくれません。 RT @strnh: そのコストは… RT @ynabe39: メーカーが古い扇風機でもコンデンサをたった1個交換してくれれば…

2012-06-22 00:57:43
渡邊芳之 @ynabe39

メーカーが修理をしなくなったのは人件費や部品在庫の面で採算がとれなくなったからだということは長年オーディオをやっているのだから十分わかっているが,そのことでユーザーが自分で修理コストを負担して製品を長く使い続けることも不可能になっていることが「当然」とは思いにくい。

2012-06-22 01:04:28
渡邊芳之 @ynabe39

製品のユーザー側が自発的にメーカーの採算や都合を慮って「メーカーもしかたないんだ」的にあきらめることが「冷静で良識的な態度」とされることにはいつも疑問を感じる。メーカーがユーザーにそれを要請するならまだわかるが,どうしてユーザーが自分からそれを言わなければならないのか。

2012-06-22 02:23:10
渡邊芳之 @ynabe39

修理などのサービスコストを製品価格に転嫁できなくなったことが「修理しない」ことの原因。1970年代まで耐久消費財ではアフターサービスがブランドイメージの核だったがそれを壊したのは安い日本製品が引き起こした低価格競争。

2012-06-22 02:28:45
@te_yoshimura

メーカーも補修部品の在庫に関してはもっと努力して欲しい。あと修理代も安くしてもらいたい。ただ、ユーザーが修理に走れば新製品がその分売れなくなるのは確かなわけで、メーカーもあまりやる気がないのがひしひしと伝わってくる。 @ynabe39

2012-06-22 02:28:54
渡邊芳之 @ynabe39

70年代前半までのアメリカではオーディオや電気製品は「永久修理」が常識だった。その当時に作られた膨大な補修部品ストックはメーカーの多くが日本との価格競争に負けて倒産したり撤退してもアメリカ各地にまだたくさん残っている。

2012-06-22 02:32:53
渡邊芳之 @ynabe39

@te_yoshimura おそらく家電メーカーが昔のような修理をするのはもう不可能なのだと思います。でもユーザーがそれを当然のことと考えなくちゃいけないのもおかしいと思うんですよね。

2012-06-22 02:34:45
@te_yoshimura

本当のエコって修理してモノを長く使うことだと思う。私の場合、自転車、洗濯機、乾燥機がもう25年です。

2012-06-22 02:35:42
渡邊芳之 @ynabe39

電気製品の場合壊れる場所はある程度最初から特定できるので昔のメーカーは製造時に修理分の部品ストックを大量に持ったわけです。それが価格競争でコスト的に合わなくなった。 @CUEICHI

2012-06-22 02:37:40
渡邊芳之 @ynabe39

@te_yoshimura 私もそう考えていますが今それをやるにはいろんなものをある程度自分で修理できないといけない。

2012-06-22 02:38:58
@te_yoshimura

@ynabe39 それを一般ユーザーに求めるのは無理です。

2012-06-22 02:41:02
渡邊芳之 @ynabe39

欧米製品の取説にはよく「この説明書の内容はこの製品の使用に関するユーザーの権利を制限するものではない」みたいなことが書いてある。自分の買った製品が壊れた時に安い新品に買い換えるか修理して使うかの選択をするのが「ユーザーの権利」とされないことには違和感がある。

2012-06-22 02:43:45
渡邊芳之 @ynabe39

補修部品についても欧米メーカーの多くは在庫があれば有償で提供して「ユーザーが自分で修理する権利」を認めてくれる。日本の家電メーカーはごく一部の部品を除いて提供しない。もちろん「お客様の安全のため」と言うわけだ。

2012-06-22 03:06:23
渡邊芳之 @ynabe39

日本の家電メーカーやカメラメーカーが20年前の製品でも完璧に修理してくれた時代を体験しているのはもう私の世代くらいが最後だろう。

2012-06-22 03:09:58
渡邊芳之 @ynabe39

もちろん、カメラ1台やテレビ1台が大卒初任給より高価だった時代の耐久消費財の価値はそれだけのサービスにふさわしいものだったわけだ。

2012-06-22 03:11:49
@te_yoshimura

日本で修理できなくなった工業製品も小さいモノなら東南アジアの修理屋に持って行ってみてはどうか?たいてい全メーカーの全製品を修理してくれる。しかも、修理代は格安。日本にはいなくなった「職人」が東南アジアにはいる。

2012-06-22 03:21:37
渡邊芳之 @ynabe39

@te_yoshimura 日本国内でもたいていのものは直せる人がいるんですけど、メーカーがそういう個人にパーツを供給しなかったりする。私も日本製品のパーツをわざわざ海外から買ったことがあります。

2012-06-22 03:24:07
@te_yoshimura

東南アジアの修理屋にはあらゆる代替パーツがあるんですよ。メーカーのパーツなんて使わないです。もちろん、限界はあると思いますが。 RT @ynabe39: 日本国内でもたいていのものは直せる人がいるんですけど、メーカーがそういう個人にパーツを供給しなかったりする。

2012-06-22 03:26:56
渡邊芳之 @ynabe39

@te_yoshimura いまや電子部品の大半は中国や東南アジア製ですからね。

2012-06-22 03:30:40
@te_yoshimura

インドネシアのカリマンタン島で調査のために持って行った心拍数を計る機械が使えなくなって泣きそうになったことがあった。サマリンダの街の電気屋さんに持って行ったら2日で直してくれた。あんな機械どうやって直したのか不思議で仕方がない。

2012-06-22 03:31:47
渡邊芳之 @ynabe39

ミシン修理でも国産ミシンのパーツが海外に在庫していて取り寄せて修理ということがあるらしい。

2012-06-22 03:31:48
@te_yoshimura

日本では修理のできる職人さんが減っていると思う。最近の電気製品は壊れたら「基盤交換」「パネル交換」くらいしかやることないし、そうなるともう職人さんも必要ないよね。

2012-06-22 03:36:25
残りを読む(34)

コメント

Toshi Motooka @toshi_moto 2012年6月22日
機械式の時計やら電子部品を(余り)使っていないカメラやバイク、自動車などに関して言えば特殊な修理屋さんが存在していて、これらの日本の職人さんたちは世界的に見ても少なくはないし、技術的にも優秀な人が多いとは思います。ただ、物の値段が安くなりすぎるということはこの人達すらも追い込んでいくという事にもなりそうですし、選択を狭める要因にしかならないのは本当なんでしょうね。
1
BUNTEN @bunten 2012年6月22日
何μF何WV(Peak 何V)とか表示があれば安全な相当部品を探して自力で交換可能ではあるのだが…。(つってももうパーツの市場がないかもなぁ。)▼他人のもの修理しろとか言われたら色々面倒があるので(例のPSEなんちゃら騒動)できてもやらんけどね。
0
repunit(Fully vaccinated) @FlatSharp 2012年6月22日
自動車部品はオーダーが一定数集まるとメーカーが純正パーツ生産しますね。家電だとメーカーに拘らなければ修理業者がいますので。
0
BUNTEN @bunten 2012年6月22日
「日本の家電メーカーはごく一部の部品を除いて提供しない。」拙宅の25年もの冷蔵庫は蒸発皿と霜取りタイマーをメーカーから取り寄せて修理したが、冷凍室の扉のパッキンに至って在庫がないと言われた。買い換える金など当然ないので、無理矢理閉める仕掛け作って対応中。
0
BUNTEN @bunten 2012年6月22日
FAX留守電のマイクロカセットのベルトも取り寄せた。パーツがあればわけてくれる(自己責任で修理することを認めてくれる)メーカーの商品をできるだけ選びたいが、俺にはもう財力がない。orz▼一方、ユーザーには何が何でも部品を売らない(修理業者には出す、というのは、おたくは業者かと聞いてきたからだ。)メーカーもある。馬鹿野郎もう来ねぇよウワアァァン。。・゚・(ノД`)・゚・。
0
sakai @SkiMario 2012年6月23日
「自分の買った製品が壊れた時に安い新品に買い換えるか修理して使うかの選択をする」権利はあるけど、それを「“メーカーが”保障する義務はない」ってだけの話じゃないの?多分「自己責任」を認める(受け入れる)社会になればパーツだけを売ってくれるメーカーも増えそう。
0
BUNTEN @bunten 2012年6月23日
ネットさまよってたら、元トランスレステレビの中間周波増幅用の球(真空管)だった3CB6を使ったアンプっつーのが出てきてぶっ飛んだことがある。そう、あの、昔よく投げて割って遊んだ中に大量に含まれていそうなありふれ度だった球。▼高周波向けとして高性能を誇った球なんだが、まさかオーディオに使われるとは。
0
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2016年12月10日
扇風機の電力だと微妙だけど、これより上クラスだと省エネ性や修理技術レベル的に修理をやたら要求するのもどうかなぁ...とは思う。あとそうして修理した後に発火するとかして事故ったときに、その人と世間がメーカーをなじらない、と保障してくれるんならいいけど、実際それは(どこの文化でもという意味で)全世界的に厳しそう。
0