2012年6月23日

学校による生徒への制限について

学校による生徒への制限についてまとめました。
1
神沢野並 @nnm_t

学校で持ち込み禁止物を持ってきた時の反論 「○○は持ち込み禁止だから没収な」 「裁判所が発行した令状はありますか?」 「あるわけないだろ」 「私は所有権を放棄していないので没収したら窃盗罪です」 「校則は守れよ」 「法律に違反した校則は無効です」 「」

2012-06-22 09:08:38
渡邊芳之 @ynabe39

これはけっこう現実的な問題。「学校がなんの目的でどこまで生徒や学生の権利を制限できるのか」ということはきちんと議論されないといけない。「生徒や学生の権利を一切制限しない学校」というのは現実的には不可能だから。

2012-06-22 09:21:05
渡邊芳之 @ynabe39

そもそも「学校に毎日来い」と実質的に強制することはどのような根拠でどのような条件で認められるのか。バカバカしい議論のようだがこれをきちんと考えておかないとそのうちに学校は成立しなくなる。

2012-06-22 09:22:39
@dangohitode

@ynabe39 実際に引き渡しを拒否した生徒にどこまで実力行使して没収できるか、(生徒がけがした場合、先生は免責されるのかという問題もありそうですが。

2012-06-22 09:22:40
渡邊芳之 @ynabe39

今の学校は「生徒の持ち物を没収する明確な根拠」は持っていないと思います。「なんとなく」慣習的に学校はそうしてもかまわないと教師も生徒も親も思っているだけ。誰かが「学校にそんな権限はない」と言い出せば終わり。 @dangohitode

2012-06-22 09:25:32
渡邊芳之 @ynabe39

義務教育の「義務」は生徒に対して課されるものではありませんので,義務教育であってもなくても生徒の権利の制限やその根拠にはとくに差はないと思います。 RT @thigara1989: 義務教育か、そうでないかで話が異なる。

2012-06-22 09:26:49
Chika Takimoto @missbluesguitar

@ynabe39 高校だと入学時に覚書を書いたりしますが、小中学校はどうなんでしょうね。

2012-06-22 09:27:11
渡邊芳之 @ynabe39

いずれその「一筆」が法的に有効かどうかで揉めると思います。 RT @PFH38th: 入学時に「校則には一切意義を唱えません」旨の一筆を書かされる事態が起こり得ますね。

2012-06-22 09:29:54
Chika Takimoto @missbluesguitar

@ynabe39 ちなみに覚書は親に書いてもらいます。没収されても文句言わないというやつです。学校は企業がやってるからみたいなことで、相対評価も校則も内規みたいなもんで決めてますよね。教育の場だからって思い込んでる先生もいますけど。

2012-06-22 09:32:00
渡邊芳之 @ynabe39

その「教育の場だから」という教員の側の「常識」がだんだん社会に共有されなくなっている,というのが私の問題意識です。「ハラスメント」の問題はその典型ですよね。 @Gluck_Katze

2012-06-22 09:34:13
こりさん @koli_san

@ynabe39 それは、法律的な議論と法律的でない議論と、また別れて考えるべき、なのでしょうかね。例えば判例では広範に学校の裁量を認めていますけれども、かなり批判もありますし、また大学と高校以下では相当別れる議論でもあるような気がしたりして。(ごちゃごちゃですいません)

2012-06-22 09:32:50
渡邊芳之 @ynabe39

@koli_san 最終的には法的に議論するしかないだろうと思います。

2012-06-22 09:34:48
Yoshizawa Hiroyuki @histamineY

普通は没収といっても「一時預かって使用を制限する」ですね。学校という公共空間における秩序維持のための裁量として、たぶん訴訟になっても(とくに現在の日本では)通る余地が大きいと思いますQT @ynabe39: 今の学校は「生徒の持ち物を没収する明確な根拠」は持っていないと思います…

2012-06-22 09:36:21
渡邊芳之 @ynabe39

@histamineY それは「学校ではそうしてもかまわない」という社会的同意があるからですよね。その同意が徐々に揺らいでいると思います。

2012-06-22 09:37:08
Chika Takimoto @missbluesguitar

@ynabe39 企業に出るためにしつけないといけないから、と言うとすんなりいいのでしょうか。商業高校で働いてた時は生徒も前向きに?校則を守る不思議な光景を見ましたが、それは職業教育としては正しいんだなと思った記憶があります。

2012-06-22 09:37:27
渡邊芳之 @ynabe39

@Gluck_Katze 「なんのためにそうするのか」ということをまず教員はそれなりに意識をして生徒や親にも説明することが求められるようになってくると思います。ただ「学校の機能」というのはじつは明確に言語化されていない部分が多いのです。

2012-06-22 09:38:50
りっきー @rikky0124

.@ynabe39 学校教師というのは、親から教育権を委託されるものと考える。つまり、他の児童生徒に迷惑をかけない限り、教師は子供に親から求められている教育を行い、親から求められていない教育をしてはいけないと思う。

2012-06-22 09:39:59
渡邊芳之 @ynabe39

それはあなたの考え方ですね。それが正しいとしてそのことは何によって根拠付けられているのか。 RT @thigara1989: 学校教師というのは、親から教育権を委託されるものと考える。つまり、他の児童生徒に迷惑をかけない限り、教師は子供に親から求められている教育を行い…

2012-06-22 09:41:24
渡邊芳之 @ynabe39

まじめに考えないといけない問題です。というか「まじめに考えないといけない社会」になってきた。RT @udon_bose: 高校時代、修学旅行前の所持品検査で『令状は?』と冗談混じりに言った記憶があります。自分自身はこの問題、かなり真面目に考えていましたが…

2012-06-22 09:42:11
Chika Takimoto @missbluesguitar

@ynabe39 そうですね、そういう意味で、成功していたのだと思います。他方で、基礎的な読み書き算を教える小学校でなぜあれだけ統制的な教育方法をとるのかというのが、個人的に気になっています。初等教育で大切なのは内容の確実な修得ではないのかと思うのですが、効率的なのでしょうか。

2012-06-22 09:44:28
渡邊芳之 @ynabe39

@Gluck_Katze 「学校教育の効率とその効率を支えるために許される統制のあり方」についての考え方が大きく変わってきていると思います。

2012-06-22 09:45:20
Chika Takimoto @missbluesguitar

@ynabe39 効率と統制ですね。私はやはり、職業教育機関としての社会からの要請の変化の文脈で説明しないといけないとおもうのですが、これについて教育学的に説明するのは難しい気がします。

2012-06-22 09:49:10
渡邊芳之 @ynabe39

@Gluck_Katze 教育学者はこの話はあまりしたがらないですね。危ないですからね。

2012-06-22 09:49:31
Chika Takimoto @missbluesguitar

@ynabe39 私はこういうところを専門にした教育学者です。全体からははぐれものですが大切なことだと思っています。ありがとうございました。

2012-06-22 09:51:49
残りを読む(9)

コメント

石部統久 @mototchen 2012年7月2日
関連論文「〚国家教育権〛論のイデオロギー構造:親権とのかかわりにおいて」http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/29110/1/24_P71-95.pdf
0