編集可能
2012年6月24日

ファーストサーバーの事故の教訓

gtkさんが書かれたファーストサーバーの事故の教訓をまとめてみました。
27
@gtk

ファーストサーバーの事故を受けて考えていること: 「OSのインストール手順書、それとキッティング手順書は確実に残せ。できれば半年に一度手順書の有効性を確認する機会をもて」これ意外にやってないとこが多い。これやってないと増設時でももたつく。

2012-06-24 00:58:55
@gtk

2.ApacheやMySQLなど、ミドルウェアのインストール手順書もきっちり残せ。これはインフラ部分(管理者権限部分)とアプリケーション部分(ユーザ権限部分)で観点が違うところを特に留意せよ。

2012-06-24 01:00:15
@gtk

3. ユーザコンテンツは、リリース直前の段階で社内のsvnに残せ。checkoutしたものが全部、という状態にするべき。(サーバ上で直接更新したりするな)

2012-06-24 01:01:45
@gtk

4.MySQL等のデータは機器外バックアップを前提とするべき。特に全損すると二度と帰ってこない顧客情報や売上ジャーナルなどは「サーバに置きっぱなしにするな」。(問題は「安全にバックアップ」が意外に難しいところにあり、知恵を使うしかない)

2012-06-24 01:03:13
@gtk

5. WordPressやMovableTypeで構築されたサイトなどは、「全データを保全したい場合はどうするべきか」をきちんと検討するか、ベンダに確証とらせろ。これがすぐ回答できないベンダは切れ。

2012-06-24 01:04:15

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?