10周年のSPコンテンツ!
2
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(1)夢があるというのに、飛び込んでいかない人がいる。やらなくてはならないことがあるのに、すぐに始めない人がいる。そんな人は、夢の前や、やらなくてはならないことの前で立ち往生してしまって、そのことによって、精神の中に、次第に澱のようなもの、複雑屈折するものが溜まっていく。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(2)人間は、さぼっていると、次第に「落ちていくよろこび」に目覚めるものだ。ソファに寝転がって漫画を読んでいて、はっと気づくと、宿題をやっていない。そんなとき、「ああ、私はダメなんだ、どうせダメなんだ」と自己嫌悪に陥り、ますます落ちていってしまう。すぐに飛び込めばいいのに。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(3)対象と、自分との間に、壁を設けてはいけないのだ。対象に没入して、時間の経過するのを忘れてしまっているような、そんな時間だけが裏切らない。自分自身を、夢ややらなくてはならないことの中にエンゲージして、一体となり、世界を忘れてしまう。そんな時間だけが恵みを与えてくれる。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(4)対象と自分たちの間に壁をつくってしまうことが、いかに多いことだろう。実際に自己を投入し始めると、人はむしろ寡黙になるものだ。大言壮語したり、あるいは必要以上に揺れ動いたり、そんな時にこそ人は饒舌になる。夢や、やらなくてはならぬことについて語る。とっとと始めればよいのに。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(6)ぼくもびっくりしたが、そういうことは時々あるのだ。夢が夢であり続けると、次第に現実感がなくなり、自分が没入することもなくなる。とりあえずカナダ大使館か領事館に行くこと、一度カナダに行くこと、英語を始めることをアドヴァイスしたが、似たようなことは誰でもあるだろう。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(7)あるものが「夢」だと思っていたり、「やらなくてはいけないこと」だと思っているのに、対象との間に、劣等感や、どうせできないという諦めや、「皮肉のスタンス」という壁を作っていないか。既得権益や、格差という「壁」も、本当は社会の中ではなく私たちの心の中にあるのだ。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(8)受験勉強から、ライフワークまで、「対象との間に壁を設けず、飛び込んでいく。時間の経過を忘れてしまう」という単純な原理で解決できないことはない。人生は、シンプルでいい。とにかく始めてしまって、没我があるだけ。ところが、受験ではできても、ライフワークではできない人もいる。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(9)ツイッターのTLを見ていると、案外、「夢」や「やるべきこと」という対象と自分との間に「壁」をもうけてしまって、飛び込まずにうだうだ言っているケースが多い。グローバル化やネット文明の偶有性の海に、とっとと飛び込んでしまえばいい。つぶやかれる言葉も、きっと変わるだろう。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ゆと(9)ツイッターのTLを見ていると、案外、「夢」や「やるべきこと」という対象と自分との間に「壁」をもうけてしまって、飛び込まずにうだうだ言っているケースが多い。グローバル化やネット文明の偶有性の海に、とっとと飛び込んでしまえばいい。つぶやかれる言葉も、きっと変わるだろう。
茂木健一郎 @kenichiromogi
おっと、635回だったね。締めくくりでは、訂正しよう。
茂木健一郎 @kenichiromogi
以上、連続ツイート第635回「夢があるのに、飛び込まない人がいる」でした。

コメント

とし @toshihiro36 2012年6月25日
茂木さんの連続ツイート終了5分後ぐらいで、すでに私がまとめてるんだけど。茂木さんのツイートを確認すればわかるよね?どうしても自分用に自分でトゥギャりたいなら非公開でやってくれないかあ。
あるぺ☆@1日目(土)西は09b @alpe_terashima 2012年6月25日
toshihiro36 茂木健一郎のツイートまとめなんて毎回複数存在しているし、誰かの専売特許でも無いのに、この人は何を言ってるんですかね?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする