Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

前川國男の命日によせて 東京文化会館音楽資料室さんのツイート集

まとめました。
0
東京文化会館音楽資料室 @tbkmlibrary

今日は日本の近代建築を代表する建築家、前川國男の命日。1986年81歳で亡くなった。東京文化会館、紀伊國屋書店新宿本館、神奈川県立図書館、同音楽堂、京都会館、埼玉会館、国会図書館新館など今も多くの人に愛される作品を残した。

2012-06-26 16:45:03
東京文化会館音楽資料室 @tbkmlibrary

「前川國男・弟子たちは語る」は設計事務所の所員や弟子が指導を受けた記憶を書きおろしたもの。トスカのアリア”星は光りぬ“を口ずさみながらトレーシング紙に鉛筆を走らせ、所員に突然「バルトークのディヴェルティメントは素晴らしい。聴いたことあるかい」と問いかけあわてさせたなどのエピソード

2012-06-26 16:47:14
東京文化会館音楽資料室 @tbkmlibrary

東京文化会館は最初丸善社長の司忠さんが民間で「ミュージック・ホール」を作る話から始まった。その委員会に前川國男と松田軍平が入っており、東大の図書室でウィーンのシュターツオーパーを調べたりした。その後東京都開都五百年記念事業となり、竣工まで7年かかった。(前掲書、奥平耕造)

2012-06-26 16:48:21
東京文化会館音楽資料室 @tbkmlibrary

【前川國男】「東京文化会館の10年」と題した文章に「この10年好きな音楽を自分の作った音楽堂で心おきなく楽しめたこの身の果報をしみじみありがたいこととお思っている、と同時に設計の失敗点を思うにつけ、音楽堂設計のむずかしさを、つくづくとかんがえさせられます。」と述べている。

2012-06-26 16:49:45
東京文化会館音楽資料室 @tbkmlibrary

【前川國男】「音楽堂」とは、演奏し鑑賞する建物であると同時に、それ自体一個の楽器である。難しい音響設計上の理論にもとづいて精緻な設計が進められできあがったものが、果して作曲家の意図した響きを忠実に実現できるのかどうか。心の底で空恐ろしい不安にかりたてられる様な気がしないでもない。

2012-06-26 16:52:34
東京文化会館音楽資料室 @tbkmlibrary

上野は前川國男が師事したル・コルビュジェ設計で1959年に竣工した国立西洋美術館、1906年に帝国図書館として建てられ安藤忠雄によって再生された国際子ども図書館、少し足をのばして湯島には1896年ジョサイア・コンドル設計の旧岩崎邸など歴史的建造物の宝庫。建築散歩はいかがでしょう♪

2012-06-26 16:54:28

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?