ここまでのTENGAのキセキ

てんねぇと愉快な仲間たちのファンタジー(連載中)
ログ tengaのキセキ
0
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
TENGAのキセキ:わたしはる。世間知らずの自称清純派キャリアウーマン。仕事中にTENGAを検索してしまったことから、てんねぇとして世の中のありとあらゆる下ネタを解決する羽目に!いったいこのあとてんねぇはどうなってしまうの? #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
はるは退屈な毎日にうんざりしていた。「あーあ。もうどいつもこいつも役に立たねぇわ。これで顔がイケメンなら少しはいいのにな…イケメンホストの名前…確か天河っていったな…」そして、変換をあやまったはるはTENGAを検索してしまった。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「ゆずぽんでーす(アヘ顔」「ギムシでーす(ゲス顔」「二人あわせてユズギムシでーす!」二匹のつがい虫がパソコンの画面に突然現れた。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
あまりのひどさにはるは画面を閉じようとしたが「待つんじゃー!!」と雌虫が視点が定まらず悲しそうな瞳をしたので身の危険を感じたはるは、話を聞くことにした。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「説明しよう!あなたは今日からてんねぇとして、このiPadならぬiPatを使って、性なる女神としてがんばってほしいんだよね!フヒッフヒヒヒヒヒ!」と、雄虫がムカつく顔で笑うので、はるはとりあえず前蹴りをお見舞いした。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「ほげっ!」雄虫が痛がっているのを若干気遣いながら雌虫が続ける。「私たちは…そのー、お尻帝国から来たんです。最近尻ンセスわたりーぬ様が元気がなく、四人の性女と虚ろな顔でつぶやくので、お告げと思って探しにきたんです! #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
そんなとき、あなたを見つけたんですよ!あふれる才能!でぇーれぇ、おっぱい!と思いまして、ちょっとパソコンに入って見ました。」と、言い終えると雌虫は疲れた表情でお菓子を食べはじめた。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
とりあえずはるは、なんか大変そうなんだなということは理解したので、iPatを受け取ることにした。「ありがとうよ!後はiPatのナビゲーターにお任せだぜ!フヒッ!」「よろしくお願いします!では時間なので!またお会いしましょう!てんねぇ!」 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
さっそくはるは昼休みを利用してiPatを起動させた。iPatはどうやら普段は胸パットとしても使えるらしい。「大人のおもちゃかよ!」と最初に出てきた説明書きを見ながらはるは思った。すると、画面が切り替わり、ナビゲーターらしき人があらわれた。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「こんにちは!」とはるは呼びかけるが、ナビゲーターから応答はない。帽子も目深にかぶっているためどんな顔かもわからない。数十回呼び続けてやっと、「は、はい…」と声を絞り出した。「あんた、名前は?」「こ、小人のしょーたんです。すみません。すごい、人見知りで…」 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
話を聞くと、どうやらしょーたんはハイパーシャイの人見知りらしい。それを克服するために今回ナビゲーター役に自ら立候補したと。はるは、自分の新入社員時代を思い出した。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
すごい人見知りで今も人の目が見れないけど、頑張って働いてる自分に一生懸命説しょーたんが重なった。「あんたとならとりあえずてんねぇ、やっていけそうだよ。」と、てんねぇが笑いかけると、しょーたんは困ったような嬉しいような笑みで応えた。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
こうして、はるのてんねぇのしての日々がはじまったのであった #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
【予告】てんねぇとしての活動をはじめたはる。徐々に明らかになるお尻帝国の危機。4人の性女は四天王?セクシー主婦の眼鏡が光る!よつばああああああああっ!ここまでのあらすじは #TENGAのキセキ からどうぞ!
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
はるがてんねぇとしての活動をはじめてからはや一週間、これといって特に進展はないが、しょーたんと話していていくつかわかったことがある。 お尻帝国は世の中のキレイなエロで包まれた幸せな国で、しょーたんは恥じらい谷間に住んでいる小人であること。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
お尻帝国は、架空の尻メンイットーイ3世のお尻が大好きな尻ンセスわたりーぬが統治していること。そして、不思議な結界により人の目には見えず、妄想の中に存在していること。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
しかし、その結界がなんらかのアクシデントで弱まっている。というのも、4人の性女と呼ばれる結界ロボが何者かにたぶらかされたというのだ。どうせ、知り合いの基山のちんぴらみたいなやつだろーなと、はるは思いながら新宿のやまとで1人飲んでいた。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
とりあえず、今は四人の性女に匹敵する仲間が覚醒し、見つけ出すことが先決だとはるは思い至った。他力本願なところもあるが仕方あるまい。「しょーたんこれでいいね?頑張るわよ!」そう呼びかけると、しょーたんは力強くうなずいた。#TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
一方福岡では、ママ友たちが昼下がりにランチの会話をしていた。「もう、ほんっとパートの勤め先がブラックで、私あり得ないことだらけよ。」「大変ですね!ちかこさん!私も親同士の会合みたいなので毎日振り回されてますよー!こらこらゆふー!そっち行っちゃだめだよー!」 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
黒ブチメガネのセクシーちかこと、プリキュアを夢見るあいと娘ゆふみは仲良し。ホークスの攝津投手応援する同士である。「なんか面白いことないかなー、ゆふちゃん。」そうあいがつぶやいたとき突然ゆふみが叫んだ。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「ママあはん!あはんだよぅ!!」次の瞬間ゆふみが持っているコンパクトが光り、少女が現れた。「あはんの申し子キホンヌです。ライバルはスザンヌっす。」あまりの超展開に2人は開いた口がふさがらなかったが、ゆふみだけはぱちぱちと手を叩き、目を輝かせていた。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「あっちょっと皆さんすみません。全然わけわかんないっすよね。私は、お尻帝国あはん市長の娘キホンヌです。実はピンチなんですよ、私の世界。だから、皆さんにお願い。」そう前置きして、キホンヌは、お尻帝国の危機について一通り話した。 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「つまり私が四人の性女の力を持つ者ってわけか。」そうちかこはつぶやいて眼鏡に手をやった。「キホンヌ私たちは?私とゆふみは一体どうすればいいの?」 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「今日からこのコンパクトはあはんパクトになりました。私も私で向こうの世界で戦わなくてはならないため、ナビゲーターとして、あなた方をいつもサポートできるとは限らないんです。ってことで、あいしゃんとゆふちゃんにお願いしようかなということです。」 #TENGAのキセキ
ゆずぎむしさん @yuzuponxx
「キホンヌ!ゆふは変身できないのううう?」「ごめんねゆふちゃん!変身はできないけど、いざとなれば、不思議な力が使えるからね。それでは時間になりましたので!グッバイあはん!」そう言い残してキホンヌはコンパクトの中に消えた #TENGAのキセキ
残りを読む(233)

コメント

ゆずぎむしさん @yuzuponxx 2012年7月24日
TENGAのキセキまとめを更新しました。