101
工房もりふくろう@死んでない @toomanyowls
昨日も私、生レバー食べに行きましたよ! 生レバーは8世紀からたべられてるんですよ! って言って、結局なんで生レバー禁止なのかちゃんと説明しない朝のNHK、流石にどうかしてると思うぞ。娯楽番組化しすぎ。
Y Tambe @y_tambe
そらまぁ、8世紀にはO157いなかったもん。
Y Tambe @y_tambe
再掲しとく| O157などの腸管出血性大腸菌が地球上に現れたのは、おそらく20世紀に入ってから。/腸管出血性大腸菌について - Togetter - http://t.co/ovjnzgSN
まとめ 腸管出血性大腸菌について 腸管出血性大腸菌についての @y_tambe 先生のツイートをまとめました。 9511 pv 148 13 users 2
Y Tambe @y_tambe
日本の生肉食に、本当に伝統や歴史と呼べるものが、どこまで存在するのか、日本の食文化史をきちんとしてる研究者の話が聞きたい。
Y Tambe @y_tambe
また、自分が、初めて牛生レバーを食べた年齢を思い出してみてほしい。それは何十年前のことだろう?…20-30代の人ならば「子どもの頃からあった伝統」と思うかもしれないけど、それより上の世代はどうなのか? 少なくとも僕の子どもの頃は、先に「生肉はだいたい危険」と言われてた。
BUFF @geishawaltz
鯨食も戦後の食糧難の時期からしばらくを除けば細々としたものだったようですが。それでも捕鯨禁止に対する反発はとても強いですし。 RT @y_tambe: 日本の生肉食に、本当に伝統や歴史と呼べるものが、どこまで存在するのか、日本の食文化史をきちんとしてる研究者の話が聞きたい。
Y Tambe @y_tambe
あと韓国南部の一部地域(チェジュ島/済州島など)で「豚生レバー食」が伝統的に行われてたけど、(この辺りの話になると、変な人が寄って来そうで気が進まないけど)こういった風習が、いわゆる日韓併合とか満州国のときに、日本にもたらされたとかの可能性はないのか。また沖縄ではどうだろうか。
Y Tambe @y_tambe
韓国の豚レバー生食の伝統の例としては、チェジュ島の支配者層で、屠殺した直後のまだ温かい生レバーを食べるというのがあったらしい。周辺のいくつかの地域でも、同じような例があったそうだ。この手のは単なる美食というよりも儀式的な意味合いも強かったのだと思う(続
Y Tambe @y_tambe
続)ただし、ヒトが肉を生食した場合、牛や鶏と比べて、ブタがもっともハイリスクなのは、当時から変わってない。ブタの場合でもっとも危険なのは「有鉤条虫」という寄生虫(サナダムシの仲間)。虫卵や成虫を食べると、嚢虫という状態でヒト脳内で増殖して命に関わる。(続
Y Tambe @y_tambe
続)で、韓国では日韓併合時代になって、この有鉤条虫(嚢虫)症への対策が始められてる。当時の日本の感染症学は、世界的にもトップクラスだったし。ただこのことは、衛生環境を改善する面と同時に、現地の伝統文化に対する介入や破壊につながった面もあったことだろう。(続

石部統久 @mototchen
「朝鮮人は獸肉の生食を嗜好すること内地人の魚肉の刺身を好愛するに譲らず…明治初年我内地に於て東京に牛肉生食の流行せし時代あり」食肉に原因する朝鮮の條蟲病に就て 中央獸醫會雑誌 Vol. 37 (1924) No. 3 P 229-239 https://t.co/ez309wIc

註2

Y Tambe @y_tambe
豚や牛の肝臓を生で食べる「伝統」は、多分日本でなく韓国…それもチェジュ島あたりの支配者層とか、村の祭りなどで見られた。下記論文が参考(英文。"Churyum"の単語を探すと該当箇所が見つかる) http://t.co/dhSki0Dp
Y Tambe @y_tambe
なお、ブタ有鉤条虫は、今のところ、日本では沖縄を除く地域には存在してないが、輸入食品(韓国産キムチなど)に付いていた虫卵を食べて発症したと疑われる症例が見られる(沖縄では発生頻度は高め
Y Tambe @y_tambe
もう一つ、牛レバーなどを「食文化」として考察していこうとする場合、「薬食」としての側面があった可能性も考えていく必要があるんじゃないか、と。
Y Tambe @y_tambe
漢方では、クマの胆嚢「熊胆(くまのい/ゆうたん)」あたりが有名だけど、ウシの胆嚢「牛胆(ぎゅうたん)」を、その代替品的に用いることがある。ウシだと胆石を用いる「牛黄(ごおう)」の方が知られてるかな。まぁいずれも生では使わない(薬の材料としての保存性の問題があって)
Y Tambe @y_tambe
そもそもどの歌なんでしょうね? 万葉集の中で「牛」を読んだ3篇のいずれも当てはまるようには思えないのだけど。 http://t.co/OFZDbBTN RT @usg_ringo 朝のNHKニュースでは万葉集に出てくると言ってました。力を得る…呪術的な意味合いでしょうか。
Matsuda Hajime @mazda_h
@y_tambe @usg_ringo これでは? > 「わが肉は 御膾はやし わが肝も 御膾はやし『乞食人(ほかひひと) が詠ふ歌』」と有り、生肉食を示す歌が幾つもあります。これは鹿では有りますが「レバ刺し」が存在していたといえます。》 http://t.co/uhAgANao
リンク はてなダイアリー 日本肉食史覚書(上) - はてなビックリマーク おそらくホモ・サピエンスは10〜20万年前にアフリカで発生してから1万数千年位前に農耕生活に入る前は殆..
橋本麻里 @hashimoto_tokyo
長歌の「鹿の歌」ですね。「我が肉(しし)は/み膾(なます)はやし/我が肝は/み膾はやし」って部分がある。祝歌ではなく、庶民を鹿に見立てて、その苦しみと悲しみを詠ったもの、という解釈もあるようで…。 RT @sikano_tu 生レバー食は万葉集にもあるんだと。まじか。
辻康介 @TsujiKoske
@eutonie @hashimoto_tokyo @sikano_tu 長歌「鹿の歌」武久源造作曲で歌いました! http://t.co/x0h7TR0X
拡大
リンク YouTube 万葉集より万葉歌:いとこ汝背の君/G.Takehisa - Music For Manyoushuu Manyoushuu is the famous Japan's oldest anthology of poems. 歌:作者不詳/anonymous poem 曲:武久源造/Music composed by Genzoh Takehisa performed by Kosuke Tsuji(Tenor),G...
橋本麻里 @hashimoto_tokyo
「鹿の歌」って鳥の歌みたいだな。正確には「乞食人(ほかひひと)の唄」。
残りを読む(24)

コメント

R・こばやし/dion軍 @R_Kobayashi 2012年6月30日
TLとかで見るとあまりにレバ刺しが「あたりまえ」に食されてて違和感あったんだよなあ。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年6月30日
まー表向きは肉食は薬用みたいな時期もあったしなぁ、そういうのは基本鍋とか特定部位を新鮮に、とかもあるかもしれんし
岡一輝 @okaikki 2012年6月30日
野菜が摂れない寒冷地の民族は、古来よりビタミン欠乏を防ぐために、生の肉や血を食用にしてきた、なんて話を、聞いたような。日本でも生肉食があったとすると、北方民族由来ってことになるのかしら。
岡一輝 @okaikki 2012年6月30日
レバ刺しに関する歌というと、思い浮かぶのは……ピンクレディー。『私の生レバ ♪ カルメンでっす ああ もちろんアダ名に ♪ 決まってまっす 生肝を口にして踊っているー ♪ イメージがあるとー 言うのですー』
ましゃ@夕張は俺の嫁 @murachan2671 2012年7月1日
本来獣の肉を生食する必要がある人というのは、植物からビタミンを摂ることのできない北方狩猟民族だけだったような
ゆ〜たん @Iutach 2012年10月6日
そういえば「Dance with Wolves」に、その年最初の(?)狩りではその場で仕留めたバッファローの腹を割き肝を取り出して生のまま食べる、ってシーンがありましたなぁ。
ゆ〜たん @Iutach 2012年10月6日
昔話には「〜の生き肝を食らう」って表現が良く出て来てたように思うけど、それを行うのは山姥とかそっちサイドの存在で一般人の所行ではなかった気がする。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2014年5月7日
いまさらながらに追記:っつても、伝統はより安全な方法がわかったら更新されることはあるべきなので、xx文化があること、とそれをより安全にするために止めるはないとだめとは思っている。
tarosuke @tarosukenet 2014年5月7日
捕鯨と混ぜようとしてる人がいるけど、この件は「Your own riskだと自覚して勝手にしろ」で終わっちゃう、文化とか全然関係ない捕鯨とは全然違う話。店が出すならサインの一つもさせればいい。個人のリスクで済む限りにおいてはパターナリズムは警告以上の領域に踏み入ってくるべきじゃないと思うし。
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2014年5月10日
そりゃ、仏教伝来から明治維新まで、四つ足喰うのは不浄っぽい扱いだったもの、生き肝はその最たるものだったんじゃないかな… というわけで、ガンマ線殺菌はよ(これが言いたかったw)
addicks(あでぃっくす)🌧️ @addicks_cycle 2015年2月25日
60代のうちの親の場合は、生食自体に忌避感があるので生卵なども食べない。90代の祖母も同様。個人的には「生食は少なくともうちの(地域の)伝統ではない」と思う
南極の五斗米道改二@ショートランド @sansenhk 2015年5月28日
実際、日本で食文化と言えるほどの生肉と言えば馬刺しくらいしかないんじゃないかな。そもそも生肉に関しては厚生労働省がまだ厚生省だった頃に通達が出てて、基準を満たした生肉は馬肉しかないとかって報道が牛レバーが問題になったときにされてた記憶がある
きょろすけ@1/11青山学院大學ガウチャー記念礼拝堂 @myurron 2015年6月10日
牛肉の生食でフランスにタルタルステーキがあるけど、ググってみると大陸の騎馬民族タルタル人の馬の生食が欧州に伝わり、牛に変わったらしい。朝鮮半島にも同様に伝わりそれが牛や豚の生食に伝わったということかな?
きょろすけ@1/11青山学院大學ガウチャー記念礼拝堂 @myurron 2015年6月10日
先に発言している方もいるように、団塊の世代にあたるわしの両親や祖父母たちは生肉は危険という意識があって生レバーやユッケは食べない。子供の頃、親戚の人が豚の生レバーを珍しいものだからと持ってきたことがあるくらいだから日本の伝統食、という意識はないかなぁ
げれ@gelehrte @gelehrte 2015年6月12日
このまとめが再度注目される予感!? O157って20世紀に入ってからなんだー
ブリバリゲリピービチグソハッピー @poolhool 2019年3月12日
生レバーが認知された頃ってそう古くもないと思う。30年ほど前、生レバー以前にユッケの存在を知ったけど、生肉だから食うな言われたな。関係ないけどユッケジャンクッパ美味しいよね。
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2019年12月28日
日本書紀に書かれた最初の膾はハマグリとカツオだった。案外古代の日本は「海産物なら生で食べても安心」と知ってたけど、忘れ去られたのかもしれない。
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2019年12月28日
人間はなんやかんやで獣めいて生の肉を食べることに惹かれるのかもしれない。
みともり🎶🎲🚬🎨 @mito_machida 2019年12月28日
難しい話はわからないですがレバ刺しおいしい
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする