10周年のSPコンテンツ!

TV側が勝手にYoutube動画を放送内で使うのってどうよ?

気になるRTが着たので思わずRT。 投稿した動画をTV側が勝手に使用してる。と嘆く主様。 実際Youtubeコンテンツ等の規約はどうなってるんでしょうねと 呟いたらフォロワーの玉兎さんが、自己研究してるツイートを綴ってみました。 続きを読む
ログ TV マスコミ ダウンロード違法化 著作権 YouTube
6
のちめ不動 @H6686
先日某テレビにて私がyoutubeに投稿した動画が無断で使用されていました。爆竹に驚いた友人がケーキに顔を突っ込むという内容の物です。あの動画には無断転載は禁止ときちんと明記しておりテレビで流れているのを見て目を疑いました。ダウンロードを禁止する前にまずテレビ局を規制してほしい
玉兎 @gyokuto
調べたが, < http://t.co/o1ffEpAW > §6.B 『本コンテンツの一切の著作権をYouTubeに提供』 より,権利者はようつべ? 肖像権のうち人格権は対象外のようだが. RT @rikyun RT< http://t.co/rsMMPv4D > @H6686
陸きゅん@J庭ち12a @rikyun
ほう、勝手に使用も暗黙了解て事かQT @gyokuto: 調べたが,http://t.co/7Z46nWM3 §6.B 『本コンテンツの一切の著作権をYouTubeに提供』より,権利者はようつべ? 肖像権のうち人格権は対象外のようだが.RT rikyunRT @H6686
玉兎 @gyokuto
@rikyun @H6686 著作権等 財産権の行使は【規約から見ると】ようつべ; ということではないかと. 顔出しされてたら 人格権で訴えることは可能かも. 著作権全譲渡が 規約として実効的なものか(過剰でないか) あたりは 考慮の余地があるかもしれんが.
玉兎 @gyokuto
ようつべの規約見てたが, #Twitter の規約的に 著作権はどうなるんだ? と思って調べてみた RT< http://t.co/7c2ESB6D > Twitter / サービス利用規約
玉兎 @gyokuto
< https://t.co/UjoP4R63 >§5 『媒体または配布方法を問わず,コンテンツを使用,コピー,(snip),配布するための非排他的ライセンスを当社に対して無償で許諾』 より, twitter社には著作権フリー (他ユーザのRT等も 当該規約による).
玉兎 @gyokuto
< https://t.co/UjoP4R63 > 同§5, 『コンテンツを,他媒体等で配給,配信,配布,公表を目的として,当社パートナーに提供する権利に,同意したものとします』 より, Twitter社が認めれば 転載可能.
玉兎 @gyokuto
『非排他的ライセンス』をTwitterに提供しているだけ; ということで,そこまで悪辣な規約ではなさそうだな. Twitter社が能動的に敵に回らなければ tweetの著作権は自分のもの として振る舞える; ということとして理解するが,どうか?
玉兎 @gyokuto
ようつべ規約(< http://t.co/o1ffEpAW >§6.B)は, 『一切の著作権』だが,『ライセンス』だから 本人から著作権がなくなる,ということではないんだろうか? ようつべが利用できるだけ?
玉兎 @gyokuto
よく考えたが,『ライセンス』を提供 なので, ようつべも権利者になるだけで 当人の権利行使が不能になるわけではなさそう (cf.< http://t.co/NPClWoiz >). RT< http://t.co/bu1FVOYP > @rikyun @H6686
玉兎 @gyokuto
となると,ようつべ無断公開の件は, 『ようつべが TV局に使用を認めるか否か』 が争点. 認めたら 規約的にあぼーん; 認めないなら 著作権的にも訴え可; ということで 恐らくF.A.
玉兎 @gyokuto
いや,マスコミが関わってくる となると, 知る権利 との兼ね合いもあるのか? ようつべ動画に知る権利(藁) とか思わないでもないが.
玉兎 @gyokuto
マスコミが主張する『知る権利』は, §六(一)取材の自由とその特権; 同(二)発表の自由とその特権 あたりが根拠? 当該特権の,著作権的な理由による制限 については,当該ページには記載がない. RT< http://t.co/H6wd9N39 > 知る権利
玉兎 @gyokuto
恐らく,著作権的理由による 知る権利 の制限は 当たらない,と考えるべき (当たるなら,正当な行使すら制限される恐れ). 問題は,『それって,内容的には どの程度の範囲まで特権影響下?』ってとこ.
玉兎 @gyokuto
件のようつべの件なんか,常識的に考えたら 知る権利によって特権保護されるべきもん とは思わない. が,マスゴミ的なオハナシで, マスコミ関係者の思い上がりを しばしば耳にすると, 『どこまでも 知る権利の特権範囲です( ー`дー´)キリッ』 とか 奴ら言いかねない気が(;^ω^)
陸きゅん@J庭ち12a @rikyun
@gyokuto 玉兎たんのそれつぎゃりたいわね・・・
玉兎 @gyokuto
@rikyun 構わんですけど,思い切り 法律関係 素人さんなので 自己研究レベルですよ(;^ω^) できれば 識者の意見を聞きたいところ.
陸きゅん@J庭ち12a @rikyun
@gyokuto つぎゃってどうですかと意見を尋ねてみるとか・・・
玉兎 @gyokuto
@rikyun 自分でまとめて 管理できる気はないので…(;^ω^) 自己研究(法的な根拠があるわけではない) ということだけ明言してもらえば 誰かにまとめてもらうのは構わんですけど.
玉兎 @gyokuto
【ご注意】 著作権関係のtweet連投していますが, 法律的には素人ですので,あくまで 自己研究 です. 法的な妥当性を保証するものではありませんので そのおつもりで.
玉兎 @gyokuto
DL違法化 とかあったが, もうこうなると ネットリテラシ的な意味で 著作権関連の知識は必須 な気がするな.

コメント

わいてい @mizuka19 2012年7月1日
こちらに確認してみるというのはどうでしょう? YouTube 日本版公式twitter http://twipple.jp/user/YouTubeJapan
陸きゅん@C97ノ12b @rikyun 2012年7月1日
mizuka19 なるほど、一つの手ですよね、有難うございます。
玉兎 @gyokuto 2012年7月1日
mizuka19 ありがとうございます,質問してみてます (cf.< http://j.mp/LGrh09 ><http://j.mp/LYBdEZ >).
玉兎 @gyokuto 2012年7月1日
ottwo ぉぅぃぇ,虚言の,更にパクリだったとか…,とか…(;^ω^) まあ,TVで流用してんのって大丈夫なのかしら? とは思うんで,著作権について見直す契機であると考えたく.
Indicator_s @essential24 2012年7月1日
虚言であってもこれは盲点だな。テレビ局がダウンロード禁止法で逮捕される時代になったか。愉悦☆どんどん通報しよう。
masao @namiyome 2012年7月1日
ダウンロード禁止されているのは違法アップロードされていた音声/動画の場合じゃなかったっけ? そうでなければダウンロード自体は違法ではないと思う。テレビ局がそれを使っていいかどうかは、法律ではなくYouTubeの規約の問題かと
玉兎 @gyokuto 2012年7月1日
essential24 namiyome 改正著作権法 第三十条三項『著作権侵害の自動公衆送信を デジタル方式で録画,違法の事実を知りながら』なので,そうですね(cf.< http://j.mp/OSEiv4 >) <違法うpでは? ようつべ規約が影響なければ,著作権法では 公衆送信権等 あたりの侵害だと思います.
あやか @gleek_0102 2012年7月1日
いったいどこのテレビ局なのでしょうか?ていうか、テレビ局は主さんに動画使用の承諾をもらっていないみたいですし…。テレビ局に電話したほうがよろしいかと…。
Indicator_s @essential24 2012年7月1日
@gyokuto なるほど、違法か合法かを問わず、結局ネット上にあるものをテレビ局が私的使用した場合は法律に抵触するのか。それは愉快。これはYoutubeだけじゃなく、ネットのすべての動画に関係してきそうな問題だな。
hapio @hapiotaro 2012年7月5日
YouTubeの規約上、まず「お客様は、YouTubeに本コンテンツを投稿することにより、YouTubeに対して、……世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な、本コンテンツの使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示、出版、翻案、送信可能化及び実演に関するライセンスを付与します。」(一部長いところを割愛)とあるので、YouTubeが再許諾していればセーフ。
hapio @hapiotaro 2012年7月5日
さらに、「お客様は、また、本サービスの各利用者に、本サービスの機能を通じてこれらの本サービス条件に基づいて認められる限度で、本サービスを通じてのお客様の本コンテンツへのアクセス、並びに当該本コンテンツを使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示、出版、送信可能化及び実演することについての非独占的なライセンスをここに付与するものとします。 」ともあるので、TV局もYouTube利用者であると考えれば、再許諾すら要らずにセーフと思われる。
hapio @hapiotaro 2012年7月5日
ちなみに、「動画の本コンテンツに関してお客様により付与される上記のライセンスは、お客様がYouTubeサービスから自己の動画を削除又は消去してから商業的に合理的な期間内に終了します。」という規定もあるので、削除後に放映された場合には、削除直後でもない限り文句を言えるだろう。
けんいち @pandavista2 2014年9月28日
動画共有サイトであることが前提で無断使用禁止は、共有の理念から外れています。著作権は著作者またはその権利を譲り受けたものにありますが、誰でも許可無く利用できるというのが『共有』の大前提になります。 ただし、著作者またはその権利を譲り受けたものがアップロードしたものに限り、著作権者に無断でアップロードされたものは著作権の侵害に当たります。 従ってこの件では、TV局に違法性はないということになります。