編集可能

「PLAS創設者が語る6年半の軌跡~ゼロから始まったエイズ孤児支援」

2012年6月29日、ETICで開催された「「創設者が語る6年半の軌跡~ゼロから始まったエイズ孤児支援」を開催!」のツイートをまとめました。
震災 支援 aids孤児支援 アフリカ AIDS ウガンダ 国際協力 HIV ケニア
1
@g_wakui
19時から、エイズ孤児支援NGO•PLAS #plas のイベントです! 今日は結構な人数くるみたいです。少しキャンセルがあったので 、ちょっとならまだ入れます!近くにいたら是非!渋谷のETIC.です!
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
ETIC事務所なう。いまPLASのイベントに参加しています。 #plas のハッシュタグでツイートします。
@eringichan
#plas の定例イベントむかってるなう。会場まで迷わずいけるかな、渋谷。 今回はここ最近で一番の申し込みだったようで、キャンセル待ちのよう。わたしはえりぽんで記録係がんばろ、
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
「創設者が語る6年半の軌跡~ゼロから始まったエイズ孤児支援」 http://t.co/zOOh1rIu 始まりました! #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
#plas が何をしている団体なのか、映像紹介です。エイズで両親を亡くした孤児の話。周囲の偏見に苦しみ、親戚の家庭で家事労働。学校にも行けない子供達。PLAS は地域で苦しむエイズ孤児のための活動をしている団体です。ケニア、ウガンダで事業を展開。
@eringichan
RT @g_wakui: 19時から、エイズ孤児支援NGO•PLAS #plas のイベントです! 今日は結構な人数くるみたいです。少しキャンセルがあったので 、ちょっとならまだ入れます!近くにいたら是非!渋谷のETIC.です!
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
母子感染某事業をやっている。PLASが地域リーダーを育成し、現地で啓発活動をしている。学校建設活動をしているとき、地域外の住民から賄賂を要求されたり、苦難を味わった。地域全体の人の声を聞かないと、うまくいかないと痛感した。地域をかえる主人公は、地域の住民だ。 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
少しずつ、地域住民から支援を受けられるようになり、教育環境の改善、学校運営能力も向上した。生徒は185名に増え、支援終了後も地域から「教育の質の高い学校」として認知されている。他地域でも学校建設を進め、学校に行ける生徒が増えつつある。 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
7,000名の地域住民に、母子感染予防事業を実施。エイズ孤児は、世界で1,500万人、14秒に1人がうまれている計算になる。1,000円があれば啓発活動が、30,000円があれば、リーダー一人を育成できる。私たちが出会った感染者は、自身で啓発活動をやっている。 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
門田さん:子供達の笑顔は尊いものだ。 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
代表:門田さんと副代表:大島さんの自己紹介。門田さんは心理カウンセラーを目指していたが、大学在学中に国際協力を志す。2005年にPLAS設立。年間1~2ヶ月を現地で過ごす。大島さんは2005年、現地NGO支援機構でボランティアに従事、それがきっかけでPLASに参加 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
PLASの使命:エイズ孤児の支援。対象は片親または両親をエイズで亡くした18歳未満の子供。HIVに必ずしも感染しているわけではない。最新の統計では、エイズ孤児は1,660万人。9割がサハラ砂漠以南。これは東京都の人口よりも多い。孤児は20年間で20倍以上に増えた。 #plas
@g_wakui
#plas イベント。 代表挨拶が終わり今は、副代表大島の自己紹介の後、アフリカのエイズ孤児の現場を話しています。
@eringichan
現在、サハラ以南のエイズ孤児の増加状況を大島が示し、彼らへの教育支援に関するトピックへうつりました。 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
“90年は62万人だったが、最新の統計では1,660万人。彼らに教育支援をしている。教育を受けることで仕事が得られ、自立に繋がるようなことが大事。もう一つはエイズ啓発活動を通じて、エイズ孤児を増やさないために、妊産婦や大人を対象に活動。 #plas
@eringichan
#plas 定例イベント始まりました。 http://t.co/qWelvWwv
拡大
@g_wakui
今どういう活動を? 1、エイズ孤児への自立のための教育支援。 2、エイジ孤児を増やさないための母子感染予防事業をしている。 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
大島:この問題に関心を持ったのは、NGOの仲間と一緒に旅行に行き、ピグミー族に出会った。彼らは都市部の開発で、未開の地に追いやられた人たち。子供達に話しかけても反応がなく、生気もない。生活手段を奪われ、その日暮らしの生活で社会から孤立していた。 #plas
@g_wakui
アフリカでピグミーという部族に出会う。狩猟採集部族。しかしピグミー達は土地を奪われ迫害された。 アフリカで元気いっぱいの子供達と出会ったが、ピグミー達は土地を奪われ笑顔がなかった。 この子達に何かできないか。 副代表大島 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
門田:大学で「平和学」の授業を受けた。その授業でほとんどの食品が外国から来ていると知り、自分の生活が世界と繋がっていると知った。安い食品の影で、低賃金で働いたり、学校に行けない生徒の存在を知ってショックを受けた。自分たちの生活は、彼らの犠牲の上に成り立っている。 #plas
@g_wakui
大学の平和学の授業が、活動のきっかけ。無関係なものは何もない。 途上国の無視で自分たちの生活が成り立っている。衝撃を受けすぐにフィリピンへ。 @Rui_Plas #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
授業のあとに「フィリピン」「ボランティア」でネットを検索し、現地のNGOでボランティアをしたのがきっかけで、国際協力に関心を持つようになった。2005年、NGO団体・NICEの「エイズとエイズ孤児について語る会」に参加、そこで出会った7人の仲間と年末にPLASを設立。 #plas
@g_wakui
設立経緯は? 一通の偶然のメールだった。 そこから学生7人のメンバーが設立しようと立ち上がった。 #plas
@g_wakui
最初にしたことは、音楽が上手いウガンダの小学校の子供達の音楽をCDにして売ろうとした。 とても売れるようなものではなかった。現地に行くことを決意。 #plas
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
最初「CDを売ってお金にしよう」と、現地の音楽CDを輸入したが「これは絶対に売れない、環境に悪い」と悪評で諦めた。現地に行って事業開始。最初は小学校を作るところから始めた。建設地はスラムの低地にあり、水はけが悪く、雨期になると勉強ができない環境だった。 #plas
残りを読む(37)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする