編集可能
2012年7月7日

ぷよm@s part24以降の感想およびコミュニティ論

こちらからの続きです:2012. 7. 1. peanwebさんによるぷよm@s感想 http://togetter.com/li/330361
0

──────────07/01/2012──────────

peanweb @peanweb

ぷよますPart24見てる。Pの「ワクワクするだろう?おまえが惚れ込んだこのゲームは本物だ。遊んでも遊んでも底が見えない。」は名言だなー。何事にもそうだけど「極める喜び」ってあって、その片鱗だけでもそういう世界に触れる喜びは何かに打ち込んだ経験のある人なら皆持っている感覚だと思う

2012-07-01 22:36:39
peanweb @peanweb

Pは暗に「その世界を見せてやる」というメッセージを言葉に含ませてて、これは美希にとっては最高の口説きなんだろう。それが見たいというのが美希の強いモチベーションなわけだし。

2012-07-01 22:38:55
peanweb @peanweb

同時に、(予告編で示された通り)この時点の美希にそれを示唆できるPは小鳥や美希を超える本当の化物であることが暗示されてて、「ぷよ道に終わりはない」→「この物語にもまだまだ先はある」という広がりを視聴者に感じさせている。いい物語だなー。

2012-07-01 22:43:40
peanweb @peanweb

美希の願いは「ぷよの番組を作る→ぷよにコミットする人を増やすことで業界を盛り上げていく→そうすることで、業界のレベルが上がり、結果的に最高峰の技術レベルも上がっていく」という地点までリーチする可能性がある。Pはそれをある程度理解した上で美希に選択肢を提示する。

2012-07-01 22:50:16
peanweb @peanweb

業界が廃れると競技人口が減り、結果的にその業界で高レベルの勝負を楽しむことが難しくなるから美希の考えてることは正しい。まあそこまでしなくても、事務所の中のコミュニティで楽しんでいくことも可能だけど。

2012-07-01 23:03:23
peanweb @peanweb

何らかのテーマや価値観を共有する人を集め場を作ろうみたいな事を考えて行くと、最終的にマーケティング的な観点に辿りつく気がする。新規参入者のいないマーケットは衰退していくとかそういう理由で。

2012-07-02 00:34:18

──────────07/03/2012──────────

peanweb @peanweb

眠れないので、ぷよm@sのコミュニティ論?についてもうちょっとだけ書いて見る。頭の中の整理もかねて、。。

2012-07-03 02:20:17
peanweb @peanweb

何らかの競技コミュニティに属する楽しさは二種類あると思う。(1)ガチンコで勝負する楽しさ(2)みんなでわいわいやる楽しさ。(1)と(2)どっちかしかないはあまり無くて、ただ傾向として(1)が強ければレベルは高いが敷居の高い場になるし(2)が強ければレベルは低いが敷居の低い(続く)

2012-07-03 02:36:58
peanweb @peanweb

(承前)場になりやすい。例外は沢山あるけど。で、美希がどのような場を作りたいのかだけど、多分両方欲しいのだと思う。つまり、みんなが仲良くわいわいやりつつ、その中で高いレベルの試合が行われ、全体の技術レベルがどんどん高くなっていく状況が理想なんだろう。(続く)

2012-07-03 02:40:36
peanweb @peanweb

(承前)ただ、みんなが美希みたいなぷよの才能を持っているわけでもないし、ストイックさも成長スピードも持っていない。だから殆どの人はついてこれない。また勝負事にシビアになり過ぎると、真や律子みたいに脱落しかかる人が出てくる。だから美希の理想とするようなコミュニティはむずかしい(続く

2012-07-03 02:48:11
peanweb @peanweb

(承前)‥なんだけど、個人的にはそれでも結果的に事務所内で育まれたぷよコミュニティはそれなりに上手く行ってると思ってて、それは、かませトリオみたいなネタ的な側面ではあるけど弱い人にも居場所がある事だったり、上位ランカーの対局をみんなで楽しむ文化がある事だったり(続く)

2012-07-03 02:56:05
peanweb @peanweb

(承前)後は真が凹んだ時のPのふるまいとか、律子を心配する伊織とか存在とか。後、心をへし折られる前の美希と真の関係性、高みで挑戦者を待つ人とそれを目指す者。最後に、温泉旅行を巡る選択の際に三希が「みんながどんな様子だったかビデオにとって欲しい」と言った事。(続く)

2012-07-03 03:02:05
peanweb @peanweb

(承前)上手く言語化できないけど、実力の高い低いや勝った負けたという要素以外だけでは説明できない、あの場の価値みたいなのがあって、そういう事も「楽しい」という言葉の中に内包されてる気がする。それが何なのか上手く整理できてないけど、美希が作ろうとする場はそれも射程に入りうると思う

2012-07-03 03:07:40
peanweb @peanweb

まとめると、競技コミュニティにおいて、確かに上級者たちには他の人に見えない世界が見えてて、そこではそういう人達を中心に場が動く。そういう高みの探求みたいな醍醐味は確かにあるんだけど、そこ以外の部分で人と人が関わる事で生まれる価値みたいなのが競技コミュニティにはあるんじゃないか?と

2012-07-03 03:13:20
peanweb @peanweb

‥そんな感じかな?もちっと寝かせてからまた考えよう。。。

2012-07-03 03:18:19
peanweb @peanweb

結局新しい事は何も言えてないけど、自分なりに理解する事が大事だと思う。こつこつ考えてれば少しずつ進化もしてくし。

2012-07-03 03:21:03

──────────07/09/2012──────────

peanweb @peanweb

ぷよm@s Part25 & 26見た。律子と千早の掛け合いはいいなあ。後、いおりんがいい女すぎる。いい人間関係だなー、うん。「対等」の仲間ができる事が一番救われたのは千早なんじゃないかな。等身大の仲間が出来て、黒い部分も出せるようになって・・・。

2012-07-09 00:05:07
peanweb @peanweb

律子の自分の弱さに対する諦念を織り込んで、自己のあり方を変えていこうとする姿勢にはすごく憧れる。きちんと現実を見ているし、他者とも折り合ってて、他者にとって隣人であろうとしているし、人間的なバランスが凄くいい。彼女の目指すあり方はすごく上手く行きそうに見える。素晴らしい。

2012-07-09 00:09:53

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?