0
南風あうし @aushi_34d
二度寝から帰還。モスの新作喰いにいくぜー
南風あうし @aushi_34d
なんだっけ、カポ…カポエイラバーガー?
@Lied_P
@aushi_34d アルカポネバーガーかと…
@__Pomme__
@Lied_P @aushi_34d アポカリプスバーガー?かっけぇ!
@Lied_P
@__Pomme__ @aushi_34d ちげーよ!ポカホンタスバーガーだろ!
@__Pomme__
@Lied_P @aushi_34d あー覚えまちがってたわ。ヒポポタマスバーガー、了解
南風あうし @aushi_34d
カポエイラ=アルカポネ=カポジ肉腫=アポカリプス=ポカホンタス=ヒポポタマスバーガー、なう。 http://t.co/9D6LCoZ3
拡大
南風あうし @aushi_34d
で、結局カポナータってなんだろう…mgmg
なすもく @nasumoku
@aushi_34d ラタトゥイユのなかま(こだわりグルメ派が聞いたら激怒するたとえ)
いも ぐれいぶ @imograve
@aushi_34d イタリアはシチリアの「揚げ茄子の甘酢煮」だそうですよおくさんw
南風あうし @aushi_34d
@fattyglutton @nasumoku @imograve 野菜(シチリアではナスの揚げたの)のトマトで煮込まれたラタトゥイユ。ラタトゥイユってなんだー
なすもく @nasumoku
@aushi_34d @fattyglutton @imograve この定義によるとモスバーガーのアレがラタトゥイユでしかない気がしてきた |カポナータとラタトゥイユ http://t.co/t42Xh1Eq
いも ぐれいぶ @imograve
@aushi_34d @fattyglutton @nasumoku フランス南部プロヴァンス地方、ニースの野菜煮込み料理で、語源はフランス語のTouiller(かき混ぜる)で、初めのRata-は軍隊言葉で「ごった煮」という意味らしいよ!(うぃきぺ丸読み)
なすもく @nasumoku
セロリが入ってなくてズッキーニが入ってる!!w
なすもく @nasumoku
でもラタトゥイユっつって出される料理も塩胡椒だけでない事がけっこうある気がした
なすもく @nasumoku
ラタトゥイユ的材料のものをカポナータ的に料理してどっちの名前で呼ぶかは料理人の趣味 のような気がしてきた(日本的には)w
南風あうし @aushi_34d
@nasumoku @fattyglutton @imograve これは是非次の新作でラタトゥイユバーガー出してもろて比較したいところw
@Lied_P
カポタストバーガー食べたい…
@__Pomme__
@aushi_34d そして○年後、モスのメニューには立派になったとあるバーガーの姿が!…なんてこと、今の僕等には分かるはずもなかった

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする