まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

第二回ついのべBL祭り 七夕篇

えっと、性懲りもなくまたやってしまいました。ついのべBL祭り。今回は七夕ネタ限定です。特に開始終了の告知はしませんので、現地集合現地解散、まったりムードでやりました。 気が向いたらまたやりましょう。
書籍 文学 ついのべ祭り ついのべ BL
1859view 0コメント
2
漣を大さじ3杯 @89776
「七夕な…何お願いする?」「七夕は元々織姫に裁縫等の上達を願う行事だぞ。そのままだ」「お前裁縫好きだもんな」「ああ。もっと上達して、完成度の高いあれやこれやをお前に着せてやるから楽しみにしてろ。かく言う俺が一番楽しみだ」「いや着ねぇよ?鼻血拭けてめえ」 #twblnovel
水木ナオ @nayotaf
#twblnovel 「なんだお前の願い事」人が精一杯背伸びして結んだ短冊に、あっさり手を伸ばして。「『勇気をくれ』って、また漠然としてんな。何のだ?」無邪気な笑顔で尋ねられる。――諦める勇気、のつもりだった。それが今、白黒つける勇気になり。「お前に好きだって言える勇気だよ」
沖縞 御津 @m_okishima
#twblnovel 「なぁ、願い事何にした?」「は?何の話だ?」「何って、今日七夕だろ?」「…お前は何書いたんだ?」「俺?空が晴れますように!」「…何だそれ。それならてるてる坊主でも飾っとけ」「だって、お前と天の川見たいし。いつでも飾れるてるてる坊主より、ご利益ありそうだろ!」
伊祖子久美@禁欲的じゃない @iso5kumi
#twblnovel お祭の七夕飾りに願い事を書いた。手許を隠して書いたけど実は彼の筆跡は知ってる。こっそり探すと『恋愛成就』好きな子…いるんだ。『彼の願いが叶いますように』と書いたのを後悔した。「叶えてくれよ」彼も僕の筆跡を知ってたらしい。僕の短冊を帯に挟むと、僕にキスした。
ゆうき/MANA @yuki_cre
#twblnovel 事実上ふーふだし、単身赴任は嫌だと散々ごねた。けれども責任あるポストにつく彼は俺の転勤についてはこなかったのだ。毎晩人肌が恋しくて仕方がない。彼不足でひからびそう。休みが合わない俺達が一日以上の逢瀬の時間を捻出できたのは七夕の日。ずっといちゃついてやる。
Parsley @Parsley_Liter
去年の短冊には「早く婚姻届が出せますように」と書いて吊るした。あれから一年。まだ法的には認められていないし、お互いとも家族とはカミングアウトして以来どこかよそよそしいままだ。だけど、facebookのステータスを「既婚」に変えることできた。願い、叶ったよ。 #twblnovel
ゆうき/MANA @yuki_cre
#twblnovel 地元の七夕祭りでは独身男女が彦星と織姫役の芝居をやる。主役が現実で結ばれると幸せな夫婦になるって伝説があて関心高い。でも俺が彦星だし今年は外れ。好きな奴は男。織姫登場した瞬間瞠目した。兄貴ぃ?! 相手が兄貴なら伝説実現しやがれ。俺が全力で幸せにしてやるッ
七歩@文フリ広島C28 @naholograph
俺ら、川のあっちとこっちに離される。二人を認めるわけにはいかん?ふざけるな。そんなんで引き裂かれる俺らじゃねえ。急流天の川。鍛えあげた肉体で渡る。流されそうな俺、愛しいお前が手を伸ばす。「ふぁいとー」「いっぱーつ」絡みあう二つの瞳と力コブ。#twblnovel #twnovel
七歩@文フリ広島C28 @naholograph
「短冊何書いた?」 俺は短冊を隠す。「隠すとか酷いなあ」運動神経だけはいいアイツに奪われた。「××高校合格って俺と一緒?でも中島なら余裕だな」おい磯野、問題はお前だ。俺のこれはランク上げろと言う大人達へ抵抗だ。「頑張ろうな」「お前がな」一緒に、野球しよう。#twblnovel
ナコ@蒲田くん弊社壊して @nakotic
彦星は七夕が憂鬱だ。去年織姫に貰った指輪、どこにしまったっけ?雨、降らないかなあ。今年のプレゼントは気に入るかな。はあ。寝息を立てるまだ若い星を抱きしめて、布団の中で天気予報を確認する。きっと織姫も、今頃天の川の向こう側で天女とよろしくやっているに違いない。 #twblnovel
@matiruda_21
#twblnovel 週末の天気は晴れ、それなら服はあれにして靴はどれを合わせよう、そうだ七夕だし天の川が綺麗に見える所に、なんて考えた所でふと我に返る。約束の相手は男、ただの同僚だ。何をこんなにそわそわしてるんだ。でも今短冊に願い事を書くとしたらただ一つ、もっと仲良くなりたい!
添嶋譲 @literaryace
ちょうど中間てだけで名古屋集合にしたけどどこにいるかわからないとか信じらんない。頭をフルに回転させていそうな場所を探す。七夕だからな、って言ってた。名駅からそんなに離れないとも。もしかして。知らず走ってしまう。ナナちゃんの下、君がいた。「バカ、探しただろ!」 #twblnovel
ちぃ💮 @xxxchiisama
#twblnovel 雨宿りが最初の出会い。「七夕に雨なんて残念スね」「彦星と織姫もがっかりしてるでしょうね」町中のプラネタリウム、夕立の空を見上げる友人未満の男が二人。「でも、良かった」滲む恋情を雨の言い訳で隠した俺に君は笑う。「僕の織姫は、雨の天の川しか渡ってきませんから」
野原滋@気高き愚王と野卑なる賢王12/20 @sigerunohara
#twblnovel 「だから見せろよ」「嫌だっ、ご利益なくなるから!」あんまり必死に隠すから、却って見たくなるんだろうが。無理やりもぎ取った短冊に書かれた願いは…『彼の顔に天の川かけたい』「…てめえ」「願い叶うかな……?白い天の川」「その前に血しぶき飛ぶかもな」
野原滋@気高き愚王と野卑なる賢王12/20 @sigerunohara
#twblnovel 「年に一度逢えるからってなんで下界から願いごとするんだ?関係ねえだろ」曇り空を見上げてロマンの欠片もない事を言う。「そうだけどさ」「なあ、そうだよな」口に出せないからこそせめて、そっと星々に聞いて欲しい願いごともあるんだよ、きっと。
漣を大さじ3杯 @89776
「曇ればいい」電話の向こうの乾いた声。「何で?」「…俺達は、年に一回も会えないのに、…ずるい」思わず笑ってしまった。「どんなに遠くても会えなくても、繋がっていられるから、曇りなんて関係ないよ」お前が見てる空を、俺も見てる。電話の向こうは雨が零れたようだった。 #twblnovel
野原滋@気高き愚王と野卑なる賢王12/20 @sigerunohara
#twblnovel 僕の短冊を必死に探す君。本来七夕の願い事って、そういうものじゃないと思うんだけど、君が叶えてくれようとするから、僕も必死に考える。一番の願いはもう叶っているからね。あとはこの幸せがずっと続くことを願うだけ。僕の短冊を見つけた君が、照れ臭そうに笑っている。
はちこ @hachiko_sh
#twblnovel 「あれ、どこ行くの?」「坊ちゃまのお願いが織姫と彦星に確実に届くよう、愚民共の邪魔な笹飾りを全てヘシ折りに行くところでございます」「僕の願いはね!今日一日お前を傍に置いて平穏に過ごす事だよ!」「おや坊ちゃま、まだまだ甘えたい年頃なのですね」「…うん、まあね」
はちこ @hachiko_sh
#twblnovel 「兄さんが僕だけのものになりますように」「弟が俺以外の人間に興味を持ちますように」「兄さんが僕と情交を結んでくれますように」「弟が俺を性的な目で見なくなりますように」「兄さんがいい加減観念してくれますように!」「弟が諦めますように!」「兄さんが!」「弟が!」
ハウリル @how_howlite
「短冊飾りに性的な願い事書いたヤツは去勢なー」と先生に宣言されたため、我が男子校の短冊は至って理性的なお願い事で溢れかえっております。 #twblnovel
ハウリル @how_howlite
「いくら七夕が織り姫と彦星の逢瀬の日だからって、外泊して不純同性交遊したら、ケツに極太ディルド挿入れた状態で一日授業受けさせるからなー」と先生に宣言されたため、我が男子校のカップルは戦々恐々たる週末を過ごしております。 #twblnovel
Parsley @Parsley_Liter
商店街の飾りを見上げながら、「これからどうする」と呟く。「笹の葉は家にはないよ」と返す。もっと長期的な話をしたいのに、と思う。毎日ご飯食べて寝て。そのままでいいって君は考えているの? 叶わない願い事は願い下げ。僕が欲しいのは、永遠に君を縛る権利だ。 #twblnovel
ハウリル @how_howlite
「先生。じゃあ今晩のデートは無しですか?」先の宣言が恐ろしく、恐る恐る先生に聞く。そんな僕の額にキスを落とした先生は、悪い顔をして言った。「先生の言うことなんて守んなくていいんだよ。そんなことより、好きな人と一緒に居たいだろ?」今夜は、先生の家で七夕デート。 #twblnovel
添嶋譲 @literaryace
しまった。七夕祭りだからって気合い入れすぎたかも。浴衣の男なんて全然いないじゃないか。恥ずかしくなって駅のすみで小さくなっていると彼が来た。「んだよ。似合うじゃん」彼も浴衣姿だった。「誰もいないからしまったって思ってさ」笑う。二人で堂々としてりゃいいさ、と。 #twblnovel
まめ @endoh_beans
#twblnovel 織り姫と彦星は一年に一度しか逢えないというのに、僕はこんなに少しの時間が耐えられない。「いい加減にしろよ、てめぇ…」一晩すら我慢できずに彼の部屋の前で膝を抱えて眠る癖がついた。「ドア一枚だろ、さっさと入ってこい、ばか」優しい弟に恋してお兄ちゃんは幸せです。
残りを読む(29)