【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

(ネタバレ注意)火山学者の琴線に触れない「グスコーブドリの伝記」リメイク版2012

「グスコーブドリの伝記」は,有名な宮沢賢治(1896-1933)が1932年に発表した短編童話です.不幸な身の上をもつ少年が,火山研究所技師として一人前になり,社会を救うというこの話は有名ですから,知っている方も多いと思います.一火山研究者として,いろいろと感銘を受ける点が多い作品です.以下に1994年に公開されたアニメ版のストーリー(原作とやや異なる点あり)をまとめます.2012年のリメーク版にはない、いくつかの重要なエピソードが含まれています。 少年ブドリは,イーハトーブ国の森で父母妹と4人で幸せに暮らしていました.ところが何年もつづく異常低温による飢饉と火山噴火によって,大変な不幸がブドリの身にふりかかりました.父母は死に,妹は人買いにさらわれ,家も失ってしまいます. 続きを読む
自然 アニメ 火山学者 宮沢賢治 映画 火山学 グスコーブドリの伝記
18946view 14コメント
63
ログインして広告を非表示にする
Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2012-07-07 16:25:32
あ、グスコーブドリは今日からか。でも今週末は無理だなぁ。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 18:16:20
ふふふ、いまからグスコーブドリを観る。
chisa-k @chamotoo 2012-07-07 18:24:59
はっ!今日からか!(゜ロ゜) RT @usa_hakase: ふふふ、いまからグスコーブドリを観る。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 18:38:18
初日なのにガラガラ。ムービックス清水。
Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2012-07-07 20:01:00
@usa_hakase ネタバレは無しでお願いいたしますm(_ _)m 明日雨だったら見に行きます。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 20:43:07
観た。パオーンのやつがネタバレなしでお願いとか言ってる。うーん、過大な期待はするなとだけ言っておこう。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 20:45:41
監修・中田節也、協力・大木聖子と気象庁。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 20:48:59
グスコーブドリは15年くらい前にもアニメ化されたんだ。あれは大学の授業に使ったくらい出来が良かった。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 20:51:23
今回のやつ、サンムトリの噴火制御のとこは良かったよ。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 20:54:26
ああ、パオーンに先手を打たれて釘をさされたので、これ以上言えない。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 20:59:48
前作のアニメは正直泣けたし、たしか早川先生も泣いたって言ってた。火山学者の琴線に触れるものがあった。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 21:02:43
でも早川先生はへそ曲がりだから、きっと今回のほうがいいとか言いそうだ。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 21:04:51
ドリプラでパスタ食って帰ろ。
onkapi @onkapi 2012-07-07 21:13:53
今日は、@usa_hakase センセの気持ちがなんだか伝わるツイート多し
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 21:15:43
そういえば映画の中に中田技師というひとがネコの姿で出てきた。火山や火山局の表現はとても良かったよ。
@_yukilin 2012-07-07 21:39:47
@usa_hakase わたしはNHKのラジオドラマの印象が大。映像がなかった分、想像力が掻き立てられた。これを聴いて国語の授業で作られた宮澤賢治嫌いが治った。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 22:38:54
きょう映画館の宣伝で見たけど、この映画おもしろそうだ。貞享暦をつくった渋川春海の物語。目のつけどころがいい。http://t.co/PSSXZZDO
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 22:44:28
貞享暦は、1685年に日本人が独力で最初につくった暦。それ以前の800年間は中国からむかし輸入した宣明暦を使っており、誤差が蓄積してひどいことになってた。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 22:47:05
歴史地震や歴史噴火やってると旧暦や旧時法のことにも詳しくならざるを得ないのさ。
@_yukilin 2012-07-07 23:08:11
この前作、知らない。こっち見たいなぁ。小田さんは嫌いじゃないけど、歌詞のある主題歌付けた段階で今度の作品はある程度覚悟はしてるんだけどね。 RT @usa_hakase: 前作のアニメは正直泣けたし、たしか早川先生も泣いたって言ってた。火山学者の琴線に触れるものがあった。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 23:12:34
アニメの前作。火山局の技師となったブドリは、空中からの農薬散布が招いた農民とのトラブルで怪我をして入院した際に、新聞記事を見て訪ねてきたネリと再会する。ネリはすでに結婚していて2人の子どもがいた。ちょうど生き別れになった頃の自分たちと瓜二つ。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 23:14:34
↓今回のアニメにはない重要な伏線。この子たちを自分たちと同じ目にあわせてはいけないことを強く思う場面。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 23:20:03
アニメの前作。死を覚悟してカルボナード作戦に臨むことを決意したブドリは、お世話になった赤ひげ夫妻にそれとなくお礼とお別れに行く。ネリだけがブドリの悲しい決意を知っている。星まつりの夜、数十年ぶりに巡りあった兄妹は、しばしの別れの時を過ごす。→こういう場面も今回はなかったなあ。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-07 23:24:11
結局、原作にもない夢の中の世界とか、変なとこに時間と費用つかってるから、肝心の本筋がおろそかになるんだ。
残りを読む(48)

コメント

うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-08 09:47:40
作品解説を入れて、まとめを更新しました。アニメ前作の公開当時に、仲間内のニュースレターに書いた紹介文を見つけたので、それを少しいじりました。
鈴木誠二 @esukiesuji 2012-07-08 16:24:12
中村隆太郎監督のこだわり部分が、火山学者の先生方にちゃんと伝わっていたことを知ることができて嬉しいです。監督にも伝えてなければ!
どどど @darkboysandmen 2012-07-08 17:12:40
ぬあああ、前作観たくなって来た。原作読んだ時にものすごく感動して何度も読み返した。なもんだからアニメでイメージ壊されたくなくて観なかった。うさ博士のツイ読んでたらなんだ名作じゃないのさと思う。
鈴木誠二 @esukiesuji 2012-07-08 18:42:47
中村隆太郎監督にこのまとめのことを教えたら喜んでいました!
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2012-07-08 21:10:33
アニメ前作の監督のお知り合いの方ですね。ありがとうございます。よろしくお伝え下さい。
NAL / ナルサワトモアキ @wastedays 2012-07-08 23:58:53
どうも制作者側が「叡智と理性と意志の力で自然と対峙する」というテーマにあまり興味が無くて、「理不尽な死にどう向き合うか」だけに絞った感があるんですよね。『銀河鉄道の夜』の続編的位置づけならそれもありかもしれませんが。
kenbo @Kenboan 2012-07-09 23:59:33
原作(に近い)グスコーブドリを見て泣く火山学者さんの「琴線」とは、「社会の人々に対する、選ばれし者(能力のあるもの)としての使命感」なのだろうな、、と思いました。
kenbo @Kenboan 2012-07-10 00:01:35
原作は、私には感動というにはあまりに辛い内容。自分にできるか?という思いと同時に、自分が救われる側だとしたらグスコーブドリの気高さに応えられるのだろうか、とも。『塩狩峠』を読んだ時も同じ思い。
kenbo @Kenboan 2012-07-10 00:03:13
(オフコースをまとめにいれていただいた「場違い感」と申し訳なさと気恥ずかしさのあまり、ちょっと書き込みましたw)
RRD/国際的ペロリストグループ赤い猫団 @ranrando 2012-07-17 00:42:07
「原作にもない夢の中の世界」こそ俺がやったやった!と心の中で喝采した部分、未完「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」ですよ。グスコーブドリはネネムの改作。この二作の関わりに対する本作の答えが、お涙頂戴自己犠牲要素の排除なのでしょう。
RRD/国際的ペロリストグループ赤い猫団 @ranrando 2012-07-17 01:03:36
勘弁してくれよ、そういう死ね死ね映画→「死を覚悟してカルボナード作戦に臨むことを決意したブドリは、赤ひげ夫妻にそれとなくお礼とお別れに行く。ネリだけがブドリの悲しい決意を知っている。星まつりの夜、数十年ぶりに巡りあった兄妹は、しばしの別れの時を過ごす。」
Épouvante @epouvante 2012-07-31 13:48:13
「クーボー*大*博士だ!」と叫びたくなった
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする