10周年のSPコンテンツ!

中小企業のための銀行交渉力向上講座(入門) かけひきテクニック30②

税理士という立場で銀行との交渉力をしてきた経験から、中小企業における銀行交渉力アップ法をまとめてみます。第1章は中小企業でも自分でできる「銀行さんとのかけひき」で全30問30答を予定しています。 6.返済はどのように行えばよいの? 7.新規開業資金 8.どのような銀行と付き合えばよいか 9.銀行選びの極意 続きを読む
人事 経営 会計 交渉 借入 銀行 融資 中小企業
20
松波 竜太 @maznami
資金繰りに重点を置いた経営に関する超大切な2つの事→①預金残高に余裕がある状態に慣れる(使ってしまわない)。②税金を払わないのが当たり前という経営を脱する。
松波 竜太 @maznami
「借りたところで右から左、預金残高なんて残らない、私がしているのは優良企業の話で普通は無理」というご意見を頂きました(ツッコミありがとうございます)。実情はこういった企業が多いのが事実。誰がこういう資金繰りを教えたのか、または誰にも教わらなかったからこうなってしまったのか…(続く
松波 竜太 @maznami
しかし、これはよくある銀行融資へのアプローチミス。銀行交渉を有利に運ぶためには、預金残高がしっかり残るように借入をするのが定石なのです。銀行には2つの行動原理があります。①お金がないところには貸さず、お金があるところに貸したがる。②横並びが大好きで、一行が貸すと他も貸す、(続く
松波 竜太 @maznami
一行が引くとみんなで引く。この2つを押さえると、銀行交渉を有利に進める為にすべきは、一つの方法論に行きつきます。「いますぐ借りたい(借り換えをしたい)と言わない」「他の銀行も貸したいと言ってくれてる」という状態を意図的に作る。つまり、「借入限度額まで借りられるだけ借り、(cont
松波 竜太 @maznami
手元資金を厚くしておく」のが一つのポイントなのです。今時の金利は高くても2%後半。1,000万円借りても金利は月々25,000円弱です。「無駄な有利子負債を圧縮し利益を出す」という考えこそ優良大企業しかとれない戦略で、むしろ利息は資金不足に陥らない為の保険料と考えるべきなのです。
松波 竜太 @maznami
また、「手元資金を厚く」というのは、月商の2~3か月分を一つの目安と考えて頂くと良いのではないかと思います。これは言い換えると「2~3か月なら売上ゼロでも会社が回る」額ということになります(実際には入金-支払日のギャップでもう少し必要ですが)。これ位であれば、(続く
松波 竜太 @maznami
「借りなくてもやっていけるんじゃないですか?」という理由で審査ではねられることはありません。こうしておくことで、売上減となる危機に見舞われた時、危機に陥ってから銀行に融資を依頼すると、銀行の融資姿勢は非常に慎重になるます。そんな時に銀行に融資を依頼をしないで、(続く
松波 竜太 @maznami
何とか乗り切れるよう手元資金を潤沢にしておくこで、こちらがイニシアチブをとることが可能になるのです。
松波 竜太 @maznami
【6.返済はどのように行えばよいの?】返済法には①期限一括弁済と②分割弁済の2つがあります。また、②においては「一定期間据え置き後」分割弁済というオプションを付けることができる場合があります。賞与資金や納税資金のような短期(1年以内)の借入は期限一括弁済が前提になります。(続く
松波 竜太 @maznami
ただし、期限後に一括弁済をするのはきついのが一般的なので、普通は②の分割弁済方式で借入をするのが普通です。会社の財務状態にもよりますが、「5年弁済」をひとつの基準と考えて下さい。多少金利は上がりますが、感触を見て「7年」でいけるようならば、申込時に希望を出してみるのも一つです。
松波 竜太 @maznami
一般的には運転資金では5年、設備資金では10年が最長弁済期間となります。融資額と同じで、ゼロか百かではなく、企業の体力によって審査の過程で短縮されますので、長めに言っておいて損はありません。ここからが非常に大切ところですが、銀行借入は「折返し融資」を受けるのが前提です。(cont
松波 竜太 @maznami
折返し融資というのは、例えば1,000万円借りたとして、3年たって600万円返したら、また600万円を補充してもらうように再融資を受けることを言います。特に日本公庫の場合は3分の2を返済し終わると、「折返融資のご案内」が届くのが普通です。なので、弁済期間5年というのは(cont
松波 竜太 @maznami
ひとつの目安と考えておくのが良いと思います。「1,000万円を5年で返すとすると、1年200万円ずつなんて返せない」と考えるのは間違いです。1,000万を借りると1,000万円の預金残高があるはずです。この1,000万円から200万円を弁済するだけのことなのです。(cont
松波 竜太 @maznami
「じゃあ何のために借りるのさ?」ということになりますが、運転資金は「買掛・人件費の支出と売掛の入金の一時的な収支ギャップを埋めるもの」なので、このような弁済方法でも資金は回るはずです。資金が回らないのは赤字穴埋めための借入の場合で、普通の状態ではなく(cont
松波 竜太 @maznami
事業の在り方そのものを考え直す必要がありますので、ここでは説明を割愛させて頂きます。
松波 竜太 @maznami
【7.新規開業資金】新規開業資金の融資、ハードルは割と高いですが、条件さえ満たせば実行可能性が高いという特徴があります。日本公庫(国民生活事業)には「新規開業資金」という制度があります。保証人か担保が必要で、用意できなければ自己資金の3倍(または予想月商2ヶ月分)が借入限度。(続
松波 竜太 @maznami
しかも、自己資金を証明するのが割と面倒というおまけつきです。これが決算書を2期分出せるようになると、一般枠として取り扱われるようになり、状況が一変します。開業借入でご苦労をされた方に、運転資金の借入をお勧めすると、「きっと無理」と、拒否反応を示されることがありますが、(続く
松波 竜太 @maznami
申込んでみるとあっさりとOKが出て驚かれることがあります。あるいは民間銀行でも保証協会の保証付き制度融資があり、こちらの場合には保証人は不要となりますが、制度の概要は日本公庫のものとほぼ同じです。開業資金はハードルが高く費用対効果を考えると合わないというのが正直な感想です。(続
松波 竜太 @maznami
ただ、要件を満たした上(繰り返しますがここが最大の難関)で、事業計画書を出すことさえできれば、たとえ実績がなくとも、かなり高確率で融資が受けられますので、要件を満たしている方は検討に値する制度だと思います。考えようですが、意気揚々と開業をしたが良いものの、思ったよりも売上(続
松波 竜太 @maznami
が伸びず、資金に苦労した挙げ句に融資を申し込むということを考えると、一般枠で借りるよりも易しいという場合もあるかもしれません。「始めから」手元資金を厚くしておくことで「安心を買う」、また、「銀行融資慣れ」をしておくということも経営な大事な要素です。
松波 竜太 @maznami
【8.どのような銀行と付き合えばよいか】まず、時系列・借入規模別に3段階に分けて考えてみたいと思います。①銀行借入初心者で借入規模5,000万円以内の場合。まずは地元の信用金庫とメガバンクに口座を作りましょう。メインで付き合うのは信用金庫で、メガバンクはネットバンキング用です。続
松波 竜太 @maznami
紹介者なしの場合、メガバンクでは設立当初は法人は預金口座を開くのが難しいかもしれません。その場合には潔く諦めて1-2年待ちましょう。決して「開業当初は預金口座さえ作ってくれなかった」などと後々まで恨むようなことがあってはいけません。気持ちはわかりますが、断られているのは(cont
松波 竜太 @maznami
あなたの会社だけではありません。その点、信用金庫は口座開設を渋ること言うことはありません。そして、「定期積金」という積立預金商品がありますので、これをお願いします。そうすると毎月足を運んでくれるようになります。そして、半年から1年たったところで日本公庫に借入を申し込みす。(続
松波 竜太 @maznami
開業資金の場合は少し手続きが大変ですが、決算を2期以上くぐっている企業は難なく借入ができるはずです。月商分くらい借りておけば大丈夫です。資金使途は通常の運転資金と言っておけば問題ありません。そして、1年もたったところで、信用金庫に借入を申込んでみましょう。おそらく保証協会付(続
松波 竜太 @maznami
融資になりますが、スムーズに借入ができるはずです。ここでも月商分くらい借りておいてください。おそらくこの段階で預金通帳には月商2か月分弱の預金残高があるはずです。そして、もう1年くらい返済が進んだら日本公庫に折返融資を打診してみて下さい。借入してから2年が経過していますから、(続
残りを読む(37)

コメント

Louis @border1024 2012年7月10日
赤字資金について割愛されていましたが、銀行の融資姿勢が慎重になる赤字の時、銀行に融資を依頼をしないで済むように手元資金を潤沢にするのが目的だと思っていましたが、その辺はいかがでしょうか。
松波 竜太 @maznami 2012年7月10日
ご指摘ありがとうございます。仰る通りです。説明を端折りすぎました。この点について、付け加えさせて頂きたいと思います。
松波 竜太 @maznami 2012年7月10日
border1024 ありがとうございました。前半部分に追加しました。一時的な売上減の時の対策については、また改めて後程ふれさせて頂きたいと思います。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする