ヒッグス粒子探しは役に立つか?:谷村省吾教授の提言

名古屋大学の谷村省吾教授(@tani6s)による、ヒッグス粒子探しに役に立つのか?という問題についての提言をまとめました。 このまとめについての反応や意見は「ヒッグス粒子の探索にどういう意味・価値を見い出すか」 →http://togetter.com/li/336613 にまとめました。
85
TANIMURA Shogo @tani6s

ヒッグス粒子の探索実験に関連して、「ヒッグス粒子が何の役に立つの?」「私たちの生活に関係あるの?」という類の疑問は、人として自然な反応だ、ということを私はツイートしました。 http://t.co/vfHNofDW

2012-07-09 13:27:02
TANIMURA Shogo @tani6s

そういう研究成果の報告を、科学者とそうでない人はどう受け止めるかということを、ごく主観的に述べたまでです。

2012-07-09 13:27:16
TANIMURA Shogo @tani6s

科学の知識が「役に立つ」とはどういうことか?という問いは、いろいろな観点から検討されるべき問題だと思います。

2012-07-09 13:27:28
TANIMURA Shogo @tani6s

私はCERNの実験研究とは直接的関わりを持たない者です。また、素粒子の標準理論に私はまったく貢献していません。

2012-07-09 13:27:43
TANIMURA Shogo @tani6s

ですから私はCERNの研究成果を自慢することはできないし、CERNでの研究に費やされた資金について釈明をすべき立場にもありません。

2012-07-09 13:27:58
TANIMURA Shogo @tani6s

物理学の研究に公共資金が使われていることについて公的説明は不要である、とは思っておりません。むしろ心ある多くの科学者たちは「世のため、人のために役に立つ研究をしたい」と思っているし、その種の説明を一生懸命している、と思います。

2012-07-09 13:28:10
TANIMURA Shogo @tani6s

ただ「役に立つ」という言葉の意味は非常に広くとっておかないといけない、また、気長に待たないといけない。投入資金の回収を急ぐと、そもそも科学の息の根を止めてしまうことになる、と思います。

2012-07-09 13:28:25
TANIMURA Shogo @tani6s

ツイッターという場ではものごとの一面しか語れないですが、視野を広げるための提言をしておきたいと思います。

2012-07-09 13:29:39
TANIMURA Shogo @tani6s

そのためには、「役に立った科学」の事例を思い起こした方がよいと思うのです。

2012-07-09 13:29:52
TANIMURA Shogo @tani6s

ヘルツは、1887年に電磁波の存在を実験検証した人ですが、「それが何の役に立つのですか?」と尋ねられて「何の役にも立ちませんよ」と答えたそうです。

2012-07-09 13:30:06
TANIMURA Shogo @tani6s

「それは何の役にも立っていない。マクスウェル先生が正しかったことを証明しただけの実験だ。我々の肉眼では見えない不思議な電磁波は確かに存在する。しかし、たんに存在するだけだ」 http://t.co/KwA0wSXc

2012-07-09 13:30:22
TANIMURA Shogo @tani6s

いま、テレビや携帯電話や無線LANやレーダーやGPSなどはすべて電磁波を使っていますが、電磁波が役に立っていないと言う人はいないでしょう。

2012-07-09 13:31:46
TANIMURA Shogo @tani6s

もちろん電磁波の発見だけでこれらの機器がすべて可能になったわけではなく、さまざまな発明・発見・工夫・改良のシステマティックな統合がこれらを可能ならしめたわけですが。

2012-07-09 13:31:52
TANIMURA Shogo @tani6s

エジソンは、1877年に蓄音機を発明しましたが、その使用目的としては、遺言の録音とか、盲人用の本の朗読などを想定していたそうです。音楽の録音・再生に使うつもりはなかったし、そのような目的は下品だと考えていたそうです。

2012-07-09 13:32:17
TANIMURA Shogo @tani6s

しかも最初の蓄音機の音質は、とても音楽の鑑賞に堪えるようなものではなかったでしょう。

2012-07-09 13:32:34
TANIMURA Shogo @tani6s

発明・発見は、何の役に立つかわからないようなちっぽけなものから始まるし、意図的に作られた「発明品」ですら、当初の目的どおりに使われるとは限りません。むしろ発明者が思ってもみなかったところでブレイクすることがあります。

2012-07-09 13:33:06
TANIMURA Shogo @tani6s

エジソンの蓄音機のエピソードはジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』の第13章に書かれています:

2012-07-09 13:34:13
TANIMURA Shogo @tani6s

ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』(下巻) http://t.co/14Bz4eKp

2012-07-09 13:34:25
TANIMURA Shogo @tani6s

この本の第13章のタイトルは「発明は必要の母である」です。必要だから発明するのではなく、発明されちゃったものは、後から使い道が見つかったり、見つからないままに終わったりするものだ、ということ言っているのです。

2012-07-09 13:34:44
TANIMURA Shogo @tani6s

ヒッグスボソンの探索をモナリザを描くことにたとえる人もいますが、 私は、むしろ「世界一周旅行の達成」とか「目に見えない微生物の発見」とかにたとえた方がよいのではないかと思います。

2012-07-09 13:35:13
TANIMURA Shogo @tani6s

これらの発見は、我々の世界観を変える力がある、我々の目を見開かせる力がある、世界はこういう作りだったのだ、ということを教えてくれる力がある。

2012-07-09 13:35:52
TANIMURA Shogo @tani6s

それは一人の芸術家が創り出した作品とは違った意味の、人類の偉業だと思うのです。

2012-07-09 13:36:03
TANIMURA Shogo @tani6s

たとえ話で争うつもりはないのですが、「モナリザ」では美的・芸術的面を強調しすぎて、「高価な美術品を購入できない人たちには関係のない話」を連想させるのではないかと思いました: http://t.co/KkU5bHku

2012-07-09 13:36:31
TANIMURA Shogo @tani6s

モナリザは一箇所の美術館にしか置けませんが、ヒッグス粒子(ヒッグス場)はあるとすればどこにでも潜在的にあるものですし、ヒッグス粒子に関わる物理法則は、宇宙の普遍な法則ですから、誰にも独占されません。時代を超えて人類の共有知識になるのです。

2012-07-09 13:36:54
TANIMURA Shogo @tani6s

そういうことは素晴らしいと思うから私はこれらの理論を創り上げた人たちやCERNの実験家たちに最大限の賞賛を贈りたいのです。

2012-07-09 13:37:06
残りを読む(8)

コメント

徳島 高 @TTokushima 2012年7月9日
「役に立つ」を求めすぎてまずい状態になっているのが日本の科学かも。しばらくは役に立たないヒッグス粒子の発見のニュースを通じて、すぐには役に立たないけど、未来を変えるかもしれないという目で見てもらえるようになるといいなぁ。
1
岡一輝 @okaikki 2012年7月9日
「学校の勉強が何の役に立つのか」なんてドヤ顔で言う生意気な中学生もいるけれど、「学んだことをどう役立てるか」ということは、すなわち、「自分はどう生きるか」という事であって、自分で答を出さねばならぬ、他人に答を求めてはならない事なのだ。
2
岡一輝 @okaikki 2012年7月9日
だから、同じように、人間の知識や世界が広がって、それが人類共通の財産として示されたのであれば、それにどんな意味を与え、どんな価値を見出すか、ひとりひとりが、自分の頭と心で、自分なりの答を探すべきなのではないかしら。
0
夢乃 @iamdreamers 2012年7月9日
うーん、必ずしも「役に立つ」必要はないと思う・・・私、人類の使命の一つは「未知の探求」と「知識を次代に残すこと」(それが人類じゃなくても)と思っているし、それに、単純に「知らないことは知りたいっ」とも思っている・・・だから、それが役に立とうと立たなかろうと、知ること、知る努力をすることは応援したい。
2
かへ☆いん @kahein_ryaku 2012年7月9日
ヒッグス粒子に関しては,説明されても「お,おう・・・え?」ってなるぐらいよく分からないものだから皆「それって生活で役に立つの?立たないの?」っていう結果論につい話が進んでしまっているような気がする.と,書いている本人もヒッグス粒子についてさっぱりなのですが
0
神條遼@Charge-on! Access-rock! Fighter-change! @kamijo_haruka 2012年7月10日
単純に『役に立つ/立たない』の二択問題にして、何でもかんでも功利主義的判断が絶対だと思うのは間違ってると思うんだ。
1
ゴイスー @goisup 2012年7月10日
「基礎研究」は直接なんかの役に立つとは誰も思ってないんじゃ? それでも必要なのは皆分かってると思うけど?
0
ゆ@普通のおとめ座超銀河団の労働者階級 @U_fort 2012年7月10日
(恐らく経済的な面で?)役に立つ立たないという議論をされてしまっては、文学、史学、哲学の面子丸つぶれですわ・・・
0
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 2012年7月10日
ちょっと違うがレンホーを思い出した。しかしこういう最先端科学の知識はちゃんと説明できる人が広めないとワケの分からないオカルトと扱いが変わらんなあ。
0
やすかい/yasukai @uk_maniax 2012年7月10日
「役に立つかどうか」って、ある意味結果主義とも言えそうな。もちろんイメージ(想定)してから取り組むことが一般的なんだけど、臨機応変が利かないというのもまた困った話かと。
0
縄文人(伯爵系研究者なのです) @dicekicker 2012年7月10日
科学から離れた人だと,基礎研究と応用研究の区別が付いてない人は多いと思う.基礎研究で発見された物質や現象を世の中で「役に立つもの」にするのは応用屋さんのお仕事かなぁ,と
0
Kalle Svensson @Kalle_Svensson 2012年7月10日
この手の「役に立つ」「役に立たない」は、恐らく、「理数」を勉強したくない人の言い訳の原点からきてるように思う。
0
Kalle Svensson @Kalle_Svensson 2012年7月10日
この手の「役に立つ」「役に立たない」は、恐らく、「理数」を勉強したくない人の言い訳の原点からきてるように思う。
0
🦅あえとす⛩️ @aetos382 2012年7月10日
「(私にとって分かりやすい形で)役に立たないのであれば、その研究に費やした資金や時間を、もっと他の(私にとって分かりやすい形で)役に立つことに投資すればいいのに」ということかなーと思いました。
1
たられば @tarareba722 2012年7月10日
感動した。こういう「科学者たちの声を世の中の人々たちに伝道できる人」は貴重だ。「知らないでいるよりは、知ることに価値がある、力がある」
1
pgrtink @fekuelyn 2012年7月10日
日本に限らずどこの国でも基礎研究というか、一見したら実生活と少しも関係のない世界は冷たく見られがち。家屋で言うところの土台と同じような働きを果たしているのに、目に見えないせいで役に立っていないように思われる。
0
豆腐小僧 @KatagiriSo 2012年7月10日
「それが何の役に立つの?」というのは相手を逆上させて本音を引き出すのに良い質問かもしれない。回答を拒否するようならその程度の人な訳だし「電磁波が‥」という回答なら「ああ、テンプレ回答か。」とわかる。
0
はどろん @poppei481 2012年7月11日
素粒子物理学はこれからどうなるんだろう?更にビックなヒュージサイエンスになるのか?怖いような、楽しみなような…
0
{白,黒}のカピバラの左随伴右随伴 @ainsophyao 2012年7月11日
高い情緒的価値 副作用的技術発展 将来性 の三つを挙げるのがテンプレかなあ。
0
Tomo @Tomo1981a 2012年7月11日
まさか量子の研究が『がん治療』の役に立つなんてアインシュタインも予想しなかっただろうなー
0
Indicator_s @essential24 2012年7月14日
基礎研究は最新技術を常に支えてきた。だがスマホができたからといって世の中からイジメがなくなったことはない。過剰な技術が却って人間に毒だということを我々は原爆から学んだのではなかったのか。こういうニュースを見るたびに人間は見るべきものを間違っていってるような気がしてならない。
0
楽茶@rakti @rakti_puncak 2012年7月16日
数学者であるヤコビの有名なセリフ「学問は人間精神の名誉のために」云々を思い出しました。ヒッグス粒子探しについてだけでなく、他の基礎研究にも言えることかもしれませんが。
0