1歳児の甲状腺被曝線量と甲状腺ガン発症リスクの試算

2011/3/15 ピーク時の呼吸による被曝線量試算(東京といわき市)がメインです。 新聞記者、ジャーナリストは等価線量と実効線量の違いくらい解かってから記事にして下さい。 甲状腺等価線量の最大が100mSv以下なら安心していいです。 ただし国の調査は3月26~30日でNalシンチ、床次氏の調査は4月11~15日で母数70名弱と、どちらも精度に疑問があります。 福島県では4年後以降、発症数増加の可能性を想定して子どもの健康管理をする必要があると私は考えます。
原発 震災 ヨウ素 福島第一原発 甲状腺癌
34

まとめを作ったきっかけ

まとめ 東京に放射能が来た日(2011年3月15日) 2011年3月15日でした。この日に吸引してしまったヨウ素による健康被害を心配する人がいま多い。 ・私のツイートはこのまとめから抽出した。 http://togetter.com/li/116288 ・早野さんのツイートは削除されているため、ツイログ画像で挿入した。 ・野尻さんのツイートは、収拾中にブロックされたので途中まで。残りひとつは画像として拾った。 93588 pv 1110 12 users 274
I131放出量比較とチェルノブイリの甲状腺被曝と発症リスク
akachun @akachun
再掲】ヨウ素131の放出量比較 福一は東電によると50万テラベクレル http://t.co/EJbbKqkA  チェルノブイリは今中哲二氏によると185万テラベクレル(5000万キュリー) http://t.co/izgPzhII  よって福一の放出量はチェルノブイリの約27%
akachun @akachun
【再掲】小児期の放射線被ばくによる甲状腺がんのリスクについて http://t.co/6S1fjzwu 甲状腺がんの5年生存率は90%近い チェルノブイリで少なくとも4000人発症した(正確には不明) 発症率は被曝線量に比例した。1Sv(等価線量)で年間1万人あたり2人程度発症
akachun @akachun
チェルノブイリの甲状腺等価線量と福島の比較 http://t.co/y5FzeONd (抜粋メモ)初期被曝による甲状腺等価線量はベラルーシで34~370mSv 避難者に限ると平均1300mSv (最大は10000mSv)
akachun @akachun
チェルノブイリでは1992年から2000年の間に少なくとも4000人が発症フクシマはI131の放出量が4分の1だったので、2016年から2025年の間に1000人くらい発症するんじゃないの? 人口密度(増?)、ヨウ素欠乏率(減?)、避難の仕方(??)により増減するだろけど
東京都3.15ピーク時屋外での呼吸による甲状腺被曝と発症リスクを最大試算
akachun @akachun
ICRP Publ.72 (1996)準拠だと甲状腺の組織加重係数は0.04じゃなくて0.05なのか…
akachun @akachun
3.15 東京(世田谷区)のヨウ素131呼吸被曝による甲状腺等価線量を計算してみよう 必要なデータはまずはこれ http://t.co/QDPhqYFK 都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果について 東京都産業労働局
akachun @akachun
(2)9時~10時 67Bq/m3 10時~11時 241Bq/m3 11時~12時 83Bq/m3 3時間の平均濃度は130Bq/m3 この3時間、1歳児が屋外で軽運動を続けていた場合の線量を求めることにします。
akachun @akachun
(3)呼吸率の資料 5頁目 http://t.co/9VAhk11R (文科省/ICRP72,CD1998)より 1歳児 軽作業時の呼吸率 0.35m3/h ヨウ素131の吸入摂取量は 130Bq/m3 × 0.35m3/h × 3h = 136.5Bq
akachun @akachun
(4)ヨウ素吸入摂取による甲状腺等価線量の換算係数は、3.2μSv/Bq (吸入摂取 ICRP Pub71 1歳児 ヨウ素単体)使うことにする http://t.co/1o2xWhvO → 136.5Bq × 3.2μSv/Bq = 436.8μSv ≒ 440μSv
akachun @akachun
東京(世田谷区)のヨウ素131吸入による甲状腺等価線量を計算したら 440μSv でした。(3.15 9時から12時 屋外 1歳児 軽運動を想定) ざっくり0.5mSv ベラルーシ避難者の平均は1300mSvですので、目に見える健康被害は出ないでしょう。
akachun @akachun
リスクを定量評価 http://t.co/6S1fjzwu Jacob et al. 2006 EAR を使います。 2.66 /万人・年Gy(=Sv) × 0.5mSv = 0.0013 /万人・年 年間1万人あたり0.0013 → 年間1000万人あたり1.3人発症が増えます
akachun @akachun
世田谷区は0.5mSv だけどもっと濃度高いところはあったはず。首都圏土壌調査結果を見ると江戸川区の土壌汚染(Cs)は世田谷区の15倍ほど http://t.co/MuGlPs69 (放射能防護プロジェクトの資料だが、数値は信用してる) 単純に掛け算すると江戸川区は7.5mSv
akachun @akachun
江戸川区は年間50万人に1人くらい。

(15倍は乱暴かもしれませんが…)

いわき市3.15ピーク時屋外での呼吸による甲状腺被曝と発症リスクを最大試算
akachun @akachun
ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図(5)~埋もれた初期被曝~」 http://t.co/vRQRSRvC 動画 ヨウ素131拡散シミュレーションは71分過ぎから
akachun @akachun
ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図(5)~埋もれた初期被曝~」より 実測データを元に解析したI131拡散シミュレーション http://t.co/ZPKhwUB8 http://t.co/RrJoGbjX http://t.co/pJydMdq1
拡大

3/15 1:00 赤いところが10万Bq/m3超
http://p.twipple.jp/gCgE2

3/15 2:00 北北東の風 中心部100万Bq/m3近いか?
http://p.twipple.jp/cHD7l

3/15 3:00 赤いのが原発30㎞圏外のいわき市北部へ到達
http://p.twipple.jp/L9CXY

akachun @akachun
(続き)動画では71分頃から 3月15日4:00 http://t.co/mbyD52rs 3月15日5:00 http://t.co/zS2YkD3k 3月15日6:00 http://t.co/MYIxRIm8 いわき市に最大10万Bq/m3超の放射能雲が襲来してる
拡大
残りを読む(21)

コメント

akachun @akachun 2012年7月13日
まとめを更新しました。他の人の線量推計、シミュレーションの動画を追加、テキスト追記
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年7月13日
こちらもご参考に→ チェルノブイリ事故の子どもの甲状腺被曝状況(http://j.mp/LoNd43):10Gy以上約150人、1Gy以上約5500人、200mGy以上約2万7700人 子どもの発症は数千人。発癌率:http://j.mp/KTmfDN  ちなみに、最も汚染された3か国における甲状腺被曝総量は1000人当たり数百Gy
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年7月13日
ヨウ素131拡散シミュレーションも大切ですが実測はもっと大切ですね。 ご参考に→ 甲状腺スクリーニング編(http://togetter.com/li/336444) 被ばく量が多かったとされるいわき市の甲状腺沈着量の実測値( http://j.mp/P46aud
akachun @akachun 2012年7月13日
kazooooya 参考資料ありがとうございます。田崎さんの文章は詳細で解りやすくとても勉強なります。安全委が当時言ってた「最大35mSv」っていわき市だったんですね。
akachun @akachun 2012年7月13日
チェルノブイリとの比較で単純に割り出した発症数のマクロ的概算や、I131ダスト濃度から被曝を最大見積もりした試算が、過大評価であり、5年後10年後も被害が出なければそれに越したことはありません。
頭文字爺 @initial_g3 2012年7月13日
これ見た放射脳の方々は、御用学者が云々言い出しそうですが、反原発活動している方々のページ見ても、出てる数字は大体同じですね。
頭文字爺 @initial_g3 2012年7月13日
例:IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、首相官邸資料「チェルノブイリ事故との比較」との驚くべき相違 http://peacephilosophy.blogspot.jp/2011/04/blog-post_17.html
れーねる @ree_fa 2012年7月13日
今回の試算をワーストケースとして対応予算を確保しておくべきと言う事でしょうか?I131等に関しては経口による影響が大きいのでは…と思います。
頭文字爺 @initial_g3 2012年7月13日
ろくに資料を読まず数字に脊髄反射しそうな人が居そうなので補足。こちらのページだと甲状腺ガンの患者数はベラルーシだけで1万2千となってますが、「事故(1986年)以降」の累計で報告されたのが2007年。一方、akacu氏の言う4000人は1992年~2000年。
kartis56 @kartis56 2012年7月13日
ree_fa 気体で放出されたものをどうやって経口摂取するんです?
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年7月13日
お医者さんもいろいろで放射能影響を過大評価するのはハゲデキタやDr.ポンチなどでも明かw あッ、曝露様態は、1に内部被曝、2に外部被曝、そして3にホット・パーティクル エッ?ってお医者さんはこちら→ http://togetter.com/li/330227
れーねる @ree_fa 2012年7月13日
@kartis56 気体というか地表降下分に対しての食品での濃縮ですかねぇ。今回のケースだと検査やってるんでその影響は無きに等しいでしょうが…
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年7月13日
経口摂取ということは食品や水からでしょう。首都圏では水道水が200Bq/kgを超えるか超えないか、というのが数日あった程度なので、ざっくり1日1リットル×一週間×乳児の甲状腺等価線量係数、で 200×7×2.8μSv=3920μSv≒4mSv。1週間も続かなかったと思いますがまぁだいたいそんな桁じゃないでしょうか。
Sひろし @1970er 2012年7月13日
まとめ主は自信家だな。実測値と仮定に仮定を重ねた机上計算に大きなズレがあるなら、俺なら机上計算の方を疑う。(可能なら再測定もやりたいところだが)
akachun @akachun 2012年7月14日
まとめをまとめに差し込む方法を会得したぞ
akachun @akachun 2012年7月14日
経口摂取については牛乳と野菜についてはstudy2007氏(ナウシカのアイコンの人)が試算されてます。私はピンポイントで試算してますがstudy2007氏は網羅的にやってくれてます。
akachun @akachun 2012年7月14日
ヨウ素が大気中に放出→露地栽培の野菜→経口摂取 大気→飲料水へ溶け込み→経口摂取などのパターンですかね。浪江町の避難者が野ざらしの引き水を当時飲んでいたという話もあります。
akachun @akachun 2012年7月14日
200Bq/㎏(㍑)ならそんな桁ですね。85000Bq吸入摂取して270mSvというオーダー(桁)ですから。
akachun @akachun 2012年7月14日
机上計算の方が間違いならいいのですが、他の人の推計とは大きなズレがないんですよね。そして残念なことに再測定は不可能。ならこれからどうするべきかという話。
akachun @akachun 2012年7月14日
語弊があるので訂正。「私はピンポイントで試算してますが」←これは呼吸に関する今回の試算のこと。上のコメント中には不要でした。この部分は無視してください。すみません
Sひろし @1970er 2012年7月14日
誤差を含んでいても実測値はそれなりに使えるものだよ。例えば、273.6mSvは他の実測に対して、平均値で10倍以上。吸入時期が同じ想定で計算すれば実測時には10倍以上の放射線が観測されるはず。 http://j.mp/P46aud のケースで当てはめれば、それはBGを引かなくても検出できるほどのレベルとわかると思う。
Sひろし @1970er 2012年7月14日
試算は俺も好きな口だけど、仮定含みの素人計算はケタ違いの誤差を含むのを覚悟すべき。最悪の想定でも被害が小さい、最善の想定でも被害が大きい、とかでないと真面目に捉えるべきではない。実測に勝てるケースなんてまず滅多にない。
akachun @akachun 2012年7月15日
県が内部被ばく検査中止要請…弘前大に昨年4月 http://bit.ly/M3LiiO 参考まで
akachun @akachun 2012年7月17日
解説文追記、合わせてよみたいまとめ追記しました
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする