治外法権と警察の介入 なんでも警察に丸投げできるのか?

渡邊芳之さんとushiroさんの会話のやりとりをトゥギャりました。 渡邊芳之(@ynabe39)/2012年07月15日 - Twilog http://twilog.org/ynabe39/date-120715 ushiro(@ustht)/2012年07月15日 - Twilog 続きを読む
2
ushiro teruhito @usrtrt

いじめの問題は学校のなかに警察を入れても解決しないと思いますわ。教育のことは教育の論理でないと解決できないと思いますの。

2012-07-15 16:04:09
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht その「教育の論理」が「暗黙の了解」でうまく回っていて,それを学校の外の社会も基本的に受け入れていた時代が終わっちゃった感じがすごく強いのです。もう「教育の論理」とその根拠を明示して社会の同意を取りつけないといけない感じ。「アカハラ」の問題がその象徴です。

2012-07-15 16:08:14
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 よくわかります。わたしハラスメント相談員なもので。けれど、警察にできるのは物理的暴力を振るった生徒を拘束するぐらいのことで、物理的暴力抜きの凄惨ないじめはいくらでも可能ですよね

2012-07-15 16:15:49
ushiro teruhito @usrtrt

どの教室にも一人づつ警官が配備されるというようなことにでもなれば多少はいじめも手控えられるかもしれないけど、そうなると手控えられるのはいじめだけではないですよね

2012-07-15 16:22:33
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht 「学校教育を行なうために必要なシステム自体がいじめを生み出している」「システム自体がハラスメントの温床になっている」場合に,いじめやハラスメントをなくすためにそのシステムすべてを捨てられるのかというシビアな問題。

2012-07-15 16:25:09
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 小中学校の状況を知らないので軽々なことはいえないのですが、それでもやっぱり警察的論理で問題が解決されるとは思えないです。生徒と保護者と教師でなんとかしないといけないのではないかと思うのですが、間違ってますか?

2012-07-15 16:30:04
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht もちろん私もそう思っているんです。外の世界では犯罪であるようなことでも(とくに生徒の行為については)「警察的論理」とは違う問題解決があるべきだし,じっさいこれまでそれできちんとやってきたわけです。しかしそのことへの社会的同意が壊れつつある。

2012-07-15 16:31:46
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 もちろん警察を含め専門家の示唆は必要だと思いますが、学校外の装置に委ねて解決するものなのでしょうか?

2012-07-15 16:32:22
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht いまのシステムだと「学校の論理の限界」をどのポイントにおくかが難しいように思います。「ここまでは学校の論理で,ここからはそれでは無理」という,もちろん明確な線など引けっこないんですが。

2012-07-15 16:34:06
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht それこそいじめやハラスメントを防止するために,生徒には外の世界とまったく同じ権利や自己決定権を与え学校で起きるさまざまな事件についても外の世界とまったく同じ司法的対応を行なう,ということで「学校」は成立するのか?ということです。

2012-07-15 16:39:23
渡邊芳之 @ynabe39

学校ってもともと学校の中になんらかの治外法権が認められなければ成立しないものなんじゃなかったか。

2012-07-15 16:41:01
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 わかります>社会的同意が壊れ・・・。「学校の論理の限界」は確かにあるとしても、学校としてはまずは、解決できるし解決させてくれと言いつづける以外にないように思います。学校外の社会の支援がなくなりつつあるのがほんとうに厳しいだろうなと心配しています。

2012-07-15 16:41:38
渡邊芳之 @ynabe39

その「治外法権の範囲」をこれまでのように暗黙にではなく明示的に設定しないといけない時が来た感じがすごく強くしている。

2012-07-15 16:42:06
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 ハラスメント@大学のことを仕事上いつも考えていますが、「外の世界」と同じにしてはいけないし、そもそも無理なのではないかと思います。具体事例に出会うたびに右に左に揺れるので確信はもてませんが。

2012-07-15 16:46:28
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht たとえば親子関係において子どもに完全な自己決定権を認めたらどうなるか,親子関係においても普通の人間関係で犯罪になるようなことは全て検挙するようにしたらどうなるか,ということですよね。

2012-07-15 16:51:13
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 そうです。そしてそこにも虐待の問題絡みで警察的に介入するほうがよいという理屈が働いています。

2012-07-15 16:54:56
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht そういう「司法による解決」を強く訴える人が学校と児童の権利の関係の問題とか親子関係における子どもの権利の問題などについては保守的な立場であることの矛盾が気になります。司法が入ればその人たちの好む「古きよき日本の学校」「古きよき親子関係」は成立しえないんですが。

2012-07-15 17:01:01
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 彼らは、まあ考えなしですから議論はできません。しかし考えなしに引きずられると学校も警察も司法も大混乱です。憂慮しています。絶対専制君主でさえも解決できないことはあるというのに。

2012-07-15 17:06:04
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht 「じゃあどうしたら」という妙案がないことは教育に携わるものとしてほんとうに歯痒いですね。ときどき悲観的になってしまいます。

2012-07-15 17:09:53
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 警察が生徒300人に事情聴取というようなニュースを見ると細胞がいくつか死んだような感覚がします。しかしとりあえず現場を成り立たせていくしかないのでしょう。

2012-07-15 17:15:20
渡邊芳之 @ynabe39

@ustht そうですね。つきあっていただいてどうもありがとうございました。

2012-07-15 17:16:53
ushiro teruhito @usrtrt

@ynabe39 だいたい同意見だとわかりました。こちらこそ、どうもありがとうございました。

2012-07-15 17:18:46
渡邊芳之 @ynabe39

教育や学問の成立に必要な「治外法権」は間違いなくありますが,それが「何についてどこまで」なのかについて以前はあったような社会的同意がなくなっていると思います。それを議論しなおそうよ,というのが以前からの私の主張なのですが,難しいのは確かです。@todaakira

2012-07-15 17:19:03
ushiro teruhito @usrtrt

むつかし。無力を感じる

2012-07-15 17:40:03

【関連まとめ】

残りを読む(4)

コメント

quajzn @quajzn 2012年7月16日
「けんか」等も、一々警察に報告すれば良いと思う。 とはいっても、意欲・知力・人間性が乏しい警官もいるし立派な教職員もいるため、教育現場に任せずに警察一任すれば問題ないとまでは言えないんで、何とも。。。
0
サムバランチャー @niwaka2008 2012年7月16日
正直教師が頼りにならないときに全てが無に帰する現状システムは機能し得ないかと。あと少なくともここ10-20年あたりが古き良き学校だったとも思えない。教師が直接手を下した事件もあるし。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2012年7月16日
たとえば今話題のいじめ事件でも警察が役に立ってなかったし、入れたら何もかも解決するっていう神様みたいな団体じゃないよね警察って。逆に不祥事も各種報道されてるわけでさ
0
雪ノ丞 @Yukinojo 2012年7月31日
だからといって捜査権もろくにない素人の学校に丸投げした結果が、自殺者と犯罪行為の隠蔽だからな。 警察だって万能じゃないけど素人に任せるよりはマシ。
0
雪ノ丞 @Yukinojo 2012年7月31日
ただ今回警察が役に立たなかったのは「いじめ」という言葉そのものに原因があるのかもしれない。警察に対して最初にとったアクションが「いじめ相談」なら、警察も「そりゃうちの管轄じゃねぇ(民事不介入)」って話になると思う。いじめである事は言わず、あくまで刑事事件として傷害・脅迫行為を受けていると相談すれば対応は違ったものだったかもしれない。
0