iRemember

何を見ても何も思いだせない。これは回想ではない。これはテクストである。
ashzashwash 1205view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-07-07 13:55:56
    真夏の九州。じりじりと熱気がうねるような日々。何もやる気がしない夏休み。家の真ん中の部屋の真ん中に置いた座卓の真ん中に、御飯のお櫃と冷汁のお鍋が置いてあって、家の者は好きなときに起きて、好きなときにお昼にして、好きなだけ冷汁を御飯にかけて食べたものでした。#iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-07-07 13:58:34
    iRememberのタグが既にあったとは不覚であった。しかしあっちは全部小文字だが、こっちはRだけ大文字。お洒落。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-07-19 17:18:34
    どうやらぼくは美術館運が悪くて、パリのポンピドーに行ったときも演目は「ブルトン展」。本と原稿が並んだ展示を見ても空しいだけ。でも売店で水を買うために並んだ時、ぼくの前に並んだセリエンヌが、「ヴイッテル」と舌足らずに発音していたのが可愛いかったので佳しとしたい。#iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-07-24 17:24:22
    ぼくのゼニアのサマー・スーツにくるまり、裸足で海辺を散歩する君。硝子で切った踵の傷。君の血はどす黒く、うなぎのゼリーのように苦い。お願いがあるんだ。渚で傷を洗い、その脚で、もうひと働きしてくれよ。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-02 20:29:53
    学生時代、オーディオは友人から無理矢理借りたパイオニアのアンプにテクニクスのアナログ・プレイヤーと骨董品のアカイのオープンデッキを繋ぎ、スピーカーが無かったので代わりにマランツの超でかいラジカセを鳴らしてました。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-02 20:34:44
    小学校のころ、友人が学校に日野日出志の<蔵六の奇病>という短編が載った本を持ってきて、昼休みにそれを読んだ私はそれから一日じゅうボーっとしていた。まわりをみるとクラスメートもボーっとしていた。あまりにも<救い>がない話で素敵だった。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-02 20:47:11
    ぼくは時々、てくてく、てくてく、歩けるだけ歩く、という散歩をやるのだが、いちど、恵比須から川崎まで歩いた時、体調が悪かったらしく、帰途に足が痛くて一歩も歩けなくなった。しょうがないのでバスに乗ったら、吐き気に襲われて、一駅で降りた。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-02 20:47:57
    しょうがないので、近くの公園を捜して、ベンチに座った。夕暮れだ。もう暗くなってきている。家族連れがきて、犬の散歩をさせている。でかい犬だ。ディズニーの「101」という映画に出てた犬だ。その犬の首輪を外して、放した。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-02 20:48:45
    そのでかい犬がぼくのほうへ走ってきた。ぼくは吐き気がおさまらず、ほんとはひとりで煩悶していかったのだが、無理をして犬に笑いかけた。犬はまるでサラブレッドのようにせせら笑うと、ぼくを無視するように水飲場に向かった。これからぼくはどうしたらいいんだろう。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-03 20:00:54
    今は昔、ローディやってた頃、ツアーの途中で大阪から東京に楽器を運ぶ時、高速に間違って入ってしまって、九州に向かって走ることになって「もう、このまま夕陽を追いかけてインドまで行っちまえ!」なーんて気分になったっけなあ。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-03 20:09:18
    ある時、ヒースローの免税店で、スーツをビシっときめたラテン系の紳士が丁寧に香水を選んでいる姿を隣で見て、凄く格好がいいなあと思った。それからトアレを買い始めた。しかしぼくはスーツを着ないので様にならない。夏だけはポロの上に麻の上着を羽織ったりもするけどね。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-04 21:51:49
    六本木交差点の舗道に面した入口を地下へと降りる。鯨の腑めいた薄暗い店内を廻り更に地下へと降りていく。秘密基地のようなアルコーヴの奥の席につくと徐に名物のピッツァを注文する。今はもう無いと聞くあのレストラン。あの四角い生地のピッツァをもう一度だけ食べてみたい。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-06 15:05:19
    ある夕刻、何の目的もない徘徊のはて、偶然、眩しいほどに賑やかなアーケード街を発見した時、緩やかに興奮しながら連想したのは、言うまでもなくフェリーニの映画にでてきた豪華客船だったが、特に何をするということもなく、地味な金物屋で爪切りをひとつ買って帰途についた。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-07 15:58:50
    ときおり読み返すピエール・ド・マンディアルグの『大理石』は心理描写が全くなくて、それこそ、嘘かまことか、イメージの絵巻物といいうお話。長篇ではなく、短編連作なので、イメージを追いかける緊張感もほどよくて、昼下がりの陽だまりで読めば、快楽的な時間が過ごせます。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-07 16:39:06
    拾った子猫の背中が匂うので覗き込むと、でっかい腫れ物ができていた。「でっかい腫れ物だなあ」と驚き、ひとまずヨードチンキを塗ってから、近くの獣医さんに子猫を連れていったら、「でっかい腫れ物ができてますねえ。ひとまずヨードチンキを塗っておきましょう」と云われた。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-07 20:51:23
    受験で上京したとき赤坂プリンスホテルに宿泊したのだが、チェックインしたその夜に遊び過ぎて朝帰りになってしまった。二日酔いのしらけた朝。ホテルのカウンターで鍵を貰うとき、ポーターに「昨夜はお泊まりになりませんでしたね」と嫌味を言われたっけ。愚かなり我が魂。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-08 21:37:23
    古文の試験で<にや にや>と並んだ問題がでて答えが判らなかったので<にや にや>ならこれだ!と思い答案に<チェシャ猫>と書いたら現国の教師が採点中にこの答案を発見し、面白がって他の教室でもいいふらしたので、休み時間の廊下でチェシャ猫って何?とよく尋ねられた。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-08 21:57:48
    ぼくはラピュタの浮遊感覚がとても好きだ。嵐のさなか、雲の切れ間から下を見下ろした時に一瞬だけ輝く海の表面とか。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-09 21:09:16
    白昼の駅の構内のエレベーターで若くして死んだ友の幽霊を見たことがある。ぼくは上りに乗っていたのだが、下りの群衆の中に凄い形相で睨んでいる男がいる。それが死んだはずの彼だった。そのまますれ違った。そっと振り向いてみた。すると彼も振り向いていた。鬼の形相をして。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-11 16:25:06
    NHKのBSでマキノ雅弘の清水次郎長シリーズを連続放映した時に観たが、面白さに思わず正座した。特に女博徒を演じた久慈あさみの佇まいの全てに釘付け。子供の頃に観た梶芽衣子以来の衝撃。広沢虎造の浪曲もじつにクールだった。むしろ都会的。民謡系ではなくシカゴ・ブルーズみたいだと思った。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-11 16:36:43
    今は昔、ぼくの勤務する音楽事務所の上の階に、たまたま鈴木清順氏が来ていると聞き、血相を変えて本屋に飛びこみ、清順氏のフィルモグラフィーを購入。それから、本を抱えてサインを求めた際に、彼が本の見返しに書いてくれた言葉は、「うつつは夢、夢こそまこと」だった。 #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-13 14:29:41
    ヴァネッサ・パラディ。ぼくは仕事場にFAXでミミミミミと送られてきたヴァネッサのプレスを見てリセエンヌという言葉を知った。Vanessa Paradis - Be My Baby http://bit.ly/3HMQDV #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-13 14:41:27
    ナスターシャ・キンスキー。その無防備なる美。路地を横切ろうとして無慈悲な馬車に轢かれた蝮が轍のなかの黒い泥濘で煩悶しているように、美しい。http://bit.ly/9YVAAo #iRemember
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-13 21:36:22
    時折、発作的にヘミングウェイを読みかえす。例えば『武器よさらば』。主人公がスイスへ脱出してから妻の死に至るまでの最終章。妻の容態を案じながらも、居場所がなくてカフェテリアに何度も足を運び、その度にハムエッグなどを食べている姿が異様なリアリティで迫ってきて、何回読んでも恐ろしい。
  • 桑原義江 @ashzashwash 2010-08-14 20:43:51
    @ijiwarumie 映画の回転運動。祝宴の舞踏会。皆でくるくる回りながらエンドマーク。40年代のミュージカル。ジンジャーとフレッドが踊りながら、くるくると回転して画面の外へと消えて行く。チャップリン。放浪者チャーリーが蝙蝠傘やステッキをくるくる回しながら道の彼方に消えて行く。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「国内」に関連するカテゴリー