現実の風景(もとい商標の看板)を背景に使ったらダメなの?麻宮騎亜さんの嘆き

 このリストは、フォローしている方からRTで回ってきた話をまとめて、コミックやアニメの背景の取り扱いについての議論をまとめたものです。  発端は、麻宮騎亜(@kia_asamiya)さんのツイートで、「建築物の写り込んでいる背景を描いて入稿したら、許可を取らないと入稿拒否になった」というツイートでした。  やりとりや議論が進んでいくうちに、「修正して入稿した」「いけなかったのは看板だった」ということが伝わってきま続きを読む このリストは、フォローしている方からRTで回ってきた話をまとめて、コミックやアニメの背景の取り扱いについての議論をまとめたものです。  発端は、麻宮騎亜(@kia_asamiya)さんのツイートで、「建築物の写り込んでいる背景を描いて入稿したら、許可を取らないと入稿拒否になった」というツイートでした。  やりとりや議論が進んでいくうちに、「修正して入稿した」「いけなかったのは看板だった」ということが伝わってきました。  この一連のツイートやり取りで見えてきたのは ・現実の風景をマンガやアニメで取り上げるのに、その建物管理者もとい商標権者等に許可が要るのか ・そのような許可を取る責任は作者自身にあるのか、コーディネーターたる編集者か といったところです。  私は法律の専門家ではありませんが、要するに建築物が写真に写り込んだり、建築物を絵を描いたりするのは著作権の侵害じゃないということらしいです。 (だから建物を絵に描くことをする人が多いんだ。納得。)  ただ、ディズニー関連やフジテレビ本社など、意匠について権利が確立していることが「公知」のケースがあるという指摘もありますが、それ以外ではどうなのだろうかという議論もあります。  また、商標は著作権とはまた違った権利保護の仕組みがあるので、難しいところです。  逆に、取り上げられたことがきっかけでその地を訪れる「聖地巡礼」という行動で、地域にプラスになる可能性もあり、それを生かしたまちづくりを進めている地域もあります。  商標においてもブランド価値が高まるなら(これは大変条件が厳しいですけど)入れてもいいと思う場合があるとも思うのですが…。  マンガ・アニメ表現がどれだけセンシティブになるのか…と思うところです。 (追加) ・説明文を途中で追加・変更しています。 ・お気に入りコメントのなかでご指摘いただいた内容を調べて解説文を修正しました。 ・さらに修正を加えています。議論の経過や論点を本編に書き加える予定です。 ・タイトルをちょっと変えました。解説文をかなり書き換えました。
意匠権 利用許諾 麻宮騎亜 背景美術 著作権 写り込み 聖地巡礼 商標権 コンプライアンス
ktwit142 40406view 32コメント
109

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「マンガ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする