【選挙直前に確認】「自民VS民主」という単純二元論に陥っちゃった人につけるTL

※更新終了(7/13) ---------------------------------------------------------------------------- 「マスコミワイドショー的な二元論」にも「陰謀論」にもならず、 もっと柔軟な思考になるためのヒントとなりそうな自身周辺のTLを集めてみました。 これらTL主らの支持政党は、偏らず入り乱れています。 続きを読む
漫画アニメ 夫婦別姓 人権擁護法 外国人参政権 表現規制 非実在青少年
20
@yumekou
(ボソリ)実在児童ポルノの所持に反対してる人たちって、リアル小学生や中学生とかのエロビデオやDVD、エロ本を持ってるからあんなに過剰反応するのかなぁ。そうじゃなきゃ実在児童ポルノ改正案に反対する理由はない気がする。だって、これの対象は『実在の児童を取り扱ったポルノ』なんだもの。
@yumekou
反対の意見があるならちゃんと資料を提示して理論的に言って欲しいな。バカだアホだキチガイだって一言だけじゃ困るんだよねぇ。間違っていると納得すればちゃんと訂正するけど信頼に足りる資料の提示も理論もないんじゃ考える事すら出来ないよね。批判と罵倒は違うっていつになったら気づくんだろう。
佐藤 @tobetobetombe
そんな人いるの?今問題になっているのは、「非実在」だと思うけど。RT @yumekou (ボソリ)実在児童ポルノの所持に反対してる人たちって、…そうじゃなきゃ実在児童ポルノ改正案に反対する理由はない気がする。だって、これの対象は『実在の児童を取り扱ったポルノ』なんだもの。
@yumekou
過激派が事態を混乱させ、悪い方向に持っていくのは左翼だろうが右翼だろうが関係なく起こることだわね。感情だけで行動すると、まともに受け止めてもらえなくなるんだけどなぁ。
@yumekou
非実在に関しては児ポ法改正案の検討の部分をどうぞ。児ポ法自体は実在児童ポルノ対象にしてるのであって非実在は話し合いが必要だね、となっています。そこを無視して全てをヒステリックに反対反対と叫んでいる人たちへの皮肉です。…皮肉を説明するのって恥ずかしい… @tobetobetombe
墨東P @bokutohP
@yumekou 確かにそうなんです、賛成反対の派で二分し過ぎてるんですよね。ただ2つ気になりまして、まず都条例の件。漫画家や出版流通界・複数の弁護士会などが「条文が曖昧」と指摘する中、なぜ都の自公は3月6月と強行に採決をしたがったのか?という点ですね。 #hijitsuzai
墨東P @bokutohP
@yumekou 本当に子どものための区分陳列なら、反対派の意見を汲んだ修正案にすればよかったはずで。もう一つが、ユニセフ議連会長に06年に就任した谷垣総裁は、日本ユニセフの「準児童ポルノ規制運動」をよく知り賛同してるのか?というところなんですよ。 #hijitsuzai
墨東P @bokutohP
@yumekou この議連は日ユニが主催するものです。問題は、谷垣氏は今どう考えているか?という事です。谷垣さんの件に関しトゥギャってますので見てください。アヌビスさんのTLも追加いたしました。 http://togetter.com/li/33077 #hijitsuzai
墨東P @bokutohP
@yumekou アヌビスさんもどうも「自民VS民主」という二元論に陥っている。単純な二項対立で片付けられる話ではなく、その裏「警察官僚、日本ユニセフやNGO等と関わる利権・票田」そういった政治性も考慮してほしいと思います。どっちが正義だという話ではない。 #hijitsuzai
墨東P @bokutohP
@yumekou 自公児ポ法案3年後補則に関しても、文字通りに信じることと現状況や経緯を加味して読むとでは全く視点がことなるわけですよね?「条文がこうなんだから」って言ったら、民主の言うことだってその通りに信じなきゃいけなくなるじゃないですか。ですよね? #hijitsuzai
@yumekou
ちょっと待って下さい。児ポ法に関しては自民vs民主だとはしていませんよ?民主党はオタクの味方!って言ってる人が多いからおかしいって言ってるんです。私が問題視してるのは、実在児童を無視してまで二次を守るのか?ということです。@shojijo
@yumekou
さらに、今私が言っているのは都議会ではなく国会の件です。地方議会と国会を一緒にしていることも問題なんですよ。民主と自民であれば、両方とも児ポ法改正を国会に提出しています。資料を意図的に間違った方向に読ませようとしていることも問題だといってるんです。@shojijo
@yumekou
何度も申し上げますが、「入り口が違う」「資料がおかしい」「問題としている議会が違う」と言っています。申し訳ありませんが、反対派がジミンガージミンガーというからその点を指摘しているだけですよ。二極化させているのは反対派のほうです。 @shojijo
@yumekou
TLをさかのぼっていただければわかると思いますが、私は「実在児ポ法は規制すべきであり、非実在は慎重な対話と検討を望む」と明言しています。単純な二極化の中の反対派や規制派ではないのです。そこだけはご理解して下さい。共に全部を肯定否定しているのではありません。 @shojijo
墨東P @bokutohP
@yumekou ○○の味方!というのは確かにおかしいですね。児ポや漫画規制に関して、麻生さんも谷垣さんも枝野さんも保坂さんも、信じ過ぎることはできない。ただ、実在の児童を守ること、個人的法益が先決なのは、児ポ法を考えている人の共通意識だと思いますよ?私も二元論で話したくない。
墨東P @bokutohP
@yumekou 私もあの新聞記事の赤線を疑問に思ったからこそトゥギャったのですが、「反対派がジミンガー」という声を聞かれている一方で、「自公支持の人が反対派をバイコクガー」と言っている現状もある。そういうレッテル合戦が嫌いなわけです。たぶんアヌビスさんもそうでしょう。
墨東P @bokutohP
@yumekou 自分の支持する政党の主張に正当性があるよう考えるのは当然ですが、やはり先ほど指摘させていただいた3年後補則についての見解のように、条文・質疑・審議の外の状況も加味したい。私はそう思っています。この谷垣さんの件は、まさにその象徴・よい議題だと思っています。
@yumekou
改変されていない資料を見て自分で判断したのです。違うというなら資料と数字を。言葉だけで判断できないのは一緒です。質疑を議題にしたいと仰っていますが、審議さえ行っていないのは国会を見ればわかりますよ。 @shojijo
@yumekou
あと、ツイッターじゃ議論するのにはちょっとあわない(字数的な意味で)ので、以下のスレにどうぞ。今から私は出かけなければならないのですぐには行けませんが、いろんな人たちと意見交わせますよ。 >http://bit.ly/9ylfgv @shojijo
墨東P @bokutohP
@yumekou いえ、3年後補則は実際にその通りでしょうし、「今すぐ規制がー!」という話は全く違う。ただ昨年6月の法務委質疑意向まともな国の会議がないのも事実で、その直後の自公民で摺り合わせ合意?とまで行った話も、衆院選後になぜか自民原案が再提出されたことでフリダシになった。
墨東P @bokutohP
@yumekou 今現在どうなのか判断材料が乏しいわけです。再提出の自民原案が通ったならば漫画アニメ規制の検討作業がされるでしょうが、民主案では3号ポルノ規定の削除、つまりジャニーズや漫画アニメも含みかねない曖昧な条文の削除を求めている。一方だけを見てたらダメだと思うんです。
墨東P @bokutohP
@yumekou アヌビスさんの話でいろいろと気づくところもありました。こっちからTLしといてなんですが、ありがとうございました。おでかけいってらっしゃいませ。
墨東P @bokutohP
@lyiase 度々すみません。その点で偶々まさに今日yumekouさんと意見し合いまして、 http://bit.ly/bf2k8S こういう風にも仰ってました。ただ、国の児ポでの自公案の条文ままに信じ過ぎられてる感がありますが、詳しくはyum~さんと私のTL&RTを。
大熊 元治 @buzz2300
@yumekou 私に限っていえば http://bit.ly/NMGLY のような状況で http://bit.ly/ch2Pk3 がクリアされてないからです。いずれにしても、賛成・反対両派の冷静な対話が必要ですね RT (ボソリ)実在児童ポルノの所持に反対してる人たちって(略
Lyiase @lyiase
@shojijo 読みました。この点は理解できるのですが、彼と私で違うのは http://bit.ly/cWaNNX ですね。私は「実在は守られるべきだが非実在まで侵食すべきでは無い。非実在は実在に影響を及ぼすことは無い」ですから。民主党がオタの味方ではないと言う点は同じですけど
残りを読む(44)

コメント

後藤寿庵 @juangotoh 2010年7月8日
自民支持者は表現規制を、民主支持者は外国人参政権や夫婦別姓をやめるよう働きかけろという意見。なんか不思議だ。「表現規制反対、かつ参政権、夫婦別姓反対」という人たちが否応なく自民、民主支持に分かれてしまうという前提での戦術か
墨東P @bokutohP 2010年7月8日
@juangotoh 「自民、民主支持に分かれてしまうという前提での戦術か」なんて、それまた陰謀論大好き過ぎですよ。単純明快な「自民VS民主」という構図で思考するのを止めようという話であるのに、そういう解釈が出てきてしまうことがまず「単純二元論」な思考の最たる表れだなあ、という感じで。もちろん、みん党だろうが共産だろうが社民だろうがたち日だろうが、政策に賛同できる候補を応援すれば良いだけです。
後藤寿庵 @juangotoh 2010年7月8日
いえ、別に戦術と行っても統一組織があってどうこうという意味ではなく、ある種の似た要素を持つ仲間的な人々に対して呼びかけてるように見えたのです。
後藤寿庵 @juangotoh 2010年7月8日
たとえば「規制反対でバイコクと言われた人は、いかに参政権等を止めさせるかと今動くべきだ。」という意見。外国人参政権に賛成もしくは問題視していない有権者にとっては意味不明ですよね
後藤寿庵 @juangotoh 2010年7月8日
このTLの意見を受け止められるのは表現規制に反対、かつ外国人参政権や夫婦別姓に反対の人々ということになりますよね
墨東P @bokutohP 2010年7月8日
@juangotoh 確かに、そう読み取る感覚はとてもセンシティブに思います。そう感じられたのは、このTLらに「政治タグ・非実在タグ間での無意味なレッテル貼り合戦を制止したい」意図があるためでしょう。その二分を避ける意味は“特定の事象だけを理由に敵味方を選別せんとする”考えを改めようということであり、どのTLを見てもわかる通り、「○○党に入れろ!」というTLは意識して一つも入れていません。
SMT @SuperMTec 2010年7月8日
ここで語ってる連中は法案の成立には衆参両院の同意が必要なことも知らないのか。参院で野党が勝利しても野党の提出する法案は衆院で否決されるだけ。加えて衆院の優位という原則があるのだから、論理的に考えて、参院選での選挙の最大の争点とは衆院を支配する与党の政策を支持するか否かに集約される。民主か自民かでないのは無論のこと、自民党の訴える表現規制云々など参院選の争点としては二の次だ
SMT @SuperMTec 2010年7月8日
政権交代選挙ではない。野党の政策など二の次であって、与党の掲げる政策を支持するのかどうかが判断の最大の材料でなければおかしい。それがこの国の二院制のシステムなのだ。どこの政党を支持するかという問題ではない
墨東P @bokutohP 2010年7月8日
@SuperMTec 「与党の掲げる政策を支持するのかどうか」「どこの政党を支持するかという問題ではない」この2点はその通りに思います。ただし、「自民党の訴える表現規制云々など参院選の争点としては二の次だ」は違うと考えます。政策に優劣は無い!なんて青臭い話ではなく、“自民も民主も一枚岩でないからこそ「この選挙の意味がある」”ということ、つまり、選挙によって参政権等や表現規制への反対を示し、自民民主のみならず国政全体にNOを届けるための選挙にするよう意識することが大事なわけです。
!にゃん @bibibikkuri 2010年7月8日
自分の意見と反対の奴を笑ったり皮肉ったりバカにしたる寸のそろそろやめませんか?
和泉 @IZUMI162i6 2010年7月8日
確か宮沢りえのサンタフェなら家にあった希ガス。>「エロ本を持ってるからあんなに過剰反応するのかなぁ」 余談だが、反対する奴はポルノ愛好者という物言いがポルノ問題の根幹を端的に表していて非常に香ばしい。反対する奴は非国民とか色々なバリエーションがある。
ToTo@お疲れモード @toto_6w 2010年7月8日
自民vs民主という二元論に陥るのは、結局のところ政局がそういう図式で動くから、だよな。政党という縛りが無く個々の政治家を大選挙区で選べれば、また違った構図も出てくるとは思うが、政党が政治を動かしてる現実がある限り二元論の方が近くなる。
SMT @SuperMTec 2010年7月8日
「“自民も民主も一枚岩でないからこそ「この選挙の意味がある」”ということ」だからなんですか。それが反論になるんですか。意味がわかりません。一枚岩だろうが二枚岩だろうが、自分が指摘した事実は何一つ揺らがない。野党政党が1枚岩なら法案が参議院だけで成立するようになるのですか? 与党政党が二枚岩なら衆参両院を与党が過半数支配しても、与党の掲げる政策が成立する可能性はゼロになるのですか? 詭弁を弄して事実をねじ曲げないように
SMT @SuperMTec 2010年7月8日
もう一度いいますが 「法案が衆参両院の可決を要すること」「衆院はすでに与党優勢であること」「衆院優位の原則があること」 以上から論理的に、参院選の争点は「第一義的に与党政策の是非(参院までも過半数を取らせて良いか否か)」であり、与党に否であるときに「野党の政策」が論点になるのです。この国の議院制度を理解して投票行動を行うべきでしょう
SMT @SuperMTec 2010年7月8日
もっとはっきりいいましょう。与党民主党の政策と、野党自民党の政策を対等に論じることがそもそも間違っているのですよ。与党民主党の政策は参院選に勝てばほぼ確実に実現が可能になる。これに対して、野党自民党の政策は参院選に勝ったところで、次の総選挙まではほぼ確実に実現は不可能です。それがこの国の議院制度であり、両党の力関係です。実現可能性が圧倒的に違うのです。まず論ずべきは与党民主党の政策の是非でなければおかしいのです
SMT @SuperMTec 2010年7月8日
投票の判断基準も、まず第一に民主党の政策の是非であるべきで、それが参院選に臨む有権者の基本的な姿勢でなければ論理的におかしい。「与党と野党の政策を比較する」という価値観自体が意図的に操作されている。与野党の政治主張の実現可能性は、決して対等に論じることはできない。これは事実です。投票の判断基準はまず、衆院を支配する与党の政策に是か非かです。どのみち実現しもしない野党の主張など二の次であるべきでしょう
SMT @SuperMTec 2010年7月8日
ちなみにこれは「考えは違う」でどうこうなる問題ではありませんので。憲法が定める両院制、衆院の優位から導かれる「論理的な価値判断」です。指摘している点は、政治主張や思想によってねじ曲げられる余地は微塵もない。憲法がそういうルールを定めているといってもいい。そういうことをごまかして、大衆の投票行動を操作しようとする主張は、どういう立場からであろうと一切看過できませんので
@tarutaruman 2010年7月8日
参議院を捻じれにすれば国会を空転させて、政治不信を更に増大させながら民主党が世論に負けて衆議院の解散が早めるかもしれないから 衆議院選な自民の大勝すれば今度は自民が力を盛り返す事があるかもしれない そうなればアニメ・漫画表現弾圧法案を可決するのもたやすい事になるでしょう えっ?反対派の声を聞くかもしれないって? 自民都議のブログや発言を聞いてないのかな 鼻っから規制反対は無視を決め込んでいるんだから児ポを同じ様に推進する自民が反対派に耳を傾ける可能性は少ないと考えるべきでないの? だから、表現規制に賛成に
墨東P @bokutohP 2010年7月8日
@SuperMTec 仰りたいことは良くわかります。対象の政策における国会での議論を遅らせる、または、より慎重にさせること。まさに、このTLらの意味をよく読んでもらえば考えの根底は全く一緒のはずです。ただし、今まさに起こっている現実に即しているかどうかの違いだと思います。こちらもはっきり申し上げれば、自民も民主も過半数を取ることは到底不可能であろうという前提を共有して欲しいと思います。(続く
墨東P @bokutohP 2010年7月8日
@SuperMTec どう考えても自民も民主も与党となるには連立を組まなければいけない。例えば「自+公+たち」「民+国+みん」といった具合に。となると、途端に“衆院の優越を理由に第一党だけの政策を論じれば良い話では無くなります”。だからこそ、いづれ来る衆院選をも見越して、国政の中における参政権等反対・表現規制反対の国会議員の純粋な数を増やすことが得策でしょう。タイトル通り「○○が勝てば」という二元論を止めようか?ということです。
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
ねじれにより衆院の解散総選挙があるというなら、表現規制問題を論点にしたい人は衆院選でこそ反対政党に投票すればよい。そもそも、自民党がそんなことを実現する可能性は少なくとも1)参院選で勝つ2)国会運営を停滞させる3)民主党が衆院解散を決断する4)衆院選で勝つ この4つのステップを経なければ実現不能な可能性の話だ。これに対して与党はただひとつ。「参院選で勝つ」これだけで与党の政策は実現に持ち込める。この両者を対等に論じることが正しい価値判断であるはずがない
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
「単独過半数をとるのは不可能であろうという前提」はあくまで「見込み」でしかない。現実の民意は、今マスコミが流布する選挙予測とはまるでかけ離れているのかも知れない。この後一気にどちらかが盛り返す事件があるかもしれないし、逆のこともあるかも知れない。そもそも選挙はこの国の運命を決めるものだ。ことに参院選は、与党にお墨付きを与え、フリーハンドで国を操っていいかどうかを決める選挙だと知っておかなければならない。そうした選挙を見込みで語るのは無責任だろう
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@SuperMTec ねちっこく箇条書で返しますが、①「衆院解散を見越して」ではなく「衆院選を見越して」。②民主の場合で仰ってることと全く同様に、自民の政策実現には「1)参院選で勝つ」は必要ないですし、2)は特にステップに入らない。③与党は「参院選で勝つ」だけでいいと言われても、民主が単独過半数か「民主+公明」という最悪連立が出来ない限り、参政権等強行は不可能。「見込みで話すな」と言われしまったら尚更。④可能性2つだけの例示で「正しい判断」を希求する考え方自体が、まさに私が言いたい愚かな二元論。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@SuperMTec どうしてそう二元論で語るので? 自民=表現規制といった事をリストで言っている人はいますか?その「○党は~だ」という決め付けが無益だ、ということを言いたいまとめですコレは。民主にさえ参政権反対の候補がいる。そういう人を国政に送り「反対派を多数派にする」のが選挙の意味であり意義でしょう?私の「選挙前に確認①~⑤」が一番端的に言っていますが、改めて読んで欲しいと思います。あと、予想で語るなと言い出しちゃ、選挙前ですから見込みで話しているのはお互い様ですって。
-24dbLOPASS @24dbLOPASS 2010年7月9日
ここまで経済政策に関する発言なし・・・と。 表現規制も外国人参政権も、消費税上がるかどうか に比べれば些細な問題と考えてる人のことも 忘れないでくださいね^^;
@tarutaruman 2010年7月9日
二次元論で語るなというのであればまずは、党議拘束を法律なりで禁じて欲しいね。そうすればその人の発言を考慮に入れる事が出来ますが、党議拘束がある限りは二次元論は根強く残ると考えております。 そして、親の総取りに等しい小選挙区比例代表並立制は風か吹けばその風の吹いた党に多くの票が集まるシステムです。大勝が必ずしもないと言う人はこの前回・前々回の衆議院選挙をどう見ているのか聞いてみたいですね
@tarutaruman 2010年7月9日
消費税はいずれあげないと日本が立ち行かなくなるので上がるでしょう しかし、外国の様に生活必需品や逆累進を出来るだけ避ける為の処置は必要となってきます。まあ、その論議もいずれしなくてはいけなくなるでしょうね。
type-100 @FAtype100R 2010年7月9日
@juangotohと同じ印象を持った。『反表現規制・反外国人参政権etc』というネットでのマジョリティに結束を呼びかけてる印象。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@sukuihanaindesu @FAtype100R お二人ともコメントを指摘してくれたjuangotohさんと同様に文章から感じ取る感覚がとても鋭敏です。まさしく経済・消費税問題も大事です。ただ、このTLを作った理由は、juangotohさんへ書いたコメント同様に、“政治タグ・非実在タグ間での無意味なレッテル貼り合戦を制止したい」意図があるためでしょう”。もし仮に、消費税と子ども手当ての問題でレッテル貼り合戦が起こっていたならば、その二元論で争う人らへ呼びかけていたと思います。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@tarutaruman 党議拘束に関しても、「選挙前に確認④」にて配慮は入れています。TLリストの中では私だけしか言ってませんけれども、TLのみんなが全く考えていないわけではないでしょう。それに、SuperMTecさんへ書いたコメント同様、「民主が単独過半数か「民主+公明」という最悪連立」がなされない限り、現時点での各党の考えを基にすれば、たとえ民主が衆院で党議拘束をかけようと参政権等の成立は難しいでしょう。
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
「衆院選を見越して」だろうと同じことだろう。与党が参院選で勝てば、衆院選までの3年間で与党はフリーハンドで掲げる政策を実現させるだけのこと。衆院解散のケースよりも与党により長い時間が与えられるケースをもちだして、参院選は与党の政策の是非を問う選挙だといっている自分の主張への反論になるという思考回路が理解出来ない。論理的に考えてもらいたい
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
こちらも一つ一つ貴方がいかに非論理的な回答をしているか指摘する。「1)参院選で勝つ」は必要ないですし」←自分は「法案成立には両院可決が必要」「衆院有意の原則」を主張の前提としている。この前提は憲法が定めるルールである。なのになぜ「自民党が法案を実現するのに参院選で勝つ必要はない」などという間違った反論がでてくるのか。
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
「2)は特にステップに入らない」これもおかしい。さっきもいったが、参院運営に野党が全面協力するのならただ3年後の衆院選まで解散はなく、その3年間は与党が好きに政策を実現できることになる。つまり自分が指摘するケースよりより長く与党の政策がフリーハンドで実現する期間がより長くなるだけのことだ。これの一体どこが反論になっているのか
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
「民主が単独過半数か「民主+公明」という最悪連立が出来ない限り、参政権等強行は不可能」←これがまさに自分が指摘する「見込み」。「言われてしまったら尚更」とは意味が分からない。反論になっていない。「可能性2つだけの例示で」←貴方の反論はことごとく私の意見が内包していたことが明白だ。「二つだけの例示」どころの話ではない
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
自分は「憲法が定める両院制のシステムとして、参院選は与党政策が是か非か」という話をしている。政界は与党か野党かしかないのだから二元論に落としこまれるのは当然だ。さらにいえば、政治とは突き詰めればYESかNOかしかない。過程でどんな議論があろうが、最後には賛成か反対かで決めるのだ。政党はYESかNOかを明白にして国民に信を問わねばならない
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
党内に個別の主張があろうが、政党が公の場に打ち出す主張はYESかNO、いずれかひとつ。それが政党の存在意義だ。最終的に意見が分裂するのなら政党は割られなければならない。二元論にならなければむしろ国民との信義に悖るではないか。選挙前はYESといっていた政党が、与党になったらNOといったら、また逆があったら、国民は何を信じればいいのか。政治は二元論でなければならない
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
自分もこれはネットマジョリティの意見を誘導し、まとめて票田にしようという工作ではないかと思う。自分はあくまで憲法が定めるルールと、そこから導かれるべき正しい価値判断によって参議院選挙の投票活動を決定すべきだといっておく。与党と野党の国会運営上の力関係が同じだとか、どちらが勝っても与野党で法案がそれぞれの成立する可能性は同じだとか、さらには参院で野党が勝てば与党のごときに政策を決められるかのような悪質な印象操作は強く糾弾する
@tarutaruman 2010年7月9日
ぶっちゃけて言ってしまえば「漫画アニメを潰す様な表現規制なんぞする政党に協力するつもりはない」というのが表現規制反対派の大半の意見ではないのか。自分も色々な規制反対派の意見を聞いているが、まずは不当な規制に対する怒りが感じられる。無論、規制政党の中にも規制を反対する人がいるのも確か。その人まで敵視するつもりもないが、規制を賛成している人に何故自分の一票をくれてやらねばならんのだという感情論がかなり渦巻いている風に自分は感じる。
@tarutaruman 2010年7月9日
自分もその感情に対して否定はしない。その中の一人であるから そして、参議院で野党が勝てばすぐさま表現弾圧法案が通るとは思ってはいない。しかし、パワーバランスはかなり変わるので表現規制に対する不安感は増大する事は必定だろう。選挙までである今でもその不安感は反対派の中で存在しているに違いない。だから、表現規制反対議員に票を集めようと呼びかけている訳だ。そして、自民は都議も国家議員も表現に対して規制をほのめかす様な発言が多いに目立っている事も不安感を増大させている一因だと考えている。
@tarutaruman 2010年7月9日
その不安感を払しょくする為に規制派推進政党の支持者はなんて言っているか?「規制させてもそのうち反動で緩くなるから我慢してくれ」とか「反対だけど自民に入れる」挙句の果てにはロリだのベトだのとレッテル張りをしてくる始末。これでは元々燃え盛っている火にガソリンを注ぐ様なものであり、ますます表現規制に慎重と思われる政党や議員に傾くのは仕方のない事ではないだろうか?そして、規制を推進すると思われる政党や議員が力を増す事は自殺行為に等しいと考える人が反対派の中で多いのではないかと感じている。
@tarutaruman 2010年7月9日
結論として、参議院で規制政党が大勝する事に否定的なのは法案が通るからと考えているのではなくその政党自体に力を与える事自体に不安感を覚えていると考えている。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@SuperMTec 最初に“「憲法が定める両院制、衆院の優位から導かれる「論理的な価値判断」です”と仰っていたので、ならば自民にも同様のことが言えますよね?ということです。参院の存在は衆院の後押しでしかなく、政策を実現するには「衆院で勝った与党でなければ無理」というお考えなのでしょうから、そういうことでしょう?もちろん、先に述べていた通り、私は自民も民主も参院単独過半数は無理、と考えていることをご考慮ください。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@SuperMTec 与野党共に党議拘束するまでもなく全員が全員同じ考えならば、そうですね、二元論で語って差し支えない。ただ、この連立を組まなければ維持できない与党状態の上に、政治家個人で見ても意見がバラバラなこの参政権等と表現規制の件。一番上の政策アンケを見てください。ならば訊きたいのですが、小選挙区ではどうやって候補を選ぶのですか??党方針で投票すればいいのなら、最初から候補氏名なんて要らず党名だけで済む話になる。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@SuperMTec もちろん、消費税等のことを考慮したら更に二党二元論で語っていられない。裏を読みすぎて語るから話が過激になっていくんです。「与党と野党の国会運営~な悪質な印象操作」なんて誰もどこにも書いてませんて。むしろ連立が必須の現状で、いかに参政権等や表現規制を滞らせるかということ、反対意見の声を政治家に託すことがこの「民主主義選挙」、これが「反対派を多数派にする」ということと言いたい話です。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@SuperMTec いや、特定のタグでしか見てもらっていないトゥギャりにサイレントマジョとやらを誘導できる力は無いでしょうw、自覚済みです。ただ、何度も書いてある通りこのまとめは“政治タグ・非実在タグ間での無意味なレッテル貼り合戦を制止したい”ためのものです。そのうち「○○工作員め!」と言い出されそうな勢いかと思ったらまさに仰られてしまって。そういう陰謀話へ行ってしまったら腰が折れちゃいますよ、辟易します。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@SuperMTec 一応確認しますが「参院での連立」と「衆院での連立」は一緒になりますよね? 例えば、衆院では○+×なのに参院は○+△になるといったことはありません(参院が●+△はありえますが)。決定権で参院が衆院に劣るのはその通りですが、参院選の結果が連立維持をせざるを得ない状況を作る公算が大きい以上、SuperMTecさんもお考えだと思いますが、今回の選挙で政策が独裁的に決められていく状況が醸成されることはないでしょう。
墨東P @bokutohP 2010年7月9日
@tarutaruman まさしくその通りです。二次元規制に関することを巡り、参政権等と表現規制の件を二元論で天秤に掛けている人が、麻生元総理以降の自民支持者を中心に内部葛藤となっている。その不安の表出か、某議員のような規制反対派をロリコン扱いや売国扱いする過激発言に発展する人が増え、その状況を見ていられなくなったわけです。ならば「自民も民主も変えるようそれぞれ動こうよ」と、「そのための民主主義選挙だろ」というわけなのです。
大熊 元治 @buzz2300 2010年7月9日
どの党に対するdisも見苦しくて見ていられない。私が言いたいのは概ねその一言に集約されます。付け加えるなら、disる側が支持する政党からどんどん心が離れていく #hijitsuzai #jipo #senkyonow #senkyo #seiji
-24dbLOPASS @24dbLOPASS 2010年7月9日
どうやらまとめの趣旨を勘違いしてたっぽいw どの党に入れるか?て、各党の公約と立候補者の経歴を見て、 やってほしいこととやってほしくないことを探して、 加点減点して一番マシだと思うのを選べばいんじゃないですか? 今まで支持してた政党が、どうしてもやってほしくないことをやり出した ならそれに反対してる政党に入れればいいだけじゃないですか?
サイレントトラベラー @slpolient 2010年7月9日
人権擁護法案は、メディア規制だから潰れたのではない。 北朝鮮や中国などの脅威と反対論が結びついたから潰れた。 よって、表現規制も北朝鮮や中国などの脅威と結びついたら葬り去れるのではないかと思ったことがあります。 事実、トンデモながら「国民が知らない反日の実態」というサイトでは、「表現規制は日米同盟を破壊する」としてCIAに意見を送ろうという話しまであります。 単純所持規制を北朝鮮の工作員が利用すれば、北朝鮮に都合の悪い人物を社会的に抹殺できますからね…
へぼやま @heboya 2010年7月9日
でも結局それって、「特定対象への不安、脅威論を煽って世論を扇動する」ってー事になりますわね。「オタクは危険だから規制しろ」と同じ。 QT @slpolient: 人権擁護法案は、メディア規制だから潰れたのではない。北朝鮮や中国などの脅威と反対論が結びついたから潰れた。よって、表現規制も北朝鮮や中国などの脅威と結びついたら葬り去れるのではないかと思ったことがあよって、表現規制も北朝鮮や中国などの脅威と結びついたら葬り去れるのではないかと思ったことがあります。
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
政治家個々人の力を過大評価しているように思われますね。民主党に前国会での10回もの強行採決をとめられた人がいますか?結局政党の意思に所属政治家個人は逆らえないし、逆らうなら党を出るべきなのです。候補者個人が器量を発揮するのは政党の意思に従う範囲のみですよ
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
それとすでに一度言ったことですが、単独過半数が実現したらどうするのか。それだけ煽っておいてその結果に責任が取れるわけでもないでしょう。個人の見込みで話をするなといっているのですよ。あくまで客観的な話をするべきだといっているのです。それと自分は反対派が勝つべきだ規制派が勝つべきだという話には加わっていませんので
SMT @SuperMTec 2010年7月9日
それと、政党は己の政治思想を訴えて、大衆に向けて賛同を求める集団であって、大衆に媚びて主張や思想がコロコロ変わるのなら、それは悪しきポピュリズムというべきです。そういう政党はそれはそれで問題だと思われます。おっしゃりたいのはさまざまな政治思想の個人を政党に送り込めということなのでしょうが、いったように政党とは本質的に掲げる政治思想から逸脱した個人の意見は通らない組織ですよ
墨東P @bokutohP 2010年7月10日
@SuperMTec “政党の意思に所属政治家個人は逆らえないし、逆らうなら党を出るべきなのです”という党内の事象を斟酌すれば、意見不一致が起こる連立の可能性は歓迎できる事象ですよね?仮に自民民主どちらが勝とうが。そうなったときに各党の反対派の多さが当然必要となる。もちろん開票を待つしかないのはその通りですが、このまとめは、元も子もないことを言いますと、「自分でよく調べて投票しよう」という結論丸投げでしかありません。
墨東P @bokutohP 2010年7月10日
@SuperMTec さんがなぜそうではなく特定の投票を促そうとしてるに違いないと感じるのかといえば、まさに「ポピュリズム」への無意識の反発があるからなのかもしれない。はっきり言うまでもなく、私の作ったこのトゥギャりは異端でしょう。二元論の一方に漬かりすぎず、もう一方にも一定の配慮をしているこの態度は確かに訝しく映るし、裏や陰謀があるように思いたくなるだろうと思います。
墨東P @bokutohP 2010年7月10日
@SuperMTec ただ、考慮していただきたいのは、参政権等と表現規制を天秤に架けてしまって揺れ動いている人らが、今ネット上で多数蠢き叩き合っているという事態があるわけです。そして、体の良いTL情報などに乗っかって、半ば決まっている自己決定の後押しだけを欲して彷徨っている人がたくさんいる。それに誘引されずにまず調べ直そうと考え直そうと、そういう次元の話。重ね重ね、無意味なレッテル貼りを止めてほしいのが意図なのです。
SMT @SuperMTec 2010年7月10日
本当に「自分で良く調べて投票しよう」というなら、貴方個人の「連立になるに決まってる」という「見込み」を押し付けるべきじゃない。一貫してそう言っているんですがね。あくまで憲法が決めている二院制のルールに則って価値判断すべきだといってるじゃないですか。自分はそれ以上言うべきではないといってるんですよ。「連立になるから大丈夫」のような主張はすでに丸投げではなくて「誘導」であり貴方の「願望」じゃないですか。だから「もしそうじゃなかったら責任を取れるわけじゃないでしょう?」ともいっているんですがね
SMT @SuperMTec 2010年7月10日
特定の投票を促そうとしているに違いないとは言っていませんよ。貴方が中立を装って、選挙結果について貴方個人の価値判断=「連立になるに決まってる」を混入していることを看破し、それは中立ではないと批判しているのです。政治は二元論であるべきですが、ここでの批判の立場は二元論に立っていませんよ、ただ貴方の姿勢はおかしくないかといってるんです
SMT @SuperMTec 2010年7月10日
理路整然と批判してきたんですが、もう一度いいましょうか。「憲法上、法案成立には両院の可決を必要とする」「衆院は与党が多数派である」「憲法上、衆院優位の原則がある」 これらに基づいて判断すべきであって、これを踏まえれば論理的に参院選の最大の焦点は「与党の政策を認めるか認めないか」であるし「野党の政策の是非は二の次になる」といってるのであって、レッテルを貼っているのではなく理屈で批判しているのです
SMT @SuperMTec 2010年7月10日
自分の意見は、「憲法が二院制のルールをそう決めているから、まず与党の政策の是非を判断すべきだ、与党の政策にNOなら野党から選べばいい」という明快なものです。規制法案に賛成反対の話はしていない。ですが自分からみると、あなたの意見は与野党で政策が変わる可能性があるだの、連立になるから法案は成立しないだの、政治家個人によって政党が変わるだの、むしろ選挙の意義、焦点をあやふや、ウヤムヤにしているように見えます
SMT @SuperMTec 2010年7月10日
その叩き合っている、揺れ動いている方々についていえば、変な諍いだと思っていますw 表現規制という主張をしているのは野党ですが、自分がいったように野党の主張が参院選最大の焦点になる価値判断にそもそも無理がある。衆院選の政権交代選挙でそれが焦点になるならわかります。ですが理屈からいって、参院選で野党の主張が参院選最大の価値判断の材料になるわけがないw
墨東P @bokutohP 2010年7月11日
@SuperMTec 私もずっと上で述べている通り「今まさに起こっている現実に即しているかどうかの違い」を言いたいのです。各紙が報道姿勢をどう解釈するかという提起があるし、SuperMTecさんへのTLで私の予測を例示したのは間違っていました(すみません)が、「連立の可能性の示唆」を見込みだと見なしても、この示唆は大方が客観的に分析した見解であることには異論は無いかと思います。各政党間で中立であるべきで、状況を踏まえていけないことはない。
墨東P @bokutohP 2010年7月11日
もちろんSuperMTecさんが仰るように憲法・二院制という仕組み・政治の根底を元に考えればその価値判断は全く正しいと思います。ですが、「今まさに」の情勢の把握を抜きに選挙や投票をしている人などいないのが現実です。このまとめの訴求の対象ではないですが、SuperMTecさんが仰る二元論の枠に入らない二政党以外の支持者や無党派層は特にその情勢に敏感だ。憲法を基にした論理は前提であって、そこからどう現実現状を捌くかが問題でしょう。
墨東P @bokutohP 2010年7月11日
そして、そもそも「与党の政策の是非を判断」するとき、その政党のマニフェストすべてを支持した上で投票できる人などいない。政党単位での思考の枠に囚われていることが「変な諍い」の原因であると考えます。各個人の重視する複数の政策を比重比較する中で、明朗にするために「方針VS方針」という天秤に陥ってしまい、結果自身の考えの対立にある相手を政敵として叩く情況がある。衆院選ですが小泉元首相はその心理を利用するのがとても上手かった。
墨東P @bokutohP 2010年7月11日
「野党の主張が参院選最大の焦点」などと全く思っていません。政党が提示した大きな枠に囚われ、二元論に落とし込み、政治家個人を支持する価値を捨てる意味は無い(小選挙区では特に)ということです。ですから「どのみち実現しもしない野党の主張など二の次であるべき」という主張に対しては依然反意を抱きます。一応言っておきますが、SuperMTecさんの話をレッテル貼りだとは一切思っていません。むしろとても勉強になります、ありがとうございます。
墨東P @bokutohP 2010年7月11日
関係ない余談メモ。宮台真司さんのお話。「政治の話をするとき、僕はバスに喩える。乗客は国民、契約が憲法、運転手が統治権力。近代国家バスの本義は、乗客が運転手にその都度目的地を告げ、監視し、文句を言うことだ。が、戦後日本では乗客が運転手に何もかも“お任せ”で成り立った。しかし、今まで走ったことのないルートに入りお任せにはしていられなくなった。乗客の指示に従う運転手に替えた。ところが、運転手は運転の、乗客は指示の経験が乏しく~(要約」