2012年7月24日

今井哲也氏:サマーウォーズについて

今井哲也先生のサマーウォーズ論とそのやりとりをまとめました。
2
今井哲也 @imaitetsuya

みてる: "サマーウォーズを田舎の大家族の嫁の視点で観たら - Togetter" http://t.co/SrHuWm8f

2012-07-23 14:57:52
今井哲也 @imaitetsuya

素朴な感想としてはうなずける。たしかにあの家の嫁さん大変そう。

2012-07-23 14:58:45
今井哲也 @imaitetsuya

「だったらどんな家族を描けばお前は満足なのか」「それは作品のプロットに不満があるんじゃなくて、現実の自分(田舎の大家族の嫁)の不満から視野が狭窄になって素直に作品を楽しめなくなっているだけじゃないのか」というような水かけ合戦にまで発展しているけど、それはちょっとなあと思う

2012-07-23 15:03:29
今井哲也 @imaitetsuya

というか、サマーウォーズの中でラブマシーンと戦うのが基本的に男連中で、嫁さん連中はないがしろにされているのが気に食わん、というのは、あの映画の感想としてはけっこういいところをついているように思う。ジェンダー論的なコレクトネスの話ではなく、エンタメとしての完成度の甘さの指摘として。

2012-07-23 15:07:21
橡の花 @totinohana

@imaitetsuya フィクションとの距離感の問題ですから、そのお嫁さんに難詰してもしょうがないでよねぇ…(逆に「大家族」が噛み合ってみえた瞬間として、評価できる場面はあったか?が重要ですのに

2012-07-23 15:08:21
今井哲也 @imaitetsuya

というのも、「サマーウォーズ面白いのは認めるけど言うほどじゃない」「そんなに好きでもない」という人の感想って、すごく大雑把にいうと「なんで日本の一地方の一家族が人類を代表して世界を救ってるの?」というところに集約されるように思うから。実際この点、けっこうご都合主義的な描写が多い。

2012-07-23 15:10:13
井乃中 蛙 @kawazu_I

@imaitetsuya ラブマシーンと闘う事と、おさんどんがあの家の中では同じレベルの事件で、そういう意味での世界を救う事のチープさがコミカルでいいなと思ったのですがどうでしょう?

2012-07-23 15:11:21
今井哲也 @imaitetsuya

たとえば、ラブマシーン暴走時にほうぼうへ電話をするおばあちゃん。電話口で激励しただけで実質ほぼなにもしてない彼女に、日本中が奮起させられて事態が終息する。実際に混乱を収めたはずの、現場で事にあたった全世界の当事者はまるごと省略されてる。ここに違和感を覚える感想はけっこう見かけた。

2012-07-23 15:15:50
福地仁 @hitofuku

@imaitetsuya その点について個人的には、「侘助の深層心理をラブマシーンが汲んで行動した結果」と言うファンタジー気味な解釈をしています

2012-07-23 15:16:30
今井哲也 @imaitetsuya

僕自身は、スピード感のある演出で楽しんで観てたけど、あとから言われてみたらたしかにそうかもなーという程度の印象。けど去年の震災を踏まえて、「栄おばあちゃんクラスの実力者おばあちゃんが日本中にいて、災害時にあんなふうに現場に電話をかけてくる」と改めて想像するとちょっとぞっとする。

2012-07-23 15:18:37
今井哲也 @imaitetsuya

世界で唯一ラブマシーンと対抗できたのが、「数学オリンピックの日本代表になれなかった程度の実力の高校生」っていうのも同種のツッコミ所かもしれない。たまたま田舎の家にいた彼以上の才能と設備を持ってるエンジニアとか天才は世界中にゴロゴロいるはずなのに、なぜあの家が舞台になるのか、とか。

2012-07-23 15:20:50
今井哲也 @imaitetsuya

要するに、あの一家で起こっていることがイコールOZの中で起こっていることの完全な引き写しであり、だからあの一家が団結して事にあたることがイコールそのまま世界を救うことに直結するのだ、ということを描くのに、やや外堀を開けっぱなしというか、ロジックを端折っている部分があるのかなーと

2012-07-23 15:23:28
手塚空Tezuka Sora @aibery

@imaitetsuya 泉信行さんの量子コンピュータ悩保持者仮説があったり… http://t.co/7H3iWr8V

2012-07-23 15:28:05
今井哲也 @imaitetsuya

で、「あれだけたくさん登場した個性豊かな女性陣が、話の本筋(ラブマシーンとの戦い)にほとんどコミットしていない」っていうのも、これと同じ「ギミックが足りてない部分」なのかなーとか。

2012-07-23 15:29:46
今井哲也 @imaitetsuya

例えばだけど、警官の兄ちゃんが氷を移動させたような何かアホくさい理由で、お母さんがずっと気にしてる饅頭の発注が、土壇場でラブマシーンへの反撃の切り口になるとか。で、「やっぱり母ちゃんにはかなわねえや」「いいから手伝えっつってんだろスコーン!」みたいなのがあったら印象も違うかなとか

2012-07-23 15:31:59
今井哲也 @imaitetsuya

@totinohana 「サマーウォーズについて」語るのであれば見るべきなのはそこですよね。まあ、どんな題材を描いても誰かのトラウマに触れてその人は楽しめなくなってしまう、というのは、作品の出来不出来とはやや別のところで、あらゆる作家がどうしようもなく直面する問題です

2012-07-23 15:33:44
天野大気 @otocinQ

@imaitetsuya あの芸風だとあんまりできなかったのかもしれませんが、FF4のヤンみたいにフライパンでぶったたかれてシャキンとするとか、ポパイのほうれん草のごとく嫁のメシ食ったら力が沸くとか、そういう漫画映画な感じの描写がストンとあると楽なんでしょうね。

2012-07-23 15:35:48
今井哲也 @imaitetsuya

@kawazu_I そこはまさにその通りだと思います。「世界を救うんだ」って息巻いている男連中を「またあのバカどもは」という目でみている女性陣、という構図そのものは気が抜けてて面白かったですね。

2012-07-23 15:37:36
miki @amrita_milch

@imaitetsuya それ面白そうですね!!やっぱり漫画家さんの発想てすごいなぁと思いました。。。

2012-07-23 15:37:44
今井哲也 @imaitetsuya

@hitofuku それはすごくロマンチックですね・・・! 全世界のエンジニアやハッカーからの攻撃を跳ね返しておきながら、ケンジやキング・カズマとの対決にはわざと乗っかってみせた、と考えると切なくて良いです

2012-07-23 15:39:30
橡の花 @totinohana

@imaitetsuya えてして“触れた”人間の声が大きく、ふわふわ不満を感じていた人らを惹きつけやすいというのも、どうにかならないかなとは思うんですが、仕方がないのかな…(「絵空事」に向かうスタンスとしてどうなのか?という話で

2012-07-23 15:39:37
今井哲也 @imaitetsuya

@aibery あっ、こういう見方すごく好きです・・・アニメを観たあとはお酒飲みながらこういう感想? で盛り上がったりしたいですね

2012-07-23 15:40:59
今井哲也 @imaitetsuya

@otocinQ それを聞いて連想しましたが、ラピュタのシータがあまり文句を言われないのも、鉱山の親方夫婦やドーラ一家が横で描かれていたからでしょうね。

2012-07-23 15:46:19
泉信行 @izumino

@imaitetsuya @aibery 便乗レス失礼します。彼がオリンピック落ちたのは筆記テストの誤字クセのある天才だからなので、最後に誤字しないように祈りながらエンターキー押すシーンとか、実は夏希先輩は誇張じゃなく優秀な男捕まえてきたんだから離さないよな~とか妄想が楽しいです

2012-07-23 15:46:51
今井哲也 @imaitetsuya

@amrita_milch 恐縮です。まあ、あとから観てあれこれ言うのは簡単ですが実際サマーウォーズ作れと言われると大変ですが・・・

2012-07-23 15:47:26
残りを読む(26)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?