小松亮太が語る松永孝義

2012年7月12日に他界したベーシスト松永孝義さんについて、小松亮太さんがツイートしたものをまとめています。
KARUBI_Ino 10047view 2コメント
10
ログインして広告を非表示にする
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-12 16:15:35
    訃報です。TOMATOSやMUTE BEATのメンバーとしても知られ僕のライブやレコーディングでも活躍して下さいましたベーシスト松永孝義さんが逝去されました。僕は13歳の時から松永さんの名演に触れていましたから本当に残念です。普通のことを普通に弾いただけで特別な人でした。合掌。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-12 16:21:09
    今年1月末のアニメ映画のサントラのレコーデイングでは長時間にも関わらずお元気だったので安心してたんですが・・・89年頃?客席で松永孝義さんのソロ「キーチョ」を聴いて感激したオマール・バレンテ氏が松永さん用のベースソロ曲を作曲してしまったのは大きな想い出です。続く
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-12 16:32:47
    タンゴのヴェテラン作曲家バレンテ氏が松永孝義さんに捧げたのは「Que nunca falte」なくてはならないもの、という曲でレコーデイングもされました。たぶん松永ファンの中で彼の弾くタンゴを聴いたことがある人は少数派。しかしタンゴ・ベーシストとして信じ難い名手でした。更に続く
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-12 16:37:59
    クラシックからタンゴからレゲエからロックから様々なジャンルで尊敬を集めた松永孝義さんですが、彼のクラシック的な面、タンゴ的な面を僕以上に見てきた人はいないはずです。音楽メディアの関係者の方々、もし追悼記事が出るのでしたら少しでもいいので僕にも書かせてください。謝礼等一切不要です。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-13 11:40:10
    韓国に向かうため松永孝義さんの葬儀に出席できません。改めて追悼文など発表させていただく所存です。小松とのラスト・レコーデイングとして、また松永さんがアルコ中心のクラシカルなプレイをしている(恐らく最後の?)録音として例のサントラを敢えて紹介します。宣伝のつもりではありません。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-18 16:18:35
    @rikiriki1203 僕の中ではグスコーブドリのサントラは暫くの間は松永孝義さんの想い出になりそうです。実は録音作業は過酷なスケジュールだったため松永さんの体調を考え別の方にお願いすることも考えましたが、なるべく松永さんの公式録音を録った方が良い様な気がして敢行しました。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-19 00:48:31
    ブログ更新しました。小松亮太から見た松永孝義さんについてhttp://t.co/NS6hELKv もっと詳しくは然るべき場で書かせていただきますが・・・
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-19 01:43:14
    松永語録1:「俺の真似すんじゃあねえぇぇぇ~!」(2000年代初頭@都内某スタジオ) 小松註:「松永さんがこう言ってた」的な話を第三者に伝える際、松永さんの物まねを随時交えていたことが発覚していたらしく怒られる。が、その後は黙認された。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-19 01:49:58
    松永語録2:「メトロノーム90で弾けたとしても、半分の45にしても弾けるかどうか、時々わざわざ試した方がいいよ。『え?この機械が狂ってんじゃねえか?』っていうテンポでさ。」(90年頃@銀座の高級倶楽部)小松註:これは僕がアマチュアやプロの卵をレッスンする際に大変役立っている。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-19 02:03:20
    松永語録3:「えっ?!あっ・・・あ、あのう・・お、男のほう・・・」(80年代後半@電話で)小松註:僕の父に電話したはずが、まだ中学生だった僕が電話に出てしまい「(父母の)どっちに用ですか?」と訊かれ言葉に詰まった挙句に出た松永言語。実は物凄く面白い人だと印象づけられた瞬間である。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-19 03:06:20
    松永孝義語録4「あんな1mmも弾けない人を置いとくなんて言語道断だよぉ」(86年@小松の実家。)当時のある地方のオーケストラを批判する際に出た松永言語。彼は本来長さと無関係な事物について語るときにもmmという単位を好んで使ったが、何かしらの突破力を帯びて響いてくるから不思議だ。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-19 23:08:39
    松永孝義語録5「あの人はやってて面白い!自分の音楽を持ってるから。棒はわかんないけど笑」「本番中にさぁ、譜面を何頁もめくって、また逆にめくってさぁ、小声で『どこやってんの~』とかいってさぁ笑」(86年、小松から山田一雄さんhttp://t.co/4FeOiiAsについて訊かれて)
     拡大
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-19 23:40:20
    松永孝義語録6「あ?いや、別に普通の奴だよ~。怒らすと怖いけど~。何っでもないことで突然クるんだよなぁ~」91年か?小松亮太から「内田裕也さんてどんな人?」と訊かれて@狭山市民会館のレストラン
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-20 01:31:56
    @rikiriki1203 「孝義」さんざます笑 確かに改めて語録として並べると面白いですが、あくまで松永さんは普通に真面目な話をしてるだけだったんです。髪型、服装も個性的でしたが、実際は「単に気にしてないだけ」だった様です。味の塊が服を着て歩いていた、、、いや大袈裟ではなく。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-21 00:10:09
    松永孝義語録7 中野の屋台で誰かが買ってきたたこ焼き(特大サイズ)をモグモグしつつ絞り出す様な小声で一言。「う~~ん・・・ぐれいと・・・」@銀座 小松註:言語という程のことはない。しかし普通の人がこういうリアクションをしても記憶に残るはずもない。これは松永言語といって良いだろう。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-24 22:40:48
    松永孝義語録8「ブルックナーだったかなぁ、忘れちゃったぁ。やっぱ音楽ってもんをよく知ってるなぁって思ったよ」「何か言うときとかすごく優しいけどちょっと怖いんだよね。視線がこう来る(ビームが地面にぶつかりバウンドして迫ってくる仕草をして)んだよなぁ笑」(87年頃。朝比奈隆について)
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-24 23:00:30
    松永孝義語録9「わかりづらい棒だけど、『何がやりたいのか』はわかるよね。先に先に振っていく人じゃん、だからさぁ」(96年頃?朝比奈隆の指揮について) 
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-26 00:51:44
    松永孝義語録10「NHKで名曲アルバム見てるとさぁ、音聞いて『あ、これ中先生も弾いてんじゃないかな』って思って、演奏の映像に変わるとやっぱりコントラバスセクションの真ん中あたりに居るの。あの人が居るだけで何かが違うんだよ。」恩師・中博昭さん(元N響コントラバス奏者)について。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-26 10:28:58
    松永孝義語録11「ムッッッッッッチャクチャ(棒の振り方が)わかり易かったのはねぇ、森正さんっちゅう人と尾高(忠明)さんっちゅう人だねぇ」(20代の頃オーケストラで弾いていたときに経験したいろいろな指揮者について)
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-26 22:49:58
    松永孝義語録12「俺、サバリッシュ(ドイツの指揮者)なんて全っ然好きじゃねえけど、あの棒のテクニックは凄えよなぁ」(95年頃)小松註:MUTE BEATやタンゴでの松永孝義しか知らなかった人には以外だろうが、つまり彼はあくまでクラシック上がりのアカデミックなベーシストだったのだ
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-27 18:04:38
    松永孝義語録13:「えッ・・・いやそのぉ、(小声で顔をクシャクシャにして)見た目がカッコイイからぁ・・・」(90年頃?なぜベースを弾き始めたかを小松亮太から問われて)小松註:人が楽器を選ぶ動機は案外こんなもの。数ある楽器の中からひとつのものをカッコイイと感じるならそれは縁といえる
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-27 23:14:09
    松永孝義語録14:「最近は早く始める子が多いよね。俺も中学から始めた奴には敵わねえも~ん」(ベースを習い始める時期について)。小松註:松永さんは17 歳から始めた。コントラバスは20歳で始めてプロになる人も稀にいる遅咲き楽器。松永さん曰く「音大受験はお辞儀ができれば合格」マジ!?
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-28 00:29:20
    松永孝義語録15:「無理やりオフクロにピアノの鍵盤叩かして、俺は(鍵盤が見えないよう)後ろ向いたまんま音を言い当てて。大変だったよぉ笑」小松註:これは聴音という音の聞き取り試験の話。周囲にピアノが弾ける人がいればいいが、音大受験時だけ弾けないモノを弾かされた母上は大変だったろう
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-28 01:10:24
    松永孝義語録16:「音大の廊下でよく打楽器科の奴らが目黒目黒!池袋池袋!って連符の練習してたよ」小松註:例えば1拍を3つ或いは7つみたいな奇数に等分するのは難しいから言葉を当て嵌め理解する方法らしい。この松永発言は今も役立ってます。5連符は池袋。7連符は東久留米市←これは小松案。
  • 小松亮太はバンドネオン @Komatsu_Ryota 2012-07-28 12:05:17
    松永孝義語録17:「学生んときにベートーベンとかさ、どう考えても弾けないとこがあって、中先生にどうすればいいのか訊いたら『練習すんだよぉ!』とか言われてたけど、一緒に酒呑むようになったら『あんなん弾けるわけねえよな』とか言っててさぁ笑」小松註:とにかく中先生は怖くて有名な方です汗

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー