2012/07/29 Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 satta-2 : Jenkinsによる自動受け入れテストから継続的デリバリーまで #juc2012 #juc2012_satta

Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 http://build-shokunin.org/juc2012/ ハッシュタグ(非公式) #juc2012_satta ※非公式ではありますが、上記タグでつぶやかれた内容を時間で区切ってセッション別にまとめを作成しています。 ※公式ハッシュタグ: #juc2012 ------------------------------------------------ <発表者> John Smart (@wakaleo) <発表者紹介> 続きを読むJenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 http://build-shokunin.org/juc2012/ ハッシュタグ(非公式) #juc2012_satta ※非公式ではありますが、上記タグでつぶやかれた内容を時間で区切ってセッション別にまとめを作成しています。 ※公式ハッシュタグ: #juc2012 ------------------------------------------------ <発表者> John Smart (@wakaleo) <発表者紹介> John Smartはシドニー在住のコンサルタントでオープンソース、ウェブ開発、Java、テストや開発プロセスなどを中心に活動しています。O’Reilly Jenkins本やJava Power Toolsなど開発者向けの書籍の執筆や、トレーニングの講師としても有名です。 <概要> 継続的インテグレーションは素晴らしいですが、継続的デリバリーは更に優れています。継続的デリバリーとは、一言で言うならば、自動化された品質検査を通過したビルドはどれも本番に使えるという安心のことです。どんな組織にとっても、継続的デリバリーは崇高な目標です。しかし、継続的デリバリは継続的品質検査なしではなりたたず、継続的品質検査をする最も優れた方法の一つは受け入れテストを自動化する事です。 この発表では、自動受け入れテストや「受け入れテスト駆動開発」をJenkinsで行うための実践的な手法や、そこにeasybやThucydidesなどのBDDツールを使うやり方、またWebDriver/Selenium 2などを組み合わせる方法についてふれます。 ------------------------------------------------
jenkins juc2012 jenkinsja
orange_clover 2692view 1コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

最近人気のカテゴリー