中川尚子他「米・小麦・牛乳の放射能汚染と学校給食」に関する島薗進氏の呟き①

宗教学者 島薗進氏が『世界』8月号に掲載されている論文に関して連続ツイートしました。 これは、その第一弾
原発 震災 放射能汚染 学校給食
5
島薗進 @Shimazono
1要注目論文が出た。中川尚子・蓮井誠一郎・原口弥生「米・小麦・牛乳の放射能汚染と学校給食―すべての子どもを守るための具体的提言」『科学』8月号①。概要全文「学校給食での米・小麦・牛乳は放射性セシウムが10Bq/kg未満のもの、2013年度からは5Bq/kg未満のできる限り低い」
島薗進 @Shimazono
2中川尚子他「米・小麦・牛乳の放射能汚染と学校給食」『科学』8月号①「ものを使用すべきだ継続的な放射性セシウムの摂取と体内への蓄積により内部被曝にさらされる子どもたちの安全を確保するために、われわれが導き出した結論である。その実現は、司法が要求する給食の「極めて高度な安全性」と」
島薗進 @Shimazono
3中川尚子他「米・小麦・牛乳の放射能汚染と学校給食―すべての子どもを守るための具体的提言」『科学』8月号①「日本政府が国際的に合意した子どもについての予防原則に沿った行動どのものである。一見過激な提案であるが、十分に実現可能である、このような考え方はメリハリのきいた防護策として」
島薗進 @Shimazono
4中川尚子他「米・小麦・牛乳の放射能汚染と学校給食―すべての子どもを守るための具体的提言」『科学』8月号①「子どもを守ることと原発被災地の食文化を守り農業に見通しを立てることの両方に有効である。」3人の著者は統計物理学、国際政治学、環境社会学を専攻する茨城大学の教員。