三河武士紹介 そのよん

平岩七之助親吉殿。木俣清三郎守勝殿。
歴史 三河武士 徳川家臣団 なりきり武将
5934view 0コメント
3
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
ええと、頼まれたのは平岩七之助親吉殿ですね。諱はちかよし、と読みます。現在、グレート家康公「葵」武将隊にて活躍されておられるようですが(笑) #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
平岩殿の一族は元々は弓削氏、古くから三河に住む地方豪族とでもいいましょうか。平岩という姓は幸田の坂崎にある平たい大きい岩から来ているそうですが、今でもその岩は幸田にありますね。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
弓削氏は物部氏に連なる一族で、三河は古来物部氏族が治めていたらしい…のですが現在記録はほとんどありません。持統天皇の三河行幸はこれに関係あるのではないかという説があるそうですね。まぁ我等よりもっと古い時代の話なので、よくわからないのですが。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
幸田坂崎にある平岩も、元々は古墳の蓋か何かじゃないだろうかと東条殿が言っておられたけれど、真偽は不明です。あ、ちなみにこの幸田の坂崎というのは、後に大久保彦左衛門忠教殿の知行地になりまして、現在彦左まつりなど行われておりますね。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
岡崎には持統天皇行幸の際に植えられたという伝説の桜がありますが、もしかしたら平岩殿の血統はそれより古いかもしれないわけです。面白いものですね。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
…あ、七之助殿の話でした。七之助殿は天文11年、幸田の坂崎の生まれです。大殿とは同年になります。父は平岩親重殿で、七之助殿は次男でした。今川家の人質となった竹千代さまの小姓として、駿府に行かれております。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
大殿の信頼厚く、重要なお役目を何度もはたされております。武勇にも優れておられる。大殿のご長男、岡崎三郎信康さまの傅役でもありました。…私も三郎さまの傅役でありましたので、同僚、ということになりますね。大変お世話になっています。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
織田殿から、徳川の外戚である水野信元殿を斬れと命じられた時、石川与七郎数正殿とともに水野殿を害し、その時に首をかかえて泣いたと伝わりますね…  #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
また天正7年、三郎さまが生害あそばされる時、自分の首を斬って織田殿に差し出してくださいと願い出るも、大殿はお聞きとどけくださいませんでした。その後三郎さまの臣であった者は大半が蟄居したり出奔したりしたのですが、七之助殿は大殿にせつかれて、はやくに復職しています。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
そのあとは武田氏滅亡後の甲斐に入り甲府城を築城、甲斐の代官として勤められ、関東に移ってからは厩橋3万3,000石の大名となりました。ずっと大殿をお側で支えてこられた方ですね。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
大殿は七之助殿に実子がないのを嘆かれて、ご自分の子、仙千代さまを七之助殿の御養子になさいましたが、仙千代さまは早世…。後に尾張さま、徳川義直さまの附家老として尾張名古屋に入られます。この時に犬山城主となりました。家老とはいえ12万石の大名扱いです。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
尾張さまを厳しく躾けたことでも有名ですね(笑) 尾張さま、紀州さま、水戸さまの家老は皆すぱるたです。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
最後の時まで政務に勤めておられて、なくなったのも名古屋城の二の丸御殿だったということです。このことを聞いて大殿が城内で死ぬとは、とご不快になられたともいいますが、多分そんな死ぬ直前まで仕事してるんじゃないと思われたのかもしれませんね。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
前述のとおり、七之助殿には子がありませんでしたので、大殿はまず七之助殿の兄と弟に家名を継がせようとしましたが、固辞されてしまいました。そこで七之助殿の庶子という噂のあった子供を探させたのですが、母親が七之助殿の子ではないと言ったため、平岩家は断絶となりました。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
確か七之助殿の弟の息子はそのまま尾張藩に仕えたのではなかったかな。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
また七之助殿は、高野山に三郎さまの墓所を寄進しておりますね。私は私で、清水の江浄寺に三郎さまの供養塔をたてさせていただいております。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
えーあと、七之助殿の弟の助六殿と、私の弟が喧嘩した話……は、やめておきましょうか(笑) #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
そうそう、現在まで残る書物のひとつに、三河後風土記というのがあるんですが、これが七之助殿の著書だといいますね。本当かどうかわかりませんが。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
七之助殿についてはこれぐらいでしょうか。……私も弟も、本当にお世話になったんですよねぇ…。一度岡崎におられるというち~さまにもお会いしてみたいものです。 #みかぶし紹介

榊原小平太康政 @sakaki_koheita
誰にするか迷ったんだが、清三郎にするかな。兵部のいないうちに。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
木俣清三郎守勝。井伊家の家老だな。木俣土佐、と略されることが多い。元々は父親の代から松平家に仕えておるが、木俣家自体は北勢四十八家のひとつで、どうもその支流のひとつらしいな。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
清三郎自身は、岡崎の生まれだという。生年は天文二十三年または弘治元年。1554年か1555年ということだが、家譜では天文生まれになっとるようだ。わしの6才下で、兵部の7才上、丁度中間だな。同年代には、安藤帯刀や石川玄蕃がいる。 #みかぶし紹介
榊原小平太康政 @sakaki_koheita
…あ、安藤帯刀直次殿は後の紀州藩家老。石川玄蕃頭康長殿は、石川伯耆守数正殿の長男だ。そのあたりの同僚ということだな。 #みかぶし紹介
残りを読む(29)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする