ジャンヌ・ダルクの話

備忘録
0
ケイ @qquq3gf9k

脱原発のジャンヌ・ダルクについて書いた所で書きたくなったのでジャンヌ・ダルクについて一つ備忘録として。諸説あるけど元々は坂本竜馬同様、余り有名な人物では無かった人物である。有名になった原因はナポレオンだったりもする。

2012-08-01 23:36:40
ケイ @qquq3gf9k

ドイツに近いローヌ地方ドンレミ村に生まれ教会で神託を受け当時イギリスに占領されてたオルレアン解放を目指す。その後、変装したフランス王を一発で見つけ二人だけで「秘密の話」をしたとされる。 この会話からフランス王家に連なる血筋であるという説もある。この後、英仏100年戦争に関わる。

2012-08-01 23:47:34
ケイ @qquq3gf9k

ラ・イールやジル・ド・レイなどの仲間や幸運にも恵まれ快進撃を続けオルレアン解放を成す。その後、ノートルダム大聖堂のあるランスでの正当な戴冠式をフランス王に望みイギリス軍を打ち倒していく。彼女の英雄譚の最盛期である。

2012-08-01 23:56:17
ケイ @qquq3gf9k

無事に戴冠式を終えて戦争よりもイギリスとの外交決着を望むフランス王と周囲にとってジャンヌが少しずつ邪魔になっていく。首都であるパリ解放を望むジャンヌしかし政治闘争の中で孤独な戦いを強いられていった。

2012-08-02 00:08:20
ケイ @qquq3gf9k

ブルゴーニュでの戦いで捕まりイギリスへと引き渡されるジャンヌ。彼女にとっての地獄の始まりであった。神託の否定、性別の証明、苦しい尋問と裁判の中で自身の異端を認め改宗し入牢する事となった。しかし、数日後、彼女は再び男装へと戻っていた。

2012-08-02 00:17:59
ケイ @qquq3gf9k

ジャンヌには看守などによる性的暴行などがあったと思われる。再びの男装で異端再犯を犯したジャンヌに救済の道は無かった。死刑宣告、彼女は火刑に処される事に決まった。キリスト教でも苛烈な罰である火刑。彼女は縛り吊るされ神の名を呼び最後には「全てを委ねます」と言い焼き尽くされた。

2012-08-02 00:27:04
ケイ @qquq3gf9k

ジャンヌの死後、その死体は民衆に晒された。男疑惑のあった彼女が女性であった事の証明の為だった。女性として死後も辱めを受け、遺灰も川へと流されてしまう。ここに彼女の英雄譚は終わりを迎えた。その後、ローマ教皇により復権が成され偽物が出たが今に到る。

2012-08-02 00:32:38
ケイ @qquq3gf9k

たぶん、微妙に間違ってる。

2012-08-02 00:36:07

コメント