Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年1月18日

「近代」美術館と「現代」美術館

「近代」美術館と「現代」美術館ってどう違うの、いつ変わったの (戦後の日本の公立美術館の中で)
5
aw @awa_des_jours

美術館学の入門の本読むと「日本は企画展体質で、新聞社が仕切ってたりデパートで展覧会をやるのは日本独特のこと」とは大概書いてあって「へえ」とは思うけど、朝日の元記者の方の「戦後美術展略史―1945‐1990」を読むと腑に落ちると思う。 http://bit.ly/8MShf0

2010-01-18 19:40:50
aw @awa_des_jours

わからなかったこと...沢山ある。兵庫県美を筆頭とする地方公立美術館や区立美が70年代、80年代に行った自主企画がどのように受容されたかが気になる。

2010-01-18 19:49:29
aw @awa_des_jours

あとはやっぱり「近代」→「現代」のこと。

2010-01-18 19:50:33
環境デザイン @seeeeeijin

気になりますなぁ。美術館の「近代」→「現代」については、「クローズ」→「オープン」がキーかなと。QT @awa_des_jours わからなかったこと...沢山ある。兵庫県美を筆頭とする地方公立美術館や区立美が70年代、80年代に行った自主企画がどのように受容されたかが気になる。

2010-01-18 19:54:50
aw @awa_des_jours

@seeeeeijin そうですね...うまく言えなくて良くないのですが「近代」を掲げる美術館がいつから新しく出来る日本の公立美術館で、無くなったのかというのが気になっています。かつての「近代」=同時代という図式が壊れたのが戦後のいつぐらいなのだろうかはすぐ分かりそうですけど。

2010-01-18 20:46:45
環境デザイン @seeeeeijin

@awa_des_jours すごくいい問題意識だと思う。今すぐ一緒に飲みに行きたいほど熱いね。その通りで、時代の定義とネーミングは難しい。おそらくだが、美術館建設ラッシュがバブル時期で、そのとき収集したアートが少し前の物が多かったので「近代」って名付けられたのでは?想像ですが

2010-01-18 20:52:39
aw @awa_des_jours

確かにそんな気もするんだよなあ。RT @seeeeeijin その通りで、時代の定義とネーミングは難しい。おそらくだが、美術館建設ラッシュがバブル時期で、そのとき収集したアートが少し前の物が多かったので「近代」って名付けられたのでは?想像ですが

2010-01-18 21:03:21
aw @awa_des_jours

@seeeeeijin 恐れ入ります。あまり時代の定義とネーミングに拘ると本質から逸れる気がするのですが、美術館の新設年度を参照すると丁度1990年前後で新設の「近代」美術館がなくなって、広島を皮切りに「現代」美術館が出てくるのでこの背景は何があるんだろう?ともやもやしています。

2010-01-18 21:09:37
aw @awa_des_jours

REAR20号の戦後美術館年表を参考にすると(※国立都道府県市立は全て、町村区立と民間は随意)、「近代」美術館の新設は90年の徳島県立近代美術館が最後。そして公立の現代美術館の皮切りと言われる広島市立現代美は...あら、REARの年表では93年になっている。89年ではない?何故。

2010-01-18 21:15:51
環境デザイン @seeeeeijin

.@awa_des_jours おそらく、90年前後が、いわゆる「モダニズム」の崩壊があったのでは。それか、単なる新しいもの好き(笑)いずれにしても、収蔵する「アート」の質の変化との関係性は切っても切れないでしょう。

2010-01-18 21:20:55
aw @awa_des_jours

@seeeeeijin まさに。90年前後を日本の美術館の「モダニズム」の崩壊としてもいいのかなあうーんと悩んでおりまする。海外の潮流から随分遅れる気がするんですよね。なので海外の流れを確認して、その影響がどんな風に日本の美術館に及んだのか調べたいなあと思っています。

2010-01-18 21:28:20
aw @awa_des_jours

まじで近代って何って所からやり直したい。

2010-01-18 21:29:53
環境デザイン @seeeeeijin

.@awa_des_jours 時代の流れだけの議論だと、そうなってしまうけど、アートは「空間的」質の変化も大きい。絵画からインスタレーションへ、という流れも考慮したい。その変化の流れは、必ずしも近代、現代の流れとは一致しない気がする。

2010-01-18 21:41:23
aw @awa_des_jours

@seeeeeijin うーん、確かに。その流れ(〜インスタレーション)の美術を「近代」美術館が担っていた時期が案外長いと思うんです。「近代」=同時代だった頃。美術自体の区分は「現代美術」になるのですけどね。

2010-01-18 22:04:33
aw @awa_des_jours

そもそもモダンの定義も流動的なはず。

2010-01-18 22:05:15
aw @awa_des_jours

「国立近美の収集は第一回文展以降(1907年)としているけど、いずれは東博から幕末以降の作品は国立近美に移すべきだと考えられるだろう」ってのもあったな。えーとこれは via:本江邦夫氏(国立近美)BT1996年5月号

2010-01-18 22:09:02
環境デザイン @seeeeeijin

.@awa_des_jours ただ、本格的なインスタレーション(21世紀美術館、青森犬、常設ではなければ、国立国際)の発生は、日本では2000年からだね。ここに一つ線が引ける。つまり、国内美術館の大きなターニングポイントは2000年頃とみている。

2010-01-18 22:13:13
aw @awa_des_jours

@seeeeeijin >本格的なインスタレーションというのは 建物埋め込み型(建築計画と一緒に作家に作品を依頼するパターン)のインスタレーションの事ですか?それだと国立国際がちょっとわからなくて教えて戴きたいです。

2010-01-18 22:18:18
aw @awa_des_jours

@seeeeeijin ああ、その視点は無かったです。自身作家の潮流自体も不勉強だと思うので、参考になります。今日お話し戴いた事はのちにトゥゲッターというTLのまとめを作るサービスで自分用にもまとめておこうと思いました... お話有難う御座います。

2010-01-18 22:33:07
環境デザイン @seeeeeijin

@awa_des_jours いえいえ。こちらこそありがとう。とても楽しかった。また懲りずに付き合っておくんなはれ。

2010-01-18 22:49:32

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?