Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

ネルソン・グッドマン『芸術の言語』から「リアリズム」の項を読んでいる

透明/半透明/不透明の問題、内面の問題、自然主義リアリズムとまんが・アニメ的リアリズムの問題などについて考えていた。だが「リアリズム」とは何か? それが問題に感じられて胸に引っかかっていた。 たまたまネルソン・グッドマン『Languages of Art』の読書会に参加していたので、訳しながら「リアリズム」の項を少し読んでいるところ。
10
やおき @yaoki_dokidoki

“けいおんのキャラに「内面」はあるのか? - Togetter” http://t.co/pPsUMokk

2012-08-03 02:24:44
someru @someru

これはずっと言ってるんだけど、そんなわけないですよね RT @iwa_jose: ごく素朴な疑問として、けいおん!のキャラクターにはほんとに内面ないのかしら?と思う。発話や行動には直接的に反映されない微妙な心情を想像させるような契機となるような語り/演出はまったくないのかな。…

2012-08-02 20:38:51
やおき @yaoki_dokidoki

いずみのさん、伊藤剛さんがいま話題にしていることについては、ぼくにもなんだか心にわだかまる問題として残っていた。

2012-08-03 00:43:27
やおき @yaoki_dokidoki

日曜日のグッドマンの『languages of art』の読書会で、それについてちょっと感じたことがあった。なんだったっけ。

2012-08-03 00:45:31
やおき @yaoki_dokidoki

思い出して来た。そもそも、マンガにおける自然主義的リアリズムについて考えたときに、それが「内面」の表現を志向しており、描写の「精細さ」につながるというとき、このリアリズムの「リアルさ」はどのようにして測られるのかという問題が頭にあった。

2012-08-03 00:58:25
やおき @yaoki_dokidoki

『languages of art』の第一章「現実の再制作」第8項「リアリズム」は、リアリズムの基準について書かれている。

2012-08-03 01:04:05
やおき @yaoki_dokidoki

グッドマンの第一章での各項の主張で一貫しているのは、芸術における再現において、大事なのは指示であって、類似性ではないということ。

2012-08-03 01:17:57
やおき @yaoki_dokidoki

主張のポイントは、第一項に書かれている。シノハラユウキさんのレジュメに沿っていうと、「類似性は対称性にもとづく。男爵の絵は男爵をrepresentするが、逆に男爵は男爵の絵をrepresentしない。城の絵は城よりは絵により似ている」

2012-08-03 01:22:04
やおき @yaoki_dokidoki

つまり、ここでは類似性の強さがrepresentationを担保しているわけではないことが示されている。ソシュールの言語の恣意性の議論も思いだすが、再現するものとされるものの間には、類似による親近性よりも、指示による恣意性が働いているように見える。

2012-08-03 01:24:11
やおき @yaoki_dokidoki

グッドマンの主張をふまえると、芸術における再現の「リアル」「リアリズム」という語用も、けして類似性によるはかりかたではなくて、なんらかの恣意性にもとづいた基準によってはかられているのだという予想が立つ。

2012-08-03 01:49:25
やおき @yaoki_dokidoki

グッドマンは、「類似性がリアリズムの評価基準でないとすれば、何がそれを決めるのか」と問う。

2012-08-03 01:56:02
やおき @yaoki_dokidoki

原文を読んだ上で、シノハラさんの要約を引用すると、「どれだけ絵がよく対象を模写しているかではなく、どれだけ絵と対象が、(お互いにとって)適切な観察条件の下で、同じ反応と予期を引き起こすかにある」。丸かっこの箇所はぼくが訳して補った。

2012-08-03 02:05:23
やおき @yaoki_dokidoki

ここからはぼくの訳。「さらにいえば、理論はかならずしも、フィクティブな再現がリアリズムの度合いによって異なるという事実によってただちに困惑させられるというわけではない。」p.34

2012-08-03 02:21:38
やおき @yaoki_dokidoki

いずみのさんは実証性について批判している訳ではないはず。

2012-08-03 02:43:56
やおき @yaoki_dokidoki

「たとえケンタウルスが存在しないとしても、リアリスティックな絵はきっとわたしをそれがケンタウルスだとだますことができるだろう。」p.34

2012-08-03 03:14:38
やおき @yaoki_dokidoki

「だがそこには難しさがある。何がだますのかは、何が観察されているかに依存する。そして何が観察されるかは、興味や習慣に依存する。」p.34

2012-08-03 03:16:35
やおき @yaoki_dokidoki

「絵がだますということは、リアリズムの指標になるというよりは、魔術師としての証拠となるほうにちかい。それはかなり一般的ではない事故である。」p.35

2012-08-03 03:24:53
やおき @yaoki_dokidoki

「これらの考え方から、最もリアリスティックな回がとは最大限に適切な情報を供給するものということになる。だがこの仮説は、すぐに、そして完全に論破されうる」p.35

2012-08-03 03:32:08
やおき @yaoki_dokidoki

「正常なパースをもち、正常の色が付けられたリアリスティックな絵画を考えてみよう。そしてつぎに2つめの絵画を考えよう。この絵画と他はまったく同じだがパースが逆につけられ、色は全てもとの絵画の補色に置き換えられている」p.35

2012-08-03 03:35:21
やおき @yaoki_dokidoki

「二番目の絵画は、適切な解釈をすれば、元の絵画と全く精確に同じ情報を生み出す。そして同様に極端だけれども情報を保存したままで変換されたほかのいかなるたくさんの絵画も、同様に同じだけの情報を生み出すだろう。」p.35

2012-08-03 03:38:43
やおき @yaoki_dokidoki

「あきらかに、はじめのリアリスティックな絵画と他の非リアリスティックな絵画とは等しく情報を供給する。したがって、情報の豊かさはリアリズムをはかるものにはならない」p.36

2012-08-03 03:42:12
やおき @yaoki_dokidoki

つっこみどころはいくつかありそうにも見えるが、グッドマンはこのように考えている。

2012-08-03 03:42:42
やおき @yaoki_dokidoki

「忠実度や正確さや当てはまり度は、リテラリズムやリアリズムの十分条件ではない。」p.36

2012-08-03 03:47:09
やおき @yaoki_dokidoki

「二番目の絵画を適切に読むためには、私たちは解釈の規則を発見し、それを用心深く適用しなければならない」(『Languages of Art』p.36)

2012-08-03 03:49:27
やおき @yaoki_dokidoki

「第一の絵画を読むときは、事実上自動的な習慣によっていた。つまり、慣れがシンボルをそれほど透明にさせたのである。私たちが(自分たちがしている)どんな努力にも、他の選択肢がにも、なんらかの解釈をしているのにまったく気づかないほどに。」(『Languages of Art』p.36)

2012-08-03 03:56:10
残りを読む(5)

コメント

語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2012年8月27日
ぜんぜん関係ないけれど、このまとめを勉強している最中に思ったこととして、おそらく、最初のつぶやきにある「内面は無いのか?」みたいな問いって,たぶん実際オタクが批評読んでて違和感を持つモノなんだろうなあ、っていう。『涼宮ハルヒはSF要素の切り貼りだ』とか『まどマギはゼロ年代要素の集合だ』等の言い方にも、同種の違和感を感じていたりしていて、僕もそのように様々な作品を読みながら感じている人の一人であったり。
0
語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2012年8月27日
ただ、それも『物語』である以上テクスト、表現であって、どうしても非対称的…って言えばいいのかな、「ずれた」形として出て来てしまう。というか、物語が虚構である以上、描くものは虚構の模倣(と例えば東浩紀は言ってたが)…というか、表象でしかない、そういうものになるわけで。
0
語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2012年8月27日
ソシュールの言語の恣意性っていうのもその辺絡みで、例えば「カバ」って単語があって、こいつが何指すのかって何でもいい。そこに人(?)が限定を意図的に与えている。そういうのと同じで、「リアル」「リアリズム」てのも同種の事がいえてしまう。
0
語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2012年8月27日
でたぶん、このまとめでは(おそらくこれのつぶやき手が読んだ本で)けいおんに感情が無い、内面は描かれないみたいな批評があったのに対して違和感を感じながらソシュール引き出したものなんだけど、「忠実度や正確さや当てはまり度は、リテラリズムやリアリズムの十分条件ではない。」…つまり、そうした内面性、心情のリアリティって言うのも、十分条件としてテクスト(=漫画、アニメのけいおん)にあるわけではない、ってことになってしまうんだよなあと。
0
語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2012年8月27日
で、其処から先が批評の怖い所で、「じゃあ要するに僕らはそう思わせるような恣意性を十二分にそなえた要素を組み合わせれば適当でもとりあえず物語っぽくなる」的なパースペクティブをどこかしら持っちゃうから、データベース消費だの決断主義だの、外側から見た、作品の内面に入り込んでいるふりして結局消費論の批評的言及としてしか作品を受け取れない論壇が今までオタク批評界に蔓延しちゃったんだよなあ、という。えと、飽く迄個人的感想なのでスルーOKですよww
0
語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2012年8月27日
重要なのは、そういうところじゃなくて、そういう恣意性を生み出す虚構の構造がどうこう、(というのも物語工学的には重要だが)というよりも、まず受け取り手がその作品からその印象を確かに受けた、それを事実としてまず受け取り手が素直に自覚して、そっから自分の受け取りについて記述していく過程で、キャラクターの心情がどう、とか想像力をはためかせていく活動をした方が、物語の本質って迫れるんじゃないの、と思うんだが、どうなんだろう。今その目の前まで言論って行けてるんだろうか。
0
語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2012年8月27日
…まぁハルヒ評論一度ざっと読み通したけど、少なからずそういうトライをしている批評家が一人もいないとは思ってないけれどね。長文スマソです。
0