65
ログインして広告を非表示にする
  • ん?ICRPって「批准」するものでしたっけ?
  • study2007 @study2007 2012-08-03 11:12:01
    ↓?「ICRPに『批准』」というのはちょと違うような、、、、。 (というかわざわざ九州でネットになんか繋がらない方が良かった様な気がしてきた(苦笑))
  • Masaki Oshikawa @MasakiOshikawa 2012-07-31 14:32:40
    ↓私も(たぶん)「日本の科学者」の端くれですが、年間1mSvの基準遵守がICRP的にも日本の法令的にも基本(政府が国民を保護する上での責務)と再三強調している、つもり。 @pririn_
  • 🌸🍀眞葛只野 由貴・主権在猫🍀🌸 @pririn_ 2012-07-30 18:09:37
    ICRPの年間1mSvという基準をなぜ無視するのか、という点につきる。日本が批准しているのはICRP90でそれは年間1mSv。ICRP97は事故回復期1~20mSvと設定しているけれど、それは住民の主体的選択と政府の許可と支援に依存している。けれど日本の科学者は、徹底的に無視する
  • ああ、、「国内取り入れ」の意ですね。国内法、制度等との整合性が必要と。
  • study2007 @study2007 2012-08-03 12:25:58
    「国際放射線防護委員会(ICRP)2007 年勧告 (Pub.103)の国内制度等への取入れについて」http://t.co/HvPIUR0b - 第二次中間報告 - 平成23年1月 放射線審議会 基本部会
  • study2007 @study2007 2012-08-03 12:33:44
    抜粋)「従来我が国における放射線防護に関する技術的基準の考え方はICRPの主勧告における考え方を尊重し、現在1990 年勧告の放射線防護体系に関する考え方を国内制度に取り入れるために行った検討の結果〜中略〜を基礎としている」 :⇨「尊重し取り入れる」という取り扱い、と。
  • study2007 @study2007 2012-08-03 12:38:47
    なので「批准した場合」とはちょっと違い「国内に取り入れる」為には当然、国内法や制度との整合性の確認がその都度必要。2007年度勧告も 「(3)2007 年勧告及び関連する国内法令等の規制内容との比較(抜粋)」 とかを長々と審議しててその中間報告が23年1月
  • study2007 @study2007 2012-08-03 12:49:59
    例えば6〜7ページの解説でも、2007年勧告の公衆(計画)被曝が「状況に応じ1 mSv/年以下で選択されること」という文言が現行のクリアランス制度と不整合でないことなどをアレコレ説明しています。つまり優先されるべきはあくまでも国内法なはず。
  • 一般公衆の被曝限度に関する法律的規定の1つ
  • study2007 @study2007 2012-08-03 13:00:16
    放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則 最終改正:平成二四年三月二八日文部科学省令第八号によれば一般公衆の被曝限度は第十四条の十一(廃棄施設の基準)によって規定され、四項ハの(2)の「文科大臣の定める濃度限界」で制限。http://t.co/tuv44ydK
  • study2007 @study2007 2012-08-03 13:05:38
    すなわち:放射線を放出する同位元素の数量等を定める件(文部科学省告示第74号)による規則第14条の11第1項第4号ロ(3)及び第5号イ(3)に規定する線量限度「実効線量が1年間につき1ミリシーベルト」によって定められている(いた)はず。http://t.co/9WaQNDjm
  • study2007 @study2007 2012-08-03 13:14:31
    以上が「事業所から漏れなければ一般公衆は守られるハズなので事業所境界で制限すれば大丈夫なハズ」という311前の「規則」で、主として放射線を取り扱う事業者を対象にしたものだったんだけど、これだけまき散らかされてしまった後の世界で問題になる規則の1として
  • 311後はそこらじゅうに(法律で定義される)放射性物質がまかれてしました。「子供」の扱いが悩ましいところです。
  • study2007 @study2007 2012-08-03 13:21:16
    再掲)放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律 第三十一条:何人も、次の各号のいずれかに該当する者に放射性同位元素又は放射性汚染物の取扱いをさせてはならない。「十八歳未満の者」http://t.co/agybCvwv というのがあり、
  • study2007 @study2007 2012-08-03 13:28:22
    18歳未満に「取り扱わせてはならない」放射線を放出する同位元素の数量及び濃度:は、例えばCs137なら1万Bqもしくは1万Bq/kgなので、3万Bq/m2ぐらいの地域の砂遊びはもはやコレにあたる恐れがあるわけです。http://t.co/YXkJcR51
  • study2007 @study2007 2012-08-03 13:37:43
    つまり①公衆に対し年間1mSv以上を与える濃度の放射性元素等の放出を行った東電も②1万Bqもしくは1万Bq/kg以上の量、濃度の放射線元素を18歳未満の者に取り扱わせる保護者、関係者も現行法律違反の状態にあると考えられ、
  • study2007 @study2007 2012-08-03 13:45:39
    核シェルターの様な状態で居住し続けることは自由ではあるものの、それが困難であるかといって、国内取り入れの議論も審議も経ない以前の『勧告』を都合よく優先して適用するのは国内法、制度に抵触する懸念がある。 という意味でオッシーに賛同であるし「批准」という文言を除きプリリンにも同意。

コメント

  • 🌸🍀眞葛只野 由貴🍀🌸 @pririn_ 2012-08-03 15:10:10
    批准は変か(*^。^*)>間違えたべさ
  • Indicator_s @essential24 2012-08-04 00:15:37
    私と同じ問題を考えた人がいたようで。同じ件を取り上げ、役所や文科省大臣に質問状を送りましたが、無回答。場合によっては汚染時の初動を誤った役所や市長など地域の長に責任が求められるものと現在考えております。しかし基本的には隠蔽か無視で終わるでしょう。
  • study2007 @study2007 2012-08-04 09:32:35
    なるほど。ありがとうございます。除染目標を1mSvにした辺りを見ますと「現行法令との齟齬や他地域との格差をクリアできない」と判断したのかな?と想像しますが、仰る様に初動時や、あるいは除染できるまでの経過期間の取り扱い、さらには費用負担など、非常に込み入った問題だと考えます。
  • study2007 @study2007 2012-08-04 09:46:04
    ただ311後の1つの現実として電気料金の値上げや税負担が発生するわけですので、今後のICRP勧告の取り入れや参考レベルの設定、居住に伴い必要とされるインセンティブや発生する費用負担については国民全体が当事者として議論せざるを得ない問題なのかな、と感じます。

カテゴリーからまとめを探す

「国際」に関連するカテゴリー